2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

村上春樹の文学は何がすごいの教えてくれ 

引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365688142/”
有名な作家は何が凄いのか、と問われたことがある。パブロ・ピカソの絵は何が凄いのか。小学生程度の幼い子でも、長年会社勤めをした中年でも、老若男女問わず浮かんでくる疑問である。

どんなに名作の本であれ絵であれ、模写しようと思えば誰にでも同じモノがかける。だからこそ、人々は何が凄いのか分からなくなってしまうのである。この世で数多にもはびこる文字の羅列たち、その中で有名作家が生み出す文字の羅列はこうも評価されるのだろうか。彼等の文は、強者の棋士同士が作り出す棋譜、あるいは勝敗の分からない激しい戦争の跡地、のように何かを感じさせる力があるのだ。

村上春樹の本は、まるで登場人物の周りを地球と月くらいの距離で回る衛星カメラのような視線なのである。一方、三島由紀夫の本は地中に埋め込まれたカメラが登場人物達を下から上へと覗きこむような視線だ。どちらかを評価し、もう一方に罵詈雑言を浴びせても間違ってはいない。何故ならば評価するのは読み手なのだから。

9877c5cd 村上春樹の文学は何がすごいの教えてくれ 





1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:49:02.60 ID:2yfUvCX10
やたら宣伝してるけど
もっぱらセッ○スばっかしてるって噂じゃん

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:50:02.25 ID:bXWF6xMS0
最高傑作は世界の終わりと~

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:50:38.75 ID:arHuhvbc0
羊を巡る冒険が好きだった。

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:50:51.34 ID:edkKNct80
先生が絶賛してたから読んだ

エロ小説だった・・・

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:50:51.11 ID:URz3HiyF0
エッセイは面白い
エッセイは

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:50:55.85 ID:GD8KWM0l0
読書家ぼっちだけど過大評価が過ぎると思う
くどい

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:50:59.40 ID:Mrhs5PFy0
神だぞ

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:51:35.12 ID:zlI7wRbj0
無理に横文字使って時代遅れ感が満載で好きではないな

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:51:41.16 ID:psqsTBkd0
凄くない小説がガンガン売れるような時代来ないかなー

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:56:13.10 ID:JrUYYhxd0
>>13
ラノベが売れてるじゃないか

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:56:36.20 ID:q/b4GcRiO
いわゆる現代小説の文体を作り出した凄い人
今我々が当たり前に読んでいる小説の文体は村上春樹が作り出したといっても過言ではないわけだが
あまりに普通になりすぎてみなその凄さを知らない

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:58:00.18 ID:5c2f8Kg30
>>27 >>28
ぶっちゃけ今の村上春樹はラノベ以下だと思ってる
築いた権威だけで成り立ってる

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:01:46.59 ID:gmpw+Mtb0
>>29
村上春樹以上のラノベなんて見たことねえよww

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:04:25.08 ID:5c2f8Kg30
>>37
あれはちょっと文章を高尚にしたギャルゲみたいなもん
ラノベと変わらん
しかもストーリーぼやかしすぎ
どうでもいいことつらつらと書いてあるのもラノベと類似性がある

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:05:50.14 ID:gmpw+Mtb0
>>41
似てるのは話の内容だけだろw

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:52:47.53 ID:Mb9cTKISO
バランス感覚がいい
20世紀の小説を踏まえて19世紀小説のあり方をなんとか再構築しようとしている

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:52:52.84 ID:5c2f8Kg30
ストーリー全部適当にぼやかして書いてたら
信者が勝手にこれは○○のメタファーだ!!とか解釈してくれる作家

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:53:52.08 ID:25zTGo+s0
この白は純白じゃ無く黒いんですってのを本一冊かけて説明されてる感じ

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:53:58.50 ID:mQg0xFGu0
文章が読んでて小気味良い

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:54:10.75 ID:La1d7Sv10
海外小説の翻訳ものが持つ雰囲気を出した文体だけが売りかとおもったが
それだと海外で売れてる説明がつかなくて困った

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:55:17.79 ID:8lfqi4w60
ファン・マタが春樹のファンなんだって

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:55:43.36 ID:82qsP6Vk0
1Q84は抜かせてもらった

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:58:24.84 ID:+CiQmYWS0
アンダーグラウンドを書いた功績だけでもその辺の作家と一線を画している

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:00:36.99 ID:Mb9cTKISO
アンダーグラウンドええなあ
あの人たちの日常は風化しないよ
ほんと良い視点から取材したよね

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:00:04.89 ID:znRgvQhQ0
ノルウェイの森はネームバリュー知らずに読んだらそこらの打ち切り漫画と同等と言われても納得するレベル

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:05:53.29 ID:YZNG6//N0
文章が全て
会話はキザで好きにならないが
地の文がいい
あれだけの事細かな描写で
すんなりと頭の中でイメージできる作家は他にいないわ

ストーリーはメタファーを散りばめただけで
ないに等しい

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:07:02.68 ID:La1d7Sv10
>>44
俺もそんな感じにとらえてるが
それだと海外で評価されてる説明がつかなくないか

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:08:05.04 ID:5c2f8Kg30
>>44
>ストーリーはメタファーを散りばめただけで
>ないに等しい

これには完全同意
ストーリーはほとんど無い
まあ俺はストーリー無いのが嫌いだけど好きなやつは好きなんだろうな

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:12:20.55 ID:gmpw+Mtb0
>>51
村上春樹好きだけど、ストーリーとかメタファーの解釈をしようなんて気には全くならんわ
糞どうでもいいことを面白そうに語らせたら日本一の人

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:14:41.39 ID:5c2f8Kg30
>>57
そのメタファーが面白そうな雰囲気つくってるんだろ多分
俺は本筋に絡まないどうでもいい話嫌いだから必然的に村上春樹も嫌い

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:06:39.99 ID:InxQGL4C0
アフターダーク読んでこの作家の本読むのやめようと思った

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:07:48.10 ID:q/b4GcRiO
村上春樹の昭和期に書かれた小説を
それと知らずに読んだ人間は、おそらく昭和に書かれたとは気が付かないと思う
(まあ絶対とは言わんが)
現代に書かれたものとして特に違和感は感じないと思う。
つまり、時代を先取りしてるってことなわけだ。
あるいは、時代が見えにくいとも言える
星新一の小説なども時代がわからない小説なわけだが、あれは意図的にそうなってる

逆に平成の世の中にあっても昭和臭い小説を書いてる人もおるわけだからね…

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:13:09.66 ID:tjxPMzc/0
>>50
お前それあいつがアメリカ的無国籍的非土着的と言われてるからそう感じるだけだぞ
ノーベル賞候補ってのも
非土着的で日本文化を知らなくても世界の人が読むことができるってのも一つの要素だし

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:09:42.43 ID:2yfUvCX10
何冊か読んだけどこいつが翻訳した過去の名作読めばそれでいいかなって感じ

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:10:47.87 ID:KAAH5hhx0
読み終わってもスッキリしないっていうか考察するのが楽しい

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:14:52.83 ID:LgnoHYQMO
何だかんだでもう過去の人だよな
後に繋がる道を開拓したのは評価するが、もう初期の作品を越えるものは書けないだろうな

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:17:52.10 ID:q/b4GcRiO
村上春樹の昭和期に書かれた作品と同時期の他の作家の小説読んでみればわかるから
他の作家の文章はいかにも昭和がわかる古い文体、古い価値観、古い思想、古いギミックに支配されてるから
村上春樹の作品はそういう古くささが完全にないわけじゃないが
かなり薄いわけなんよね。
これは現代から振り返ってみて始めてわかるものなんよな。
村上春樹の文体は直接的にも間接的にも現代に続く作家へと影響を与えていてるのだ。
現代の小説のあり方を大昔にやってしまっているから
現代から振り返って古く見えない。
なんだか回りくどくて意味が無いような文は
つまり現代的だったってわけなんだな。結果的にはな。

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:23:33.80 ID:tjxPMzc/0
>>62
結局具体的に言えないならお前の脳内妄想でしかない

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:20:30.22 ID:YZNG6//N0
ジャンルは全く違うけど宮崎駿とそっくりだと思ってるわ
文章(アニメーション)の情報量は凄まじく、
ストーリーはメタファーで内容は放棄してるのが似てる

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:23:34.41 ID:5c2f8Kg30
>>64
宮崎駿はストーリー放棄して無いだろ
ちゃんとしたストーリーラインがあってメタファーもまばらにあるって感じ
最近のはアレだけど初期はちゃんとストーリー組みあがってる

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:26:55.75 ID:YZNG6//N0
>>67
すまない
千と千尋やハウルやポニョの最近のアレのことを言ってるんだ

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:29:30.04 ID:5c2f8Kg30
>>70
あー・・・言われてみれば確かに最近のアレに似てる気がする
特にポニョ

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:26:40.86 ID:p+EZI89H0
世界観がいいんだろうねえ
ひとつの視点から断じると欠点があるのは当たり前だよ

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:27:08.66 ID:p2tMHj+o0
くどい
回りくどい言い方をして頭が良くなった気になってるのが多いゆとりにはよく合いそう

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:27:41.70 ID:KAAH5hhx0
でもとりあえず村上春樹叩けば良いって風潮はファック

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:27:47.34 ID:J6OOkgOb0
ラノベだと思うよ
やれやれ系の無気力主人公とか
なぜか寄ってくる個性的を通り越して基○外染みたヒロインとか

魔法や超能力を使ったバトルは無いし主人公は男子中高生じゃないし
人外の種族も出てこないけど違いは
「なぜか成り行きで同棲することに」が「なぜか成り行きでセッ○スすることに」に
置き換わるくらい

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:29:09.04 ID:pTGYkzq30
ラノベ→伊坂幸太郎→赤川次郎→村上春樹→

これでお前らも硬派な本が読めるぞ

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:32:57.70 ID:3vsN32EK0
>>75
本は数え切れないほど読んできたけど赤川は読んだ事が無いな
インパクトの無いものばかり大量にあるから手に取るきっかけが無い

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:29:13.50 ID:4r7unGkm0
海外のマーケットを狙っていって成功したんだから十分有能だろう

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:31:45.84 ID:psqsTBkd0
村上春樹
ラノベと言われてもいい。偏見のない読書なんてものは多分どこにもないのだから
逆な言い方をするなら、読者がその作品を読んで、
そこにどのような仮説ー偏見の柱ーをありありと立ち上げていけるかとういうところに、読書の喜びや醍醐味はあるのではないかと僕は考えるのです。
そこでは「これは仮説ですが」という前提が必要になります。
要するに勝手な推論を事実のように見せかけなければということです。

僕が外国に住んだのは雑音を遮断して集中して小説が書きたかったからです。
今の日本の社会は作家がゆっくりと時間をかけて、精神を集中して、ひとつの作品を熟成させるのには、構造的に向いてないというのは誰の目にも明らかな事実でしょう。

ソースは「若い読者のための短編小説案内」より

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:35:19.15 ID:sH2ppCCQ0
すごいんじゃね
読んだことないし読む気もないけど

あ、「パン屋最襲撃」と「風の声を聞け」だけ読んだことあったわ

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:36:04.85 ID:QweXOO7sP
評価基準がエンタメとして面白いかだけしかない奴にはダメだろうな

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:39:53.94 ID:KAAH5hhx0
赤川さんは幽霊屋敷の電話番うんたらが怖かった

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 23:43:43.81 ID:d6EYhLuv0
あんだけサンドイッチの事書くんだからすごいよ

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 00:00:03.08 ID:mvJNykXy0
今ニュースで大仰にやってるんだけどそんなすごいんか

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 00:01:59.44 ID:KRuWgPOz0
村上春樹の研究書も面白い

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 00:02:34.05 ID:rPIUlNAb0
何かテレビで大々的にやってるけどこの持ち上げ方は病的なものを感じる

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 00:16:01.23 ID:Shu45v/TO
だいたいにおいて
詳細なデータを用いた研究クラスの歴史考察なんて
我々ができるはずもなく
基本的に単なる本読みの観点から村上春樹は凄いのだ、ということしかできない
そこに「なら具体的に書け」とかいう横槍は野暮でしかないわけだ
具体的な論評を知りたいんならvipなんぞに来てる場合ではない
前提としてただの読者に期待しすぎなんだよ

おまえらは権威がなければ作品を評価できない馬鹿なのか
そうじゃないかの違いでしかなく
嫌いなら嫌いでかまわんが、仮に村上春樹が凄くないとするなら
せめて客観的に納得できる論点を提示せねばならない
俺が嫌いだから、じゃ話にならない

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 00:22:28.62 ID:BE5e+L8L0
僕ってオサレ方向に厨二なのが村上春樹
俺tueeeeeee方向に厨二なのが村上龍

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 00:27:06.19 ID:YDGZKVI60
作品世界が言語の壁を超えて伝わりやすいのがハルキのすごいところなんじゃない?
英訳とかしやすい文章構造になってるらしい

117: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/04/12(金) 00:31:51.47 ID:B6NAxVid0
>>115
それは彼が文学的訓練あるいは治癒行為として翻訳で本を出してるから

116: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/04/12(金) 00:28:16.76 ID:B6NAxVid0
言葉にはローカルな土地に根ざしたしがらみがあるはずなのに
村上春樹の文章には土も血も匂わない
いやらしさと甘美さとがないまぜになったようなしがらみですよね
それがスパッっと切れていて、ちょっと詐欺にあったような気がする
うまいのは確かだが、文学ってそういうものなのか

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 00:41:23.31 ID:8rCCQCVI0
春樹の中でも評判が悪いノルウェイ読んでる
精神病院のあたりからあんま面白くないんだが切るべき?

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 00:43:45.91 ID:KbufXZBi0
>>121
そこまでいったなら完走しようぜ。

個人的には世界の終わりとハードボイルドワンダーランドが好き過ぎるのでノルウェイの後に読んで欲しい

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 00:45:01.26 ID:30sCln/y0
あんまり内容ってより文体や表現の方が大事な気がする
春樹って内容は微妙に感じるけど、文章は良いなぁと思う。言葉の選び方とか、文字の並べ方は好きだ。
ただ女キャラの口調がめっちゃキモいね
なんなんだあれ2chの同性愛サロン板の口調みたい

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 00:52:33.83 ID:DV8ULtfL0
フランスの小説翻訳したらこうなるだろうなって感じじゃねえか?
エロさ具合も。

130: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/04/12(金) 00:54:13.80 ID:B6NAxVid0
>>129
ならない
ロストジェネレーションの作家の私小説を村上が書いてこそこうなる

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 02:06:08.40 ID:hLNYZ5euO
>>130
ならないねえ。新刊読んだが、またしてもリチャード・ブローティガンの模倣、二番煎じだったわ

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 02:12:17.73 ID:sMnWy1Rc0
>>163
はやいな
どんな感じだった?

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 02:25:32.13 ID:hLNYZ5euO
>>164
此岸と彼岸の話なんじゃないの。
ぼくはいったいどちらがわにいけばいいのかしら。

てかブローティガンの、『不運な女』の浮遊感に似てる。なおかつ死のにおいが強い。

村上春樹はブローティガンに足をむけて寝るなよ!

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 02:40:50.18 ID:9gt38Iyi0
>>165
おーありがとう
村上春樹で浮遊感って聞くととりとめのない話を一つの軸におさめてる感じ思い浮かぶわ
明日買ってみるよ

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 00:59:02.74 ID:nClsqzQ30
いいからお前ら春樹の翻訳読んでみろって
フィッツジェラルドとかカーヴァーとか面白いぞ

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 07:31:22.02 ID:whQ3NYyE0
>>132
春樹のカーヴァー訳は好きだな

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 01:30:18.03 ID:Mo9gQJFI0
ハードボイルドワンダーランドだけおもしろい

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 01:36:30.32 ID:4RhEmpMSP
この人上下巻以上ある長編しか面白く無いんだよな(1Q84除く)
今度出るのも1巻だけだし期待できないな

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 01:47:45.01 ID:pinZi7E40
>>146
「風の歌を聴け」読んだ?

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 01:51:38.80 ID:4RhEmpMSP
>>153
ひと通り読んでるけど初期のよりも羊とかねじまき鳥みたいな
よくわからない人達が出る長編が好きなんだ

1Q84はセルフパロディみたいで嫌

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 01:45:26.71 ID:30sCln/y0
スプートニクだったか
「父は研究職、母は主婦(趣味が短歌)、姉は首席卒業で弁護士、自分は教師」みたいな設定の家族を「普通の家族」って言った時(´・ω・`)ってなった

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 02:49:14.00 ID:M1eRe0YA0
オマージュなのかもしれないけど他の作品に似てたりもじってるの多いよな

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 04:09:28.02 ID:utpdlBTg0
ほとんど読んだのにIQ 84買ったのに全然読んでなかったわ
新作って前作読んでなくても読める?

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 07:34:31.28 ID:ObI9HBJ40
メタファーをちりばめたストーリーを面白くかける人 ミステリーでいうなら叙述トリックを違和感を覚えさせずにかける人
ノルウェイの森と海辺のカフカは良かったけど1Q84は正直駄作

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 08:24:43.03 ID:YIIwr4Ms0
いい加減ノーベル賞は文学と平和廃止しろ

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 08:44:54.14 ID:IsymHt8c0
なんか村上春樹にはノーベル賞とってほしくないわ





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

    • キジトラさん
    • 2013年 5月 02日

    彼の小説は綺麗に形作られた排泄物だ。オブジェのオブツ。だらしない哲学しか感じられない。

    • キジトラさん
    • 2013年 5月 02日

    とりあえず海辺のカフカはつまらなかったよ
    嫌いではないけれど

    • キジトラさん
    • 2013年 5月 02日

    ラノベ以下とかww
    読み手のレベルが下がったとしか。
    エロは賛否両論だと思うが比喩はすごいよ。日本じゃ群を抜いてる。

    • キジトラさん
    • 2013年 5月 02日

    海辺のカフカ読んだけど、
    「A子とHした。そのあとB子ともHした。」
    みたいな内容が延々と続いて萎えたよ。ストーリーがないよね。
    俺にとって小説は作家がストーリーを通じて何を言いたいのかがほとんどすべてで、文章上のテクニックはそれを表現するための道具にすぎないよ。
    彼の作品は文章表現が先行しちゃって肝心の中身がおろそかになってるように見えるから、小説として本末転倒に感じた。
    まあノーベル文学賞が取れるならとって欲しいけどね、日本人として。

    • キジトラさん
    • 2013年 5月 02日

    小説や文学そのものは所詮娯楽品。だから個人の好みによって評価も異なるもんだ。
    世間で評価されているからといって自分が面白く読めるかといえばそうじゃない。
    自分は村上氏の物語の進め方と文体に違和感があって、どうしても高評価ができない。

    • スリッピン
    • 2013年 5月 21日

    他人が面白いと評価するモノはたいてい大したことなく感じられるものである。
    だから逆に自分のオススメも他人には大したことない作家として伝わっているんだろうな。

    • キジトラさん
    • 2013年 10月 10日

    ストーリーしか見ない奴って永遠にそこから進歩しないよね

    • キジトラさん
    • 2014年 1月 04日

    じゃあ村上春樹には何があるの?

    • キジトラさん
    • 2015年 4月 05日

    村上春樹のイメージは、自省的で華麗な消費人って感じ

    • キジトラさん
    • 2015年 7月 17日

    この人は日本語を楽しむためのものだからね。ストーリーを気にしたらその時点で負けな気がする。別に気にするのが悪いとかじゃなくて、気にする人はあんまり好きになれないんだろう。

    • キジトラさん
    • 2015年 8月 22日

    純文学は内容より文体がすべて。日本にしかないジャンルである。村上春樹は内容は好き嫌いは別にして一流だが文体は二流。花村萬月の文章の足元にも及ばないよ。

    • キジトラさん
    • 2015年 8月 22日

    純文学とは文藝つまり文の芸術。そういうジャンルがあるのも日本文学の問題ではあるが、村上春樹信者はストーリーしかみていない。すと

    • キジトラさん
    • 2015年 8月 22日

    純文学とは文藝つまり文の芸術。そういうジャンルがあるのが日本文学だけ。村上信者はストーリーしかみていない。文体で言えば二流。花村萬月の足元にも及ばないよ。

    • キジトラさん
    • 2016年 10月 14日

    起承転結が目に見えて起こるストーリーはないかもね
    でもテーマはあるし書いてるからそれを追いながらなら面白いんじゃない、たいていはスレに書いてある通り此岸と彼岸の話だけど
    それにしても文体の議論ばっかりだな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る