2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

アフィリエイトとアドセンスとではSEO対策も違ってくる

アフィリエイトとアドセンス

当連載では、各種のSEO対策について紹介していますが…運営しようとしているサイトが、アフィリエイトサイトなのか、アドセンスサイトなのかで必要となる施策も異なってくるので注意が必要です。

 

アフィリエイトは、成果報酬系の広告のこと。モノやサービスを紹介して、それを売ることで収益を上げるって手法です。特定のワードを意識してサイトを組み立てていく必要があります。

 

アドセンスは、GoogleAdsenseのこと。コンテンツやユーザーの興味に応じた広告を表示し、クリックしてもらうことで収益を上げる手法です。特定ワードは特に意識する必要はなく、ロングテールを狙っていく必要があります。



1.アフィサイトのSEO対策

アフィリエイトの場合、先に貼り付ける広告を決めて、広告に応じたコンテンツを作っていくことになります。

 

たとえば、アンチエイジング化粧品について扱う場合…

 

  • ・アンチエイジングのコツ
  • ・化粧品の使用感や口コミ

 

などについて記事を作っていきます。

 

「アンチエイジング」や「化粧品」が主なターゲットキーワードとなりますので、すべての記事タイトルや見出しにこれらを盛り込んでいかなければなりません。

 

ライバルサイトの「強さ」などを研究し、どのワードなら勝てるのか、という分析も必要となります。同じワードについて複数の記事を書いていくという工夫も必要に。

 

2.アドセンスのSEO対策

アドセンスの場合、どのような広告を表示させるのかってのは基本的には意識しなくても構いません。

 

71b502a8a11d3c6b399eec2820eab9ee アフィリエイトとアドセンスとではSEO対策も違ってくる

 

美容・医療やFXなど、広告単価の高い広告を表示させることを狙ってコンテンツを作るって手法もアリですが、狙ったからといって必ず広告が表示されるとは限らない…

 

適当に好きなことを書いても、広告を表示して収益化を図ることができるってのがアドセンスの魅力です。ブログなどにピッタリの広告がアドセンス。

 

なんでも扱う(総合サイト)の場合、ロングテールを意識したSEO対策が必要となってきます。ニッチな需要を狙っていって、小さいワードでPVを稼いでいくって手法。

 

他のサイトがあまり扱っていないようなワードの組み合わせを考えながら、記事を書いていく。語句を適宜言い換えながら書いていくってのがコツです。

 

あくまでも原則論

上記の特徴は、あくまでも原則論です。アフィサイトだからロングテール対策が不要ってわけではないし、アドセンスだから特定ワード(ビッグワード)を意識しないでいいってわけでもない。あくまで傾向論だってのは注意してください。

 

関連記事





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る