2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

下を見るほど地獄、40代の低所得者層の割合が増加

40代の低所得者層の割合が増加し、かつ高齢者での割合は減少。何とも言えないニュースです。高齢者の低所得者層の割合が減ることはもちろん良いことではありますが、高齢者にばかり優遇的な社会保障との批判も多い中、苦しいニュースです。



低所得の割合が世帯主が40歳代の世帯では増え、高齢者世帯では減っている――。厚生労働省が2014年度まで20年間の国民生活基礎調査の家計所得を分析したところ、こんな結果が出た。調査内容は近く公表される17年版の厚生労働白書に盛り込まれる。

 調査によると、世帯主が40歳代の世帯では、単独世帯やひとり親世帯の増加で総所得が300万円未満の低所得世帯の割合が増加。一方、高齢者世帯は低所得世帯の割合が減り、中所得世帯の割合が増えていた。

 白書では、日本の所得の再分配機能が、「現役世代に比べ、高齢者世代に手厚い構造になっている」と分析。今後、世代や世帯ごとにきめ細かに再分配政策を考えるとともに、現役世代の所得向上支援や全世代型の社会保障への転換が必要と指摘している。(水戸部六美)

via: 低所得の割合、40歳代世帯は増加傾向 高齢者では減少 – ライブドアニュース

de25bdee 下を見るほど地獄、40代の低所得者層の割合が増加

低所得者層とは

総所得が300万円未満の家庭を低所得者世帯と言います。その40代での割合が増加したとのこと。40歳にもなって、むしろ人生が不安なものになり続ける恐怖とは一体どれほどのものでしょうか。

 

多くの人は、特別悪いことをしてきたわけではないでしょう。当たり前のように生きていけば、当たり前の人生が待っていると思っていたはずです。しかし、現実には多くの40代が低所得者層になっているというのです。当然、結婚している割合も低い世代となっています。

 

フリーターがもてはやされた時代とリンクしているこの世代は、彼らだけの責任でこの貧困に喘いでいるわけではありません。政府や企業がフリーターを賛美したようなキャンペーンを行ったことと、この現実はつながっているのです。

 

そして高齢者

そして高齢者も地獄でしょう。低所得者層が減ったとはいえ、人生の終盤でもなお自分の人生が不安定であることの恐怖は大きいはず。しかも、最近では社会保障が高齢者に特化したものになりすぎている、不公平だといった怒りも出ています。

 

彼らは当然、普通に暮らしてきて普通に年金を受け取っているだけであったり、社会的な政策で保障があると思って生きてきたわけですから、急にその保障がカットされることは非常に生活において苦しいでしょう。それでなくとも年金受取年齢が延び続けているのですから、恐ろしいことです。

 

にも関わらず、こうやって40代の割合が高まり高齢者の割合が下がったと聞くと、間違いなくそれに対して批判的な声は高まるはず。まさに、貧しくなれば人の心も荒んでしまう好例です。本来であれば、どちらも保障されるべきなのに、社会の余裕がないためにそれが許されない状態になってしまっているわけです。、

 

とても悲しいニュースな上に、特に解決策が見える予定もありません。この40代の層は人数もかなりいるわけですが、これから20-30年後には全員高齢者になるわけです。結婚もしていない独身も多く、一体彼らを誰が支えるのでしょうか。大きな不安が残るニュースです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る