2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

AIが人材採用する時代は既に来ているが、人と同じくらいAIはアンフェアになれる

AIが世界を変えると言われ続ける中で、長らく人間の役割だったものも一部AIが関わり始めています。人という意味では最もAIから遠いと思われていた人事の領域も同様です。



企業の採用に人工知能(AI)を使う動きが出てきました。採用した人材が期待した働きをしてくれない。せっかく採用した若者が「思っていたのと違った」と辞めてしまう。こんなミスマッチを解消する狙いです。  教育支援ベンチャーのIGS(東京)はAIを活用して性格や行動特性を診断するアプリを開発しました。採用に応募した学生にスマートフォン上で自分の考え方や行動パターンに近い選択肢を選んでいってもらうと、創造性や決断力、論理的思考、課題設定といった項目ごとに特性を数値化します。友人ら数名にも応募者を評価してもらい、スコアに反映します。  エントリーシートや面接では応募者のウソを見抜くことは容易ではありません。面接のテクニックを指南する本やサイトも氾濫しています。企業側も「創造力やコミュニケーション力のある人を」といいながら、実際には学歴に依存しがちです。  IGSのAIは過去のデータから学習し、自己評価や友人らからの評価の中から甘すぎるものや厳しすぎるものを見つけ、スコアを補正します。現在、働いている人のデータと合わせることで、採用担当者はどんな応募者が入社後に活躍できそうなのかを見ることもできます。  全日本空輸(ANA)では2017年のインターンの選考でアプリを利用したところ、書類では分からなかった創造性の高い人がみつかりました。そこで18年卒の事務職の採用でもこれを利用しています。「書類選考担当者が気づかない見方を取り入れたい」(広報担当者)  AI活用は他にも広がっています。ソフトバンクは米IBMの「ワトソン」を使ってエントリーシートを評価。インターネット広告のセプテーニ・ホールディングスは選考過程で得たデータをAIで評価し、入社後に活躍できるか予測しています。  近い将来、AIが採用を決める時代も来るのでしょうか。  今のところ、どの企業も最終的には人が判断すると強調しています。AIは過去のデータから学習するので、過去の誤った判断をそのまま評価に反映させてしまう恐れがあるためです。  米国では犯罪者の量刑や釈放の判断に過去のデータからはじく再犯危険度を活用していますが、米報道機関が追跡調査をしたところ、実際には再犯しなかったのに危険度が高いと評価されていた人の割合は黒人が白人よりも多かったそうです。採用にあてはめれば、例えば男女で偏見のある評価をしてしまうことも考えられます。  こうした公正性まで考慮したAIは「まだ研究段階」(産業技術総合研究所の神嶌敏弘主任研究員)というのが現状です。 via Nikkei Style 採用にもAI活用 書類・面接で見えぬ人材を発掘

1 AIが人材採用する時代は既に来ているが、人と同じくらいAIはアンフェアになれる

 

HR Tech

HR Techという言葉をご存知でしょうか。類似する概念としてはFin TechやPoli Tech、あるいはLegal Techなどが挙げられます。要するにある分野とテクノロジーをかけ合わせた言葉になります。HR Techとは、Human Resource Tech。すなわち人事に関わる分野におけるテクノロジーのことを指します。

 

HR Techが現実のものになるのにはそれなりの時間がかかりました。なぜなら、人事に関わるあらゆる事柄には全てヒトが介在しており、量的なデータに落とし込むことが難しく、結果としてコンピューターが取り扱いづらい形のデータしか無かったからです。しかし、テクノロジーはあらゆる壁を超えてHRにもしっかりとその影響力を見せ始めています。

 

例えばメールの文章の打ち方一つ、エントリーシートの文章一つで書いた人間の特性を把握することが出来るのです。なぜなら、これまで同じようなエントリーシートを書いた人間で社内で活躍している人間がいるかどうか、という観点から類似性を把握するといったことが可能だからです。

 

人数が多ければ多いほど、データが多ければ多いほどそれなりの信憑性を持って答えを出すことが出来るでしょう。それはまさに熟練の人事が「昔こういう文章を書くやつがいた。そいつはいま部長になっている。きっとこいつも優秀だ」と認識することと全く同じプロセスを辿っているからです。

 

人と同じくらいアンフェアになれる

そう、それゆえにそのままの理由で、AIは人と同じくらいアンフェアになることが出来るのです。今までこうだったのだから、次もきっとこうだろうという思い込みは人間誰しもが持つものです。本当はこれからの社会と企業の変化のために必要な人材がいても、未ラインことだからわかりません。これまでと同じような理由で採用を行えば、これまで同じような人が入ってきてその傾向がますます強まるばかりでしょう。

 

アンフェアという言葉の意味は色々ありますが、要するにAIはデータを入れたら答えを出してくれるというものです。そのデータ自体が実は怪しいものであったり不十分であったり過去の情報すぎた場合は、そこで導かれる答えに妥当性などまったくないのです。そういう意味でもAIと人間はよく似ていると言ってもいいでしょう。

 

こうやって考えてみると、案外AIが人間の仕事を奪う日なんて到底こないように思われますね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る