2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

635億円を使ってでも選挙はするべきなのだ:民主主義の必然的なコスト

選挙にはお金が掛かるのだから慎重に行え-そんな考え方を聞きますが大反対です。そのお金が掛かろうとも、選挙だけはきちんと保障されるべき。お金のこと考えて民主主義のこと考えないくらいなら最初から貴族制にすればよし。



政府は、今月22日に投票が行われる衆議院選挙で必要な経費として635億円余りを使うことを6日の閣議で決めました。

政府は今月10日公示、22日投票の衆議院選挙に必要な経費として今年度予算の一般会計の予備費から635億5210万円を使うことを6日の閣議で決めました。
内訳は投開票などに必要な経費として626億円余り、選挙の啓発のための経費として5億円余り、選挙違反の取締りの経費としておよそ2億円、在外投票の経費としておよそ2億円となっています。

via: 衆院選 必要経費は635億円余り 閣議決定 | NHKニュース

K10011169841 1710061216 1710061336 01 02 635億円を使ってでも選挙はするべきなのだ:民主主義の必然的なコスト

 

お金が掛かるからなんなんだ

「また選挙にカネがかかる」「そのカネがあればこんなことが出来る」という人がいます。急な、大義なき選挙を行って無駄にお金を使うなというのが大きな趣旨でしょう。北朝鮮問題があったのだからものすごく大義があったのではないか、まさに憲法や改憲の話をするために必要な選挙じゃないかという初歩的なツッコミは最初に済ませておいて、そもそも選挙はお金を気にしてちゃダメだろということを言いたい。

 

まず第一に、民主主義は大前提としてコストが掛かるということを舐めすぎている。1億人以上いる日本人の声をちゃんと聞いて、一部の金持ちだけでもなく、男性だけでもなく、そういう昔のやり方とは違って18歳以上のあらゆる人から意見を聞いて、その意思を反映して政治を動かしていくという民主主義にお金が掛かるなんて余りにも当たり前なことだというのが最初に言いたいこと。

 

人数が大きくなればなるほど、積もり積もって物凄い額になる。大きな組織を動かしてみたらわかりますが、大きくなればなるほど末端を動かすには凄いパワーが必要になってきます。この社会でいうパワーというのは、時間とお金で説明すると簡単でしょう。民主主義達成のためには時間とお金が掛かるのです。

 

民主主義はコストが高い

時間とお金というのはどういう意味でしょうか。それは、貴族政治などと比較してみたらわかりやすくなるでしょう。まず、貴族制などに代表されるような寡頭政治は「一部の人が特権的に」決めることが出来ます。もちろんその中で交渉や調停は必要ですが、基本的に全員有力者ですからそこで話し合いが進んで決まってしまえば物凄い決定力を持ちます。

 

だから、いまの選挙制度に比べて明らかに時間がかかりません。今の選挙だとやれ公示だ、やれ選挙委員会の設置だ、会場の準備だなんだで大忙しです。しかし、それでも民主主義のためならば仕方がありません。全員の意見を聞くには準備がものすごく大事です。

 

さらに、貴族制度だとあまりお金が掛かりません。人数も少ないですし、自分たちがお金を持ってますからパーティーなどはそのお金でやればよい。ギリシャ時代などは政治家はそもそも無給で行われていました。貴族の責務として政治を行っていたのです。選び方もくじ引きでしたしね。

 

ですから、お金も余り掛かりません。要するに、日本中みんなの意見を聞こうとするとお金も時間もかかる。それは当然のことなのです。にも関わらず、こういう選挙に対してお金の話ばかりしている人の話を聞くと、そのコストを分担する気がないなら民主主義などやめてしまえと言いたくもなるものです。

 

たしかに物凄い大金を必要とする選挙はコストが掛かるものであることは間違いありません。しかし、コスト削減のためにもし民主主義そのものが傷つくような形になれば、目に見えない形で物凄いコストを知らない内に払うことになります。国民全員の意見を聞こうとする民主主義の姿勢そのものに、私達はリスペクトするべきでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る