2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

1000万円の借金を背負う大卒を作ったのは誰だ

両親の離婚、支払われない養育費、稼ぐことの出来ない母親、優秀なのにお金のことで退学するしかなかった高校。働くために入った大卒の4割は非正規採用という現実…1000万円の借金を背負う大卒を作ったのは誰だ





A4判の書類がある。日本学生支援機構による「貸与額通知書」。返還総額予定の欄には、利子が付かない第一種と呼ばれる貸付金が「3,072,000円」、利子が付く第二種が「8,436,847円」と、それぞれ記載されている。早稲田大学2年生のタクマさん(26歳、仮名)は卒業と同時に1100万円以上の借金を背負う。卒業後、20年間にわたり毎月約5万円を返し続けていかなくてはならない。

「将来、返済が終わっている自分の姿が見えないんです。このまま大学に通い続けるべきなのか。それともこれ以上、借金が増える前に中退して働いたほうがいいんじゃないか。最近、本当に迷っています」

物心ついた頃から父親はいなかった

福岡県内の地方都市で育った。物心ついた頃から父親はおらず、母親と2人暮らし。母親が父親のことを語ることはほとんどなかったが、母方の祖母が、母親はDVを受けていたことや、両親はタクマさんが生まれてすぐに離婚したこと、養育費が支払われたことは一度もないことなどをぽつぽつと話してくれたという。

幼い頃、タクマさんは体が弱く、よく熱を出した。このため、母親は時間の融通が利くパンの移動販売や乳酸菌飲料の訪問販売で生計を立てた。しかし、これらの雇用形態はいずれも個人事業主。ガソリン代は自腹のうえ、売れ残った商品の一部を買い取らなくてはならず、手取りから相当額を引き去られる月もあったという。その後は別の仕事に就いたが、いつも縫製やはんだ付けなどの内職との掛け持ち。働き詰めなのに家計は苦しく、家事をする時間的な余裕もなく、ご飯と味付け海苔だけで何日も過ごしたこともあった。

 

via: 奨学金の借金1100万円、早大生の貧困と苦悩 | ボクらは「貧困強制社会」を生きている | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

8b4ce32d l 1000万円の借金を背負う大卒を作ったのは誰だ

 

自己責任論の限界

読んでいて気持ち悪くなるほどに苦しい体験です。親のお金がなく、成績は優秀なのに高校を中退。働いて高校に入るために借りたお金を返し、4年後に友人たちが大学に進学しているのを見て進学を決意。バイトをしながらお金をやりくりしてもどうしても奨学金に頼る生活。一番恩返しをしたい母のために働きたいという気持ちと、大卒になっても非正規雇用のリスクが極めて高いという現実の中で苦しんでいるようです。

 

自己責任、という言葉はマジックワードですね。これだけ言ってしまえばどんな人も封殺することが出来ます。なぜなら、そこにある環境要因も時代背景も全てを無視することが出来るからです。特攻隊員が命を落としたことは自己責任でしょうか? そうとは言えません。社会的なバックグラウンドを考えれば、個人の命を自己責任で解釈することが難しいことはすぐにわかります。

 

大体人間というのは非常にずるい生き物で、「成功したら自分のお陰」と考え、「失敗したら環境のせい」にする生き物です。実際には、当然ながら成功の陰にも環境要因があるわけです。金持ちの子供に生まれ十分な教育を受け、また望むと望まざるとにかかわらず塾にも行かされ、お受験勉強をしっかりやって名門大学に入り、学歴フィルターの上澄みとして良い企業に就職する。

 

この中に、個人としての能力が全てだったところなど一つもありません。教育、環境、機会提供など全ては自力でないところで行われています。もちろん努力が無かったわけではないでしょうが、その環境なしに同じ能力が身についたと思う人だけが「自分の力で成功した」といえるでしょうし、そしてそんなことを言う人は馬鹿なのでもう何を言っても無駄でしょう。

 

誰がこの人を作ったのか

なぜ大卒時点で1000万円もの借金を背負わなくてはならなかったのでしょうか。もちろん複合的な理由がありますが、私が個人的に一番大きな要因だと考えているのは「企業が大卒ばかり取ること」だと考えています。全てはここに集約するのではないかと思うほどです。

 

なぜか? それは、日本の大学生が全然勉強していないにも関わらず大卒を取っているからです。大学が極めて価値のある教育機関であれば話は別ですが、大学の4年間で一体どれほどを学ぶというのでしょうか。そしてそれは企業では学べないことなのでしょうか?

 

よく、企業は「大卒は頭がかたい」などと言います。じゃあ大卒を取るなと言いたい。「即戦力を取りたい」と企業は言いますが、じゃあ高卒を大卒より安い給料で雇って4年間掛けて育成しろと言いたい。一体なんでこんなことが言えるのかさっぱりわかりません。

 

そもそも大学というのは教育機関であるのと同時に研究機関でもあります。研究が好きじゃない人がわざわざ入らなきゃいけない現状の方がおかしいのです。いい就職をするために大学に行く、というのは本来のあり方から大きくズレています。

 

これに拍車を掛けているのは、とにもかくにも企業の採用なのです。研究者として生きていく人は多くありません。ですから、多くの人は公務員や企業に就職していくのです。しかし、本当にそれらの業務に大学で学ぶことが必要なのでしょうか?

 

私は甚だ疑問です。そもそも高校までの教育で十分一般教養だって学べるのです。大学で学ぶことがどれだけ普通の市民にとって大事だというのでしょうか。もっと普通に、ただ生活していけるようにしたいだけなのに。

 

よって、私は企業の大卒至上主義には大反対。これが学費が上がっても大学に義務としていかなくてはならない最大の理由だろうと思うからです。社会の構造を無視した自己責任論には嫌気がさしますね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る