2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

一般人が知っておきたいAIの基本-要するに便利な道具でしかない

結局AIってなんなの? 一般人にはよくわからない。大体、研究者だって言っていることが全然違うのでさっぱりよくわからない。でも、やっぱりどこまで言っても「高度な道具」でしかない。



近年、AI(人工知能)や機械学習に関する研究が発達し、日々のニュースや会話の中にも登場するようになっています。しかし、専門の研究者やエンジニアでなければ、AIと言われても「なんだかすごいことができるらしい」「囲碁や将棋でプロに勝った」くらいの認識で、さっぱりわからないという人も少なくないはず。しかし、知識がないからといってAIに関して理解できできないのはもったいないもの。そんな人向けに、「AI研究者やプログラマー以外の人間がAIについて本当に考えるべき点は何か?」について、GoogleでAI関係の仕事に就いていたYonatan Zunger氏が解説したコラムがMediumに掲載されています。

Asking the Right Questions About AI – Yonatan Zunger – Medium
https://medium.com/@yonatanzunger/asking-the-right-questions-about-ai-7ed2d9820c48

Zunger氏は、「ここ数年、AIが世界を救うのか、それとも世界を破滅に導くのかという極端な議論が続いてきました」と述べています。しかしこの議論は、「SNSが民主主義を崩壊させる」「トースターの普及によって人々がパンを焼けなくなる」といった極論と同レベルであり、全くナンセンスだそうです。「実際に現在のAIに求められている議論とは『AIは人類の味方か、それとも敵か』というような極論ではなく、非常に専門的な技術的課題でもありません。それは一般の人々が十分に思考可能な問題であり、また議論に参加するべき問題でもあるのです」とのこと。

Zunger氏によると、まず私たちは「AIとは何をするものなのか」という点をよく理解する必要があります。AIとは、入力された情報に対して自らの持つ情報を元に「取るべき行動を予測」する装置のこと。世界から情報を収集するカメラ・マイク等のセンサーはAIそのものとは区別され、「AIが予測した行動」の情報を受け取って実際に行動に移すデバイスも、AIそのものではありません。人間にたとえるならば、目や耳などの感覚器官がセンサー、外部の刺激に応じて思考する脳がAI、刺激に応じて動く腕や足が行動に移すデバイスというわけ。

Zunger氏は受け取った刺激に対して反応するシンプルな機械の例として、気体や流体の圧力を調節するバルブを挙げています。バルブはバルブ本体にかかる圧力を受け、弁を緩めるか締めるかを機械的に決定するもの。この場合、バルブは1つのインプットに対して1つのアウトプットという結果で返しています。Zunger氏は、AIがやろうとしていることはバルブとは違い、膨大な量の情報をインプットしてアウトプットを決定するというものだといいます。「自動運転カーなら周囲の車の流れ・天候・障害物・異音などの情報から適切な走行を判断したり、ウォンバットの生態に関する調査ならさまざまなウェブページを参照し、適切な情報をまとめたりするのです」と述べています。

machine m 一般人が知っておきたいAIの基本 要するに便利な道具でしかない

by ryan and alyssa

 

via: 研究者でない一般人がAIについて本当に考えるべきこととは? – GIGAZINE

 

結局AIってなんなのさ

今は様々なニュースでAIという言葉が出てきます。しかしそのAIという言葉がどういう意味なのかわかっていないで消えてる人もたくさんいるのではないでしょうか。 多くの一般人からすれば AI というのは何だかよくわからない魔法のステッキのようなものに聞こえているのではないでしょうか。

 

実際 AI とは何かということには未だに議論があるという事を皆さんご存知でしょうか。人工知能というのが AI の日本語での意味ですが、知能とは何かということ自体が未だに多くの機能を産んでいるからです。 知能とは人間の根幹的な能力でありながら、今まで多くのことが知られないものになっていたものの一つです。

 

ですから当然人工知能という言葉も知能という言葉を含んでいる以上定義が不十分で一体どんな意味を持っているのか多くの研究者もまだわかっていない状態であることは確かです。 それに加えて嫌に詳しくないジャーナリズムの人間やテレビ局などが自由気ままに行動するせいで AI というものがなんなのか結局よくわからない状態がずっと続いているというわけです。

 

ある考え方を導入してみましょう。というのは要するに道具なのです。 道具というのは人間の活動を効率的にしたりよりよくするための人工物です。 ですから AI というのはどこまで行ってもある意味で道具なのですね。つまり今人間がやっていることをより効率的にすること、 AIは存在しているのです。

 

道具は効率を生んできた

例えば太古の人間にとっては、 木の棒も道具でした。穴の中に入っているものを取り出すには人間の手よりも木の棒の方が効率的だからです。 また、ある時代には石だって立派な道具でした。遠くのものにぶつけるには、手頃だったからです。

 

ではAIというのはどのような意味で人間にとって便利なのでしょうか。 それは単純なのにも関わらずたくさんの時間がかかりまた多くの人間が必要とするような作業を、一人で全部やってくれるような時に便利なわけです。

 

端的な例を挙げれば最近こんなものがあります。 採用担当の人事が何をしてるかご存知でしょうか。 彼らは毎年届くめちゃくちゃな量のエントリーシートを読み込んでその書類から誰を面接するかを決めています。 これには学歴が影響したり、学生時代頑張ったことが顕著であれば学歴が低くても OK にしようと言ったりいくつかの判断軸があります。

 

裏を返せばそんな簡単で記載明確であればあとはAIが片っ端からテキストデータを読み込んでその条件に見合うものを探せばそれで終了です。 似たようなエントリーシートを大量に読むというのはとっても大変なストレスですし、しかも人事じゃなくても出来る。 こういう人間の力の無駄遣いを AI が解決することができるのです。

 

逆に書類審査にとって面接に来た学生たちに対して審査をすることは AI は苦手とするでしょう。なぜならば人間と違ってその人の表情の意味や立ち居振る舞いがどういう意味を持っているのかと言ったことを AI を判断することができないからです。それに関してはあまりにも複雑なためこれからもまだまだ人間が取り扱うことになるでしょう。

 

AI というのはどこまで行っても便利な道具であってそれ以上でもそれ以下でもありません。ただし拳銃やミサイルといったものも便利な道具でありながら人間を殺すこともできるし自国の安全を守ることもできるように、 道具というのはどこまで行っても使う人間によってその価値が決まるという意味では、 AIが今後人間を傷つけることだってありえるでしょう 。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る