2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

AIによるお告げ「40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす」は嘘

いくらなんでも無茶があるふざけた番組「AIに聞いてみた」はネット上でも随分大きな反応があった。何に腹が立つかというと、そのデータの杜撰な扱い方であり、また何よりも「自分たちの責任」をすっかり無視しているNHKの態度である。

「これは、社会問題解決型AI(人工知能)の分析結果から導き出された“ムチャな提言”に、マツコ・デラックスが耳を傾けてみる番組である」――こんなナレーションで始まる番組が、NHK総合で7月22日に放送された。

 タイトルは『AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン』。NHKの開発した「AI」なるものがはじき出した“社会への提言”を、司会の有働由美子アナウンサーとマツコ・デラックスさんがゲストとともに論じるという内容だった。

 その提言の中には「40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす」という過激な内容も飛び出し、ネット上で話題を呼んだ。「本当にAIなのか」「統計的に正しい操作がされているのか」「40代ひとり暮らしを全否定するのか」「AIという“虎の威を借りて”発言の責任転嫁をしているのでは」――など批判の声も目立った。

 

via: 『AIに聞いてみた』の疑問点を「NHKに聞いてみた」 “AI”から受ける印象と実態の「ちぐはぐさ」 (1/2) – ITmedia NEWS

 

ki nhk02 AIによるお告げ「40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす」は嘘 公式サイトにも掲げられている「AIの分析結果から読み解いた提言」

 これらの真相は。番組内や公式サイトでは十分な答えが得られなかったため、ITmedia NEWS編集部はNHKに質問状を送った。その回答が届いたので、論点を整理しながらNHKの回答を紹介する。

 

via: 『AIに聞いてみた』の疑問点を「NHKに聞いてみた」 “AI”から受ける印象と実態の「ちぐはぐさ」 (1/2) – ITmedia NEWS

杜撰すぎるデータの取り扱い方

まずこの番組の腹立たしいところは、データの取扱が酷すぎるということである。記事の中にもあるが、擬似相関を因果関係と取り違えていることは大きな問題であり、それを恐らくは自覚しながらテレビ番組として取り扱っていたことは遺憾である。

擬似相関とは何か。例えば「子どもの読書時間が長いほど、成績の高い子が多い」としよう。データを見てみると、なるほど確かに読書時間が長い子は成績が良いらしい。では、自分の子どもに読書させると成績は上がるだろうか。上がらないのである。

実は「子どもの読書時間が長い家は平均よりも年収が高く、子どもが塾に行っている割合が高い」ということがあり得る。つまり、成績に直結している(つまり因果関係がある)という意味で重要なことは「子どもが塾に行っている割合」であって「読書時間」ではない。しかし、データ上はそれっぽく見える。このようなものを擬似相関というのだが、まさにこの番組は因果関係と擬似相関をごちゃまぜにしているのである。

メディアが産んだ40代一人暮らし

もう一つ物を申しておきたいのが、40代ひとり暮らしについて。特にこれはネットでも取りざたされていたけれども、本当に酷い話だ。彼らはどのような世代か? それはフリーターがもてはやされ、正規雇用につかなかった人達が大量にいる時代である。

自由に生きよう、それが素晴らしい、新しい生き方それはフリーターという風に喧伝された生き方は結局のところ極めて不安定な生き方だった。正規雇用につかないため社会保障も弱く、またそのような生活基盤なため結婚が難しい世代だった。

まさに、メディアが作り出した不遇の世代でもあるのだ。そのような、まさに「因果関係」を無視していまになって好きなように叩いているというのがにわかには信じがたい行為である。メディアはどこまでいっても、責任を持たない気軽な存在であるとしか言いようがない。

AIに託すな

最後に言えることだが、AIが言ったからなんだという話である。結局その提言のようなものはきちんと精査され、人間が悩んで決断するためのサポートでしかない。AIが言うんだから間違いない、なんてことが来る日は無い。

であれば、このような適当な情報を流してしまうのは大問題である。ちゃんとその提案一つ一つを議論し、時にはその提案が間違いであることも含めて説明しなくては片手落ちである。お告げという言葉にある占いにも似た無責任さを、マツコ・デラックスもわかって発言していたように思う。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る