2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

安倍首相の高圧的な態度が気に食わないとして、民主・維新が問題視していくという合意

またしても…阿呆らしいという言葉を使うのも嫌になります。野党は一体なにがしたいのでしょうか。首相の「資質」に物申すなどと記事には書かれてありますが、良い野党であるための「資質」とは与党が出す政策案へのカウンターパートであって人格攻撃をすることでもなければ税金を使って子供の喧嘩を国会でやることでもないことは当たり前の事実かと思います。



 民主、維新両党は5日、国会内で幹事長・国対委員長会談を開き、安倍晋三首相が今国会で野党に高圧的な答弁をしているとして、問題視する考えで一致した。両党は小渕優子前経済産業相ら閣僚の資質追及で共闘しており、民主党は首相の「資質」もただしていく方針だ。

 両党は、民主党の枝野幸男幹事長が革マル派との関係が指摘されるJR関連労組から政治献金を受けたと首相が批判したり、自身の発言に関する新聞報道を「捏造(ねつぞう)」と断じたりしたことなどを念頭に置いている。

 枝野氏はまた、首相が消費増税の判断材料とする17日発表の7〜9月期の国内総生産(GDP)速報値に関連し「速報値を受け、国会でその審議を求める」と記者団に語り、17日以降に消費増税に関する国会審議を求める考えを示した。【村尾哲】

 

via: 安倍首相:民主、維新が資質追及で一致…「高圧的な答弁」 – 毎日新聞

 

不毛な争いの繰り返し

つい先日も記事にしたばかりですが、政治における「無駄遣い」は尋常ではありません。貴重な国会答弁の時間、子供の喧嘩をする政治家に支払われる給料、本来進められるべきより良い政策立案による未来、様々なものが浪費されているのです。

 

 安倍首相の高圧的な態度が気に食わないとして、民主・維新が問題視していくという合意 ブーメランの嵐、民主党の批判への批判相次ぐ。それに対する批判は? | キジトラ速報

 

こちらの記事でも書いた通り、政治本来の目的とはあまりにも逸脱したこの状況に、国民はもっと怒りの声を上げなくてはならないはずなのです。しかしながら、もはや政治とはこういうものだというイメージが先行、それに対する諦念もあってこのままズルズルと続いていきそうでう本当に残念です。

 

野党本来の役割とは

とはいえ、ただ「それはダメだ」と批判ばかりしていても生産的でありません。野党とは本来どのような役割を担っているものなのかを明らかにすることで、いかにこの状況がダメなのかをきちんと説明する必要があるでしょう。

 

野党(やとう)とは、政府を構成せず行政を担当しない政党のこと。「政府から離れた在野の政党」からきている。対義語は与党

via: 野党 – Wikipedia

 

ということでwikipediaから引っ張り出してきた定義がこれです。もちろん全文ではないのですが、他の部分にも「野党としての役割」という項目はありませんでした。正直なところ、少し驚きです。これでは普通の人が(すなわち専門で政治を勉強したこともなければ、それに類する本を読んだこともない人たち)野党とはなんぞやと調べようと思っても、すぐにはわかりません。

 

そしてなんと、英語版を見てもフランス語版を見てもどれも似たような情報が書かれているばかりで、国会審議における具体的な役割や理想としてのスタイルが一切無いんですね。これでは「野党って与党叩きが仕事でしょ?」と言われても仕方のない状況…というのは普通の人がwikipediaくらいしか見ないという前提に立っている点で失礼かもしれませんが。

 

ここで教科書のような具体的な説明をすることにはあまり意味がないでしょうから、要点だけを言うと「与党の横暴に対する監視」「より良い政策のための競合」「少数派の意見代表」といったところでしょうか。1つ目は一党独裁状態にしないための役割(参議院もこれに近い)、2つ目は政策を1つじゃなく複数国民に提示することで競合関係を生み出すことでより良いものを作る機能、そして3つ目は民主主義の根幹である「少数派を尊重した多数決」システムを具体化しているものといえるでしょう。

 

今の野党に足りないものは

このように具体的な役割を想定してみると、いかに今の状況がむちゃくちゃな状態であるかがわかると思います。与党の横暴に対する監視についてはあまり触れませんが、「より良い政策のための競合」や「少数派の意見代表」の部分での機能があまり活きていないように感じませんか?

 

それは単純に、政策についてではなく個人攻撃に終始した国会での批判や、「どこも似たりよったりでブレブレの政党方針」が問題だと感じます。前者についてはもう呆れるとしかコメントのしようがありませんが、後者については日本の政党の構造的な問題もあるでしょう。

 

すなわち、「こういう政策をしてほしいからここに入れる」といえるような明確な方向性を示している政党が少ないのです。「美しい国日本」だとか「安心の国」だとか、何を言っているのか具体性がなさすぎてほとんど無意味なんですね。

 

大きな政府か、それとも小さな政府か。移民受け入れには賛成か反対か。今後の経済成長のためにどの産業を中心に進めていくか。そういったわかりやすい形に党が分派していることが理想の状況なわけです。(もっと言うなら、その中でバランスをとりながら政権が動いていく)

 

まとめ

一言で言うなら、もはや「野党の存在価値はない」とすら断言できるような状況なわけですね。与党が動かそうとしている政策などについて審議するのではなく個人の人格攻撃に時間を割くのであれば、もはやそれは害悪ですらあるわけです。政策について真剣に討議して、よりよい形にしていくという最大の役割を果たしていない野党にどれほどの価値があるでしょうか。

 

どうせ自分の意見など通らないのだから(野党根性)せいぜい与党がやっていることを、もっと言うなら与党の人間が政策に関係なくやっていることをとにかく批判すればそれで十分だ、という考えに至っているとするならそれはどこまでも残念なことです。

 

それを諦めとともに許してしまっている国民、それを続けている民主党…どこからメスを入れたらいいのか最早わかりませんが、少なくとも「野党の役割とはなにか」を国民が知る事には意味があると信じています。

 

関連記事

 

bf4bbcdd94b94dfec30039396e2d3dee 安倍首相の高圧的な態度が気に食わないとして、民主・維新が問題視していくという合意




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • キジトラさん
    • 2014年 11月 23日

    まぁ、与党も存在価値ないからしょうがないよ(呆れ)

    • キジトラさん
    • 2014年 11月 23日

    本当に管理人さんの言うとおりです。

    野党ってもうバカになってるんじゃないでしょうか?
    何をすればいいのか?何が正しいのか?既に判断する脳みそが失われているようなそんな気がします。

    そういえば、昨日のリーガルハイスペシャルってごらんになりましたか?

    あれは今の野党のやってる人格攻撃や意味のない罵詈雑言を皮肉ってたんでしょうね。
    フジTVなのにやりますなw

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る