2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

黒板に遺影を描かれた女子高生、いじめで転校するも無事に卒業

どんなところにもいじめはある。無くすための努力も必要だが起きてしまったときの対処も同時に重要だ。嫌な環境からは速やかに逃げ出すべきだ。



いじめについて調査する京都府教委の付属機関「府いじめ防止対策推進委員会」(委員長・本間友巳京都教育大教授)は23日、府立高校の女子生徒が教室の黒板に遺影を描かれるいじめがあったと発表した。

 女子生徒は不登校になり、別の学校へ転校して卒業したという。

 同委員会は昨年5月から、女子生徒の保護者の要望に基づき、いじめの有無などを調査していた。

 同委員会によると、同じ部活動だった生徒2人が2016年9月、女子生徒の前で、教室の黒板に女子生徒の似顔絵と額縁、祭壇などを描いた。女子生徒は翌月頃から欠席が続き、昨年4月に転校したという。

 同委員会はいじめがあったと認定した上で、学内のいじめ対策組織の会議が2回しか開かれず、専門知識を持ったスクールカウンセラーも参加していなかったことなどから、「学校側は組織的対応ができていなかった」と指摘した。

via: 女子高生、黒板に遺影描かれ不登校…転校し卒業 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

uploaded 黒板に遺影を描かれた女子高生、いじめで転校するも無事に卒業

 

いじめは環境問題

これは声を大にしたいところですが、いじめはある種の環境依存な問題です。同じ人間が他のところに行けばいじめられない、いじめないということは往々にしてよくあることでしょう。その特殊な相互関係の中でいじめ問題が発生するということは、最も簡単な解決方法はそのいじめっ子ないしいじめ被害者を他の環境に移してしまうことです。

 

現状ではいじめっ子を強制的に他のところに移すことが法的にも難しいでしょうから、一番手頃な方法はいじめ被害者が転校することです。これは逃げだとか、被害者が逃げなきゃいけないなんておかしい加害者が他のところへ行くべきという考え方も当然あるかと思いますが、私はこれをまず逃げだとは思いません。続いて、被害者が逃げなきゃいけない状況は嘆かわあしいことですが現実的な解決策として間違っているとも思いません。

 

もし加害者を強制的に他の学校に送るような法律が出来たとして、それが作られるには短く見積もっても10年は掛かるでしょう。そんなの待っている暇はないのです。いまいる被害者を他の環境で健やかに生きていける状態にする努力が前提で、そのような法制化の動きがあっても良いでしょう。それはもちろん「ご自由にどうぞ」と思います。どちらの行動もしないなら黙っていればよろしい。

とにかく他へ行こう

このような逃げを嫌がる考え方や、逃げるのはおかしいといった考え方はいじめ問題だけではなく、最近だとブラック企業にも繋がるところがあると思います。とても危険な環境で暮らしているにも関わらずそれが逃げ担ってしまうから逃げない、といった考え方が却ってその人を苦しめているということは非常によくありますし、誰も幸せにならない悪しき思考方法だといえるでしょう。

 

逃げるということが何を指しているのかわかりませんが、私はある集団が特定の文化を持つことは否定しません。いじめっ子がやることを面白がる文化を持つ集団があることも、その集団が特定の属性を持った人間をそのターゲットにする文化を持つ集団があることも否定しません、当然それらは無い方が良いですが、あるという前提で考えた時に、大事なのはその文化というのは決して普遍的なものでないということを被害者が知ることでしょう。

 

もしかしたら集団Aではいじめられるかもしれないけれど、他の場所Bでは全くいじめられないかもしれない。ブラック企業も、それが常識だと思いこんでいたらどこの企業にいても同じだしわざわざ転職しないという判断をするかもしれませんが、実際企業は千差万別です。諦めないでいるための唯一の方法は、いまいる環境以外にも様々な環境があることを知ることだと思います。

 

そして、その中で自分にフィットするものがあればそこに長くいればよいのです。それを逃げだという人間は偶然にも最初にいた集団の文化が自分に合っていただけでしょう。わけのわからないことを言いなさんな。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る