2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

AV女優のセカンドキャリア、立ちはだかる偏見と差別

スポーツ選手しかり、一時期に爆発的に稼いだ後のセカンドキャリアを考えないといけない職業について最近よく話題になっています。



「元AV女優には協力できない」「現役AV女優はこの時間帯は出せない」小室友里☓紗倉まなが語った「AV女優のセカンドキャリアを阻む男性たち」

 20歳でデビュー、アイドルのような顔立ちでありながらハードなプレイをこなし、たちまち1990年代後半を象徴する”レジェンドAV女優”になった小室友里さん。現在は「ラブヘルスカウンセラー」という肩書で、性に悩む人たち向けのセミナーや講演会で活躍している。

 AV業界に詳しい安田理央氏によると、現在6千〜1万人ほどのAV女優が活動しており、年に2〜3千人がデビュー、ほぼ同数の2〜3千人が引退しているとみられるという。

 AV女優のセカンドキャリア、立ちはだかる偏見と差別

 現役のAV女優たちに対して「お金と自由があるうちに”私、これやりたい”というものに手をつけておいた方がいいと思う」と訴えかける小室さんだが、20年前も今も、「元AV女優」たちの前には、大きな壁が立ちはだかっているのだという。

 19歳の時にAVデビューし、20歳で引退した元AV女優のAさん(23)は、商社の営業職として働いている。「。今でも検索したら出てきちゃうし、仕事関係の人にバレたらかなりやりづらくなると思う。ヤバいなって思う」と話す。

 8日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、小室さん、そして現役AV女優の紗倉まなと一緒に、AV女優の”セカンドキャリア”について考えた。

 

via: 「元AV女優には協力できない」「現役AV女優はこの時間帯は出せない」小室友里☓紗倉まなが語った「AV女優のセカンドキャリアを阻む男性たち」

 

AV女優のセカンドキャリア

この言葉がなんとなく滑稽に感じられたり、馬鹿らしい問題のように感じられるとするならば、まさにこのような職業が差別されていることの証左にほかなりません。彼女らもまた人間であり、生きていく人であり、その労働環境やキャリアについて社会的に考える必要があることは自明です。それはアーティストやスポーツ選手などと変わらないでしょう。

 

実際のところはわかりませんが、AV女優というキャリアが今後の人生に大きく影響することが不可避であるという考え方自体は容易に想像ができます。どんなプロフェッショナルもこれまでやってきた仕事で評価されることと同じように、そしてその評価からは逃れることが出来ないように、AV女優がAV女優であったこと自体は否定しようのない事実でしょう。

 

しかし、特定の職業であったことによって制度的に差別されることがあるならばそれは大きな問題です。特定の職業をスティグマ化して、隠すべきものとして社会で取り扱おうとするとき、その歪みは生じます。そもそも社会にどれだけの影響を及ぼしているかを考えれば、低俗な仕事であると言える人などどれほどいるでしょうか。まあこれは感情レベルの話なので置いておきますが。

 

しかし個人の好き嫌いのレベルがあるのは自由

とはいえ、もちろん制度的な差別でなければ簡単に人の好き嫌いを否定することはできないでしょう。実際にニュースの中でも、経営者の人が「仕事がしたくても社会的な目があるため実際に手を組むことはかなり難しい」といった対応をすることも少なくないとのこと。こういうことに関しては、安易に差別であると言うことも難しい部分があるでしょう。

 

そういうことを気にしないで一緒に仕事をしたいという人もいれば、そういうことを気にして出来ない人もいる。それ自体は差別というよりも単に商業的な判断に過ぎませんから。世の中ではもはや人権よりも資本主義的にどうかという観点から判断されることが多いでしょう。最近のラノベのヘイトスピーチ問題についても同様です。別に表現の自由なんか関係なくて単に売上と出版社のブランド毀損の問題なわけですから。

 

差別という言葉を安易に使っていいかは私達はよくよく自戒する必要があります。生きづらい社会であることを望まないのはもちろんですが、自分の選んできた人生を嫌う人がいる事自体も当然ありえることでしょう。制度的な差別でなければ安易に差別ということはできません。しかし、例え差別でなかろうと生きづらさを覚える人生が少しでも少ない方が良いことは言うまでもないことです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る