2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 週間売上30万部突破 水嶋ヒロ「KAGEROU」依頼の快挙 

引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1366229360/
村上春樹と言えば、「1Q84」の大ヒットが記憶に新しいですね。今回の新作、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」はやたらとタイトルが長いですね。パッと見、意味が分からない。なんだかんだで読まず嫌いで、村上春樹作品一冊も読んだことがないんですが、スレを見る限りこの作品の評価はあまり良くないみたいですね。Amazonレビューでも酷評とのこと。

Amazonのレビューなんて信用ならないとは思っているのですが、最近購入したかどうかを表示してくれているので、比較的信用性が高まったのではないか、とは思っています。ネタばれが含まれている場合もあるので、小説の場合なかなか読む気になれませんが。徹底的に前情報を排除して読みたい、と思うわたしのようなタイプは意外と少ないようで。どんなタイプの作品なのかすら確認せず、ジャケ買いしてしまします。

このニュースで一番驚いたこと、水嶋ヒロ(齋藤智裕)先生の 「KAGEROU」がそんなに売れていたことですね。誰がそんなに買ったのやら。すぐにBOOKOFFで100円で売られていましたよね。もちろん買ってませんが。百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」については、読みたいと思っています。

「色彩を持たない」、物事から距離を置くタイプの人間、あんまり好きじゃないですねぇ。村上春樹の小説やっぱり自分には合わないんでしょうか。世間では話題になっているのに、ツイッターや2ちゃんではあまり見かけない。ということは、自分とは合わないんだろうなぁと勝手に判断しています。嗜みとして読んでおきたいというのもあるんですが、どうもドヤッて雰囲気になりそうで抵抗があります。

うちの管理人の村上春樹評はこちら

63c90b7b s 村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 週間売上30万部突破 水嶋ヒロ「KAGEROU」依頼の快挙 





1: パニックスイッチφ ★ 2013/04/18(木) 05:09:20.82 ID:???0
 村上春樹氏の最新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
(12日発売/文藝春秋)が、4/22付オリコン”本”ランキングBOOK(総合)部門で
週間37.2万部を売り上げ、初登場首位を獲得した。

 村上氏の同部門首位は、前作『1Q84 BOOK3』(新潮社)以来3年ぶり。
週間売上30万部突破は、2010/12/27付で俳優・水嶋ヒロが本名の齋藤智裕
として発売した『KAGEROU』(ポプラ社)以来、2年4ヶ月ぶりとなる。

  同作は、高校時代の友人4人から、なんの心当たりもないまま絶縁され、
心に傷を負った主人公・多崎つくるが、16年の時を経てその傷と向き合い、
真相を知るため旅に出る物語。

 新作発表から話題沸騰となり、発売前に増刷が決定。発売前日深夜には、
東京・代官山蔦屋書店でカウントダウンイベントが行われ、メディアにも大きく
取り上げられた。前作『1Q84』は『~1』が6週連続、『~3』が4週連続で総合首位。
さらに、『~1』と『~ 2』は100万部を突破、『~3』も90.1万部の累積売上部数で、
歴代の「文芸部門」でTOP5入りと、順位・セールス共に華々しい結果を残しており、
今作にも期待が高まる。

 また、2位と3位には、今月9日に発表された『2013年本屋大賞』の受賞作、
百田尚樹氏『海賊とよばれた男』の上下巻(2012年7月11日発売/講談社)が、
週間売上7.6万部、5.2万部を記録し、先週の100位圏外から急上昇した。
文芸作品によるTOP3独占は、2009/6/22付で村上氏『1Q84 BOOK1』と『同2』、
西尾維新氏『偽物語下』で記録して以来、3年10ヶ月ぶりとなった。

http://www.oricon.co.jp/news/ranking/2023800/full/
b5c41051 村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 週間売上30万部突破 水嶋ヒロ「KAGEROU」依頼の快挙 

村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 | 特設サイト
http://hon.bunshun.jp/sp/tsukuru

3: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 05:11:25.01 ID:XUSo+fyqO
齋藤智裕『KAGEROU』以来2年4ヶ月ぶり

ここ笑うとこだよな

8: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 05:21:53.39 ID:NTHSLM0m0
改めて水嶋ヒロの偉大さを思い知らされた

10: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 05:25:56.58 ID:6ALr1JZc0
2ちゃんでここまで作品が話題にされない作家も珍しいよなあ。何が国民的作家なんだ。

114: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 19:04:19.91 ID:cCoYLiJG0
>>10
ストーリーの意外性とかキャラの面白さとかで話題が広がりやすいからマンガのほうがネタになりやすいな
春樹の場合都合よくセッ○スしたり 主人公のいうことを都合よく「わかるわ」とか理解し始めるバカ女とか出てくるだけでネタになりにくい

14: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 05:33:24.85 ID:39teB/Ev0
TVのニュースで、発売日の0時に解禁になるーって
中継まで出して大騒ぎしていたけど
家族全員ぽかーんだったな。

16: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 05:36:31.67 ID:06VkhEjB0
漫画と比べちゃいけないけどさ、この部数だと全盛期の週刊少年ジャンプのアンケート最下位の作品より読まれるのかさえ疑問だな
まあ他の小説と比べたら桁違いに読まれるんだろうけどさ

23: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 05:48:12.82 ID:hYPO5hgU0
>>16
まあラノベなんかと比べても
少ないからなあ
というかラノベってあんなに売れるもんなんだな

17: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 05:36:45.98 ID:A8CLaZbs0
ごめん。村上春樹って一冊も読んで無い。っつうか皆最近の本って読むんだね。
オレは古典の純文学とか、今まで歴史に残ってる名作読んでる。
題名知ってるけど内容知らない本って結構あるぜ。
吾輩は猫であるなんて、内容しらないだろ?

26: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 05:50:48.21 ID:3epqymVA0
>>17
ウンコの味知ってるみたいだね。
だってウンコ食ったことないとウンコの味わからないもん

19: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 05:40:14.14 ID:Cs1BSgYYT
面白い?拍子抜け? 「ハルキスト」は話題の新作をどう読んだのか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130417-00000555-san-ent

 ≪批評家・宇野常寛さん≫

 ■冗長な自己回復の旅

 発売されたことが「事件」となる話題性とは裏腹に、作品自体は肩慣らし投球を
思わせる「小品」。長編ということで総合小説を期待して読むと落胆するだろう。タイトルの
「色彩を持たない」とは「やれやれ」と物事から距離を置く村上春樹の小説の主人公に多い
自己完結した態度のこと。批判されがちなこの種の男性主人公の自己回復の旅が本作では
描かれるのだが、行く先々でその自己愛が追認されていくだけの展開は結論ありきで冗長に感じる。
色彩のない=デタッチメント(無関心)からコミットメント(関与)へ、は20年来の作者の抱える
テーマなのだろうが、そもそも自分のことを「色彩のない」人間だと思っているのは、それこそ
村上春樹の小説の主人公にストレートに自己同一化できる男性のナルシストくらいだろう。今更、
この分量で描かなければいけない題材ではない。作者に対するフェミニズム的な批判に対する
応答の側面も強いが、論点をずらす方向での応答で空回りしている。

21: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 05:43:50.39 ID:WKt2oUxNP
一方、職を持たない俺は自宅と公園を巡回中です。

27: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 06:13:31.12 ID:aOA8KOdKO
なにが「ごめん」なの?
村上春樹読まない人って、わざわざステータスみたいに語るキモいやつが多いよね

222: 名無しさん@恐縮です 2013/04/20(土) 10:26:03.15 ID:op8PyKYI0
>>27
ノルウェイの森がヒットする前は、好きな作家・村上春樹と言うと、俺ってサブカルおしゃれ作家が好きなイケてる人間だぜって見栄が張れたんだよ
逆になっちゃったな
隔世の感がある

29: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 06:25:16.96 ID:eQUXciAiO
水嶋は俺がブックオフで105円で買ったぐらいだから、そりゃ売れてるだろw
中身は、ディラックの海につながっていたよ

34: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 07:03:05.35 ID:aDMefhQl0
いつも、女にもてる男が主人公だな
アプローチしなくても、女の方から自然に寄ってくるもてる男

そんな物語を書いてるきもい顔したおっさん

38: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 07:08:12.93 ID:oHxRBcMnO
やっと村上も水嶋先生に並んだか

39: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 07:17:36.92 ID:MTEX6A/NO
HAGERUYO

48: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 08:52:33.51 ID:xMSo8Bm50
ワンピースは
初版200万部を年数回出してるのに
ニュースにもならないな

49: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 08:54:11.61 ID:mx/2cTZu0
>>48
ワンピースは400万部だよ

53: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 09:23:47.34 ID:cqWA08Im0
昔はよかった、今はダメ、ってのがおおかたの村上春樹評だと思うけど、
なぜか近年発生した村上春樹ブームによって、なんだか褒めなきゃいけない風潮になってるって感じ

55: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 09:32:50.57 ID:iUoQMTOOO
Amazonのレビューでは、辛辣な評価が並ぶな。
買って読むだけ時間の無駄とか。

61: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 10:12:08.32 ID:7n3ePM1Q0
この人はセッ○ス無しの話は書けないの?

63: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 10:19:48.86 ID:uINDDdK3O
>>61文学なのにセッ○スもないのか

有害図書()だね

いつもの春樹ぶしでなにが違うのかと言われれば
題材が陳腐になった程度じゃね
とりあえず、本人はそうとう空虚な人間なんだろうなーって思う
そしてそれがウケてるんだと思うんだが

次ハードボイルドワンダーランドみたいなの頼むわ

70: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 12:19:44.13 ID:LUrlvThU0
ラノベの方が10000倍しっかりしたストーリーしてるよね
文章が上手いだけ。ありがたがってるのは韓流オタみたいな自分の無いB層だけ。だってマジでつまんねーもんこいつの本

71: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 12:32:30.18 ID:oyOczXGx0
>>70
「文章が上手いだけ」って…そこが評価の9割5分ぐらいを占めるポイントだろw
展開とストーリーだけがやたら凝ってて肝心の文章が糞な作品よりははるかに良い

74: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 12:50:35.05 ID:vlRhKQqF0
>>71 個人的な意見で、反論でも批判でも無いのを先に断りますね
漫画で例えましょう
絵が綺麗だとストーリー駄目でもいけますか? 自分は駄目です
引き込まれるストーリーなら正直絵は気にならないです

また翻訳本は訳者によっては文章に難がでてしまいます
でも、面白い話はやっぱり面白く感じるものです

まああなたは文章に重きを置くかもですが私はストーリーに重きを置くタイプですよと

因みにこの作者では羊をめぐる冒険(だったか)を読みましたが正直あいませんでした

73: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 12:45:19.73 ID:LUrlvThU0
>>71
いや、面白くない作品とか苦痛でしょ。村上春樹の作品は一般教養的な目的で読まれてるに過ぎないよ
つまんねーけどまぁ、社会人として一応読んどいた方がいいのかなぁ。って
だってこれ村上春樹が書いてなかったらどこからも出版されないレベルのつまらなさだもの

君みたいに小説読んで頭よくなった気になれる人だけでしょ。ありがたがるのはw

81: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 13:41:06.09 ID:begauq2J0
>>73
村上春樹叩いとけば頭良くなった気になれるからとりあえず叩いてるような人に言われてもw

72: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 12:38:42.35 ID:xMSo8Bm50
やだなー
これから文学の中にニコニコ生放送とか出てくるようになるのかー

76: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 13:00:27.38 ID:ClPMn/2b0
つまり村上春樹はゲットバッカーズか侍DEEPER KYOってことか

77: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 13:04:45.46 ID:LUrlvThU0
まぁラノベ作家に原作やってもらえば面白い作品が出来るかもね
本人も望んでるんじゃないの?1984ってそんな話じゃなかったっけか。つまらなくて一巻読みきれなかったから適当だけどw

79: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 13:11:32.84 ID:txHTO8fX0
そのラノベ作家どもが好きで影響を受けたのが村上春樹なんだから
ラノベの面白さもたかが知れてるわ

85: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 14:42:55.90 ID:aPgUV8JK0
何で外人に受けてるのか分析してるサイトとかないか?
隆のほうと共に、まったくわからん

90: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 17:02:33.31 ID:MIT/IXy30
1Q84は本当に駄作だったが
あれよりはマシなのか?

104: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 17:58:18.85 ID:XK3YaXo60
>>90
もう駄作しか書けない

153: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 03:38:42.34 ID:TarD4HTR0
>>90
ブック3よりはマシらしい
書評家大森望の採点は53点(100点満点)
期待外れの連続
思わせぶりのネタの半分ぐらいは、ほったらかし
答えが出たのもつまらない答えしか出てこない

95: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 17:13:44.62 ID:MWIILqRF0
村上春樹信者って、アップル信者並みに、言動や行動が気持ち悪いんだよなぁ

97: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 17:16:11.22 ID:bxjpZuEe0
アニヲタやラノベヲタ並みにキモいのがハルキスト

103: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 17:48:46.44 ID:UYgbWkkTO
記事読んで思ったのは、西尾維新すげえええ、ラノベって売り上げすごいんだなって事だな。

110: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 18:56:15.18 ID:JEORa3S10
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読んだ

誰だって、読みたい本はたくさんある。しかし、何やからが忙しくてなかなか読みこなせない。それが日常というものだ。

それでも、他の予定をのけてでも発売されるその日に読みたくなる本もまれにある。「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は、きっとそんな部類に入る。

十時過ぎに宅配で届いた本を鞄をに入れてカフェに向う。
椅子に腰を下ろすのと同時にしおり糸を向こう側に放り、表紙を広げる。
その瞬間からヘッドフォンをつけなくてもあたりはしんとする。

ふと気づくと、テーブルのコーヒーはとうの昔に冷めて艶やかさを失っており、
右手よりも左手の方がページの厚みが薄くなっている。そして、あちら
丶 丶 丶
側からこちら
丶 丶 丶
側に連れ戻したのは、携帯電話の震えだったことに気づく。

結局、その電話をきっかけに、あれほど優先したはずの本を横において、女性と豊かな夜を過ごした。
なぜそうなったかは複雑で上手く説明できない。おかげで少し眠いけれど、読み残した続きの文章は豊饒になったように感じた。

何かを信じることができたあの頃に戻りたいと思うけれど、本当は今でも自分の一部はあの頃に取り残されているのかも知れない。

新田ヒカル

113: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 19:03:22.52 ID:GP3E5PvTO
時代小説好きなおかんは村上春樹何が面白いのかさっぱりわからんって言ってた

115: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 19:23:38.68 ID:BzdHWq040
夢枕獏の方がおもしろい。

118: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 19:48:59.87 ID:KMMN+DKB0
>>115
この人、今も何か書いてんの?
サイコダイバーシリーズ、たいして面白くもないのに結構読んだなあ
もう30年も前の話だわ

120: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 20:01:52.48 ID:qAGqfTyw0
>>118
陰陽師は新刊出たら必ず読むな

116: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 19:25:47.42 ID:0GoXL8gn0
村上春樹アゲ ≒ AKBアゲ

119: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 19:51:40.10 ID:FK11KXHS0
やたら、あらすじを出して馬鹿にしてるやつがいるが
村上春樹なんか風の歌を聞けからストーリーはこんなもんだぞ
伏線回収せず意味不明で終わるなんていつものこと
ただ、昔は文体とか生活スタイルとかがかっこよかった、圧倒的に。
今は知らん

121: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 20:32:58.07 ID:M+qYMe3z0
とにかく文章力が圧倒的で凄いと思った。なんというか、読んだだけで
頭が良くなりそう。買って損はないと思う。

122: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 20:47:45.94 ID:YhCUn93K0
この人の文章は好きだがストーリーは好きじゃない
だから本人の書いた小説は読まないけど翻訳した小説は好きで読む
結構こういう人いると思う

124: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 21:02:54.45 ID:xmKw6U8P0
昔のアレで惰性で売れてる感じがする
歌手でいうと宇多田みたいな感じ

125: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 21:09:25.50 ID:UfUYId3SO
田崎つくるは出てきて、子供つくるは出ないの?

132: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 21:26:56.98 ID:Rf8cQqLc0
村上春樹って難解さでいえばどう考えても一般受けするような作家じゃないよな
本歌取りに使う作品はみんながみんな知ってるような作品じゃないことが殆どだし
暗喩の読み解きはある程度文学の構造や記号や技術の知識がないとできない

210: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 23:55:17.71 ID:wlvkHxWR0
>>132
いや、ほんと。
商売ってバカを相手にすれば簡単なんじゃないかとも思ってしまうな。

135: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 21:33:53.45 ID:WPZyDn0W0
村上春樹は カフカ ダンス3 風の唄を聞け 羊をめぐる冒険 夏への扉だけで十分

139: 名無しさん@恐縮です 2013/04/18(木) 21:53:23.70 ID:FnE2YmJU0
604 :名無しさん@13周年:2012/10/12(金) 11:42:27.65 ID:NvvABTu60

なぜかノーベル賞候補になった村上春樹がキナ臭いと思ってググッたら・・
やっぱ創価ゴリ推しだね。

http://bun.soka.ac.jp/assets/files/international-competition.pdf
創価大とロシアの大学の交流で
ロシアの大学生に池田大作と村上春樹の著書を読ませてる。

創価信者800万世帯が購入してミリオンセラーになる、池田大作氏の著書と同じカラクリ?

605 :名無しさん@13周年:2012/10/12(金) 11:50:38.06 ID:NvvABTu60

村上春樹は、激しく在日ゴリ推し臭い

http://japanese.joins.com/article/459/160459.html?servcode=A00code=A10
在日の言動って共通点がある 右傾化がどうとか・・
日本の反原発も在日だし。

150: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 02:19:36.27 ID:TmwOvu1B0
オバハンが自分のダサい学生時代を説明するのに
「ワムのCDも全部買っていた」と言わせてたのには笑った
春樹は音楽に関してはなかなかいい所を突いてくる

152: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 03:29:17.19 ID:yYCajO090
コレって第二次世界大戦で日本をハブにしたメイソンリーに対するメッセージなんでしょう?
赤青白黒はヨハネの黙示録の四騎士からのモチーフだな。
普通の読者にはよくあるタイプの他愛の無いライトノベルの駄作だが、
当事者だったメイソンリー達は秘密を暴かれて震え上がっているという仕掛け。

158: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 04:07:25.18 ID:yKPDS1se0
80年代は浅田彰とかポストモンダンとか変な物がやたら持ち上げられた時代だった。
時代全体が背伸びをしていたのだろう。村上春樹もその一つ。
思わせぶりな描写がとにかく不快な作家。文章が不必要に回りくどくキザ。思わせぶりな独白や
セリフで引っ張って興味を持たせて、サクッと裏切る。不誠実な作風の不快な作家。とにかく消えて欲しい。

161: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 04:30:13.00 ID:H2JM1rUnT
書評家・大森望さんの話。村上春樹さんの新刊本のカウントダウンイベントの取材へ深夜の書店に行ったら、新刊本を買い求める客は少数で、大半がマスコミでごった返して、肝心のカウントダウンが全然盛り上がらない内にいつの間に午前零時の発売解禁を迎えた…って話は笑えたな

172: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 12:19:05.85 ID:75cm9OGk0
>>161
そもそもこんな企画考えた奴が馬鹿だよな。
いくら人気があるっていってもワザワザ午前零時に本買いに行く奴いないだろとw

まあ、出す度にこんだけ売れる作家はなかなかいないから、出版社にとっちゃありがたい話だろうね。

171: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 11:17:43.79 ID:1jcVEJ+R0
割りと有名な批評家で、ノルウェイの森は日本の国民文学というようなことを言ってる人もいるね。
一体どこが?と言いたくなるのだが、大部数売れてるので、そういった点では条件を満たしてるのかな。
発売当時に500万部以上売れて、今では累計1000万部を軽く超えてるんだったかな。
少なくともその内の3割くらいの読者は、熱心な肯定派になってもおかしくないようにも思うのですが、どうなんでしょう?

175: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 13:26:14.36 ID:ohAeDCUE0
勝手に配役考えた。赤~森山未來、青~高岡蒼祐、白~忽那汐里、黒~橋本愛、つくる~高良健吾

178: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 16:31:09.85 ID:zlDAduwXO
春樹、東野、伊坂

知的ぶりたい女子アナや大学生が挙げる三大作家ってイメージ

183: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 21:28:24.27 ID:fxyMtI7O0
>>178
東野ってエンタメだから知的ぶれなくね?

200: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 22:45:27.27 ID:zlDAduwXO
>>183
読書量が激減した現代だと、読書してる人間=知的みたいな風潮あるからね
あまりマニアックそうな名前だとオタクっぽくなるから、イマドキで知的ですアピールするにはこの3人は打ってつけだなって

179: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 18:41:36.61 ID:GnEAqC8+0
文体とか文章そのものはすごく読みやすいんだけど内容が難解というか、イミフだからなあ。
その辺が受けるポイントなんだろう。

185: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 21:39:11.49 ID:WSkM1Pj7O
ラブ&ポップは読んだ

186: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 21:42:19.06 ID:K3CPBf360
ストーリーが面白すぎると、純文学から外れる扱いになるらしいよ。
もう随分昔の昭和の時代に、ストーリーが面白いという理由で、正当な純文学ではないとされて
芥川賞もらえなかった作家が居たそうだ。春樹のことではないよ。春樹の初期は既にポストモダンな感じの
ストーリーが希薄なものだった。

190: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 22:13:51.85 ID:qcqjiBW8O
あっさりしすぎて、読みごたえが無いよね。殆んどの本は読んでるけど、ハードカバーじゃ、高い買い物かな。

193: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 22:22:35.67 ID:K3CPBf360
>>190 以前にポツンと出してた「アフターダーク」も内容薄めだったよね。
ページ数半分くらいで丁度いいのではないかと思えるような内容だった。
しかしあの長さで十分に描写することこそが、あの作品のテーマに沿った表現法の正解だったのかもしれないけど。
そういう方面は余り詳しくないので、内容薄いんだからもっと薄くていいではないかと単純に思ったのである。

191: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 22:20:04.14 ID:BZnY2P7T0
夏目漱石の「こころ」は、乃木希典大将の殉死という史実をよく知ってから、読むといい。

201: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 22:57:20.27 ID:BZnY2P7T0
明治天皇の、あとをおい、夫人とともに、自刃した、乃木に、国民は涙した。

漱石の「こころ」は、乃木を讃えるために描かれた作品。

史実を知らないで、読んでも、意味不明な話でしかない。

192: 名無しさん@恐縮です 2013/04/19(金) 22:21:29.74 ID:yKPDS1se0
16年前に高校でハブられたことを気にし続けて心を病むバカなんかいねーだろ。
世の中にはずっといじめられ続けて友達すらできないやつだっているのに、高校時代に男女混合の
仲良しグループがいるやつなんて恵まれているとしか思えない。
本当にリアルな心の傷を描きたいんならこんなテーマ選ばねーだろ。
こいつの小説は薄っぺらくてバーチャルで、全然心に真に迫ってこないんだよ。日本人バカにしてんのか。

211: 名無しさん@恐縮です 2013/04/20(土) 00:18:55.14 ID:3Jf9Beh9O
ヒロ☆水嶋先生さんの作品は、前煽りなく普通に出版されていればそこそこ評価されるレベルだったと思うよ
いかんせん、持ち上げ過ぎて出来レース臭が鼻につきすぎた

215: 名無しさん@恐縮です 2013/04/20(土) 02:25:13.80 ID:wpRjtgNW0
村上春樹には中身が無い
語れることが何もない人
俺らと同じ
ところが村上は、その何もないということを逆手にとって
何もないということ自体をテーマにしてしまった
「何も無さ」というのはわれわれ凡人が普通に感じていることなので、
語ることありありで才能豊かな小説家よりも、
圧倒的な支持を得られたわけだ

216: 名無しさん@恐縮です 2013/04/20(土) 02:28:54.59 ID:hNllFWYi0
最近では村上春樹を読む奴は薄っぺらくてダサいと言う風潮になりつつ有る。
駄作も続いているからブーム終焉かな。
ノーベル賞取れればまた評価されるだろうがw

218: 名無しさん@恐縮です 2013/04/20(土) 02:48:18.53 ID:OKIQbAA10
>>216
駄作は駄作でも、難解で独りよがりな路線というよりは、分かりやすくアホっぽく劣化してるからな。
彼のキャリア全体が格下げされかねないような状態。

219: 名無しさん@恐縮です 2013/04/20(土) 02:57:58.00 ID:XooMTS1j0
話題になったのがノルウェイで既に枯れ始めていた時期と言うのが不幸だ。
ここから入ったミーハー層は去っていくんじゃね?
文学を楽しむよりファッション的な感覚だと思うから飽きも早い。

229: 名無しさん@恐縮です 2013/04/20(土) 11:40:28.60 ID:GLkiiQ4+O
村上春樹をディスるのが賢いみたいな風潮
むしろ評価すると恥ずかしいみたいな空気があるよね

232: 名無しさん@恐縮です 2013/04/20(土) 11:45:59.45 ID:zJeZNvbK0
>>229
つかむかしから馬鹿にされてたけどな春樹は
エッセイは好きだったけどなあ

231: 名無しさん@恐縮です 2013/04/20(土) 11:44:37.38 ID:eeekZt+v0
中二っぽいタイトルだなー





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

    • キジトラさん
    • 2013年 4月 21日

    「」

    • キジトラさん
    • 2013年 4月 21日

    「」

    • キジトラさん
    • 2013年 4月 21日

    「以来」だw せめて小説ネタのスレタイで変換ミスはやめよう

    • キジトラさん
    • 2013年 4月 21日

    並んでまで買うのは、時間の無駄だな。
    まぁ、人それぞれだし。

    • キジトラさん
    • 2013年 4月 21日

    ランニングのエッセイだけ面白い!あとはカス!!てかラノベw

    •  
    • 2013年 4月 21日

    テレビで取り上げられてるくらいだから
    売り上げの一部は反日活動に回るんだろうな

    • キジトラさん
    • 2013年 4月 21日

    この本は、
    中身を楽しむものではない。
    有名な作家の本を
    読んだor買ったという
    ステータスを自慢するためのもの

    • キジトラさん
    • 2013年 4月 22日

    自分が好きになれないものは総じて下等であるみたいな批判は稚拙
    説得力を欠いた批判しかできないなら黙っていればいいのに

    • キジトラさん
    • 2013年 4月 23日

    最近やっと普通に気持ち悪いと言われるようになってきたからほっとしてる。
    まるでエロゲー展開のホイホイご都合に進む小説が、
    高尚なファッション扱いまでされるのがずっと気に入らなかった。
    太宰とかあそこまでみっともなく自己を曝け出してくれるなら
    ある種素直で勇気があると思うからいいんだ。
    だが春木のは実に都合よく真に汚い部分は隠して、
    分かる奴には見え透いたまでに格好良く自己を装飾する。
    欺瞞じみてて気持ち悪いったらないよ。
    実際に目の前にあんな連中がいたら確実に気色悪がられるだけ。
    ノルウェイが映画化されたときはハルキストからも酷評されたらしいが、
    大方映像化されたら、文字で読んだときには感じなかったキモさがモロに出てしまって、
    その現実に耐えられなかっただけじゃないんかと。

    • キジトラさん
    • 2013年 4月 26日

    ああ、世の中を斜に構える俺KAKKEEEって奴感じの中二卒業できてない感じのやつが、春樹いいよとか言っていたのを思い出した。
    うん、ヤマもオチも意味もない演劇脚本を書いてるファッション系だったわ。
    えっと、そういう人が読むにはふさわしい作家って事でいい?

    • キジトラさん
    • 2013年 4月 29日

    今は逆だろ。
    有名な春樹をdisれる俺カッケー、な奴ばっかじゃん。
    嫌いなのは個人の自由だが、まともな批評するわけでなく
    薄っぺらい、どっかで聞きかじったような悪口いうやつばっかじゃねーか

    • キジトラさん
    • 2013年 5月 06日

    どんなに気持ちの悪い比喩でも信者には有り難いお言葉になる
    バイブル化が止まりませんな

    • キジトラさん
    • 2013年 5月 06日

    1Q84は本当に駄作だった
    聖書やらロシア文学やらへの言及になってるらしいが
    普通に読んでたら関係ないしな。
    あんだけつまらんのに誰一人として何も言わない空気が
    当時気味悪かったのを覚えてる。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る