2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

万引き家族もAIを使えば簡単に発見出来る:監視カメラの性能は人工知能で跳ね上がる

人工知能が活躍する業界は枚挙に暇がない。実はセキュリティ業界においても、いまAIが圧倒的な効果を見せつけているのはご存知だろうか。



ウロウロ、キョロキョロ「あっ、万引き!」AIカメラが事前に検知、店員に通報

via J-cast News

   カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督の映画「万引き家族」が2018年6月8日から公開された。万引きで生活をする家族の物語だ。「盗まれたのは絆だった」という美しい宣伝文句がウリだが、商品を盗まれる店側はたまったものではない。

   そんななか、AI(人工知能)を搭載したカメラが万引きにつながる怪しい行動をとる客を検知し、店員に知らせるシステムが開発され、6月下旬から全国の小売店向けに提供を開始する。

  • kaisha 20180607181136 thumb 645xauto 138790 万引き家族もAIを使えば簡単に発見出来る:監視カメラの性能は人工知能で跳ね上がる
「AIガードマン」の仕組み(NTT東日本・アースアイズのプレスリリースより)

不審行動を「白」「イエロー」「レッドカード」の3段階で警告

   この万引き防止システムの名称は、「AIガードマン」。NTT東日本と防犯を中心とするITベンチャー「アースアイズ」が共同で開発した。万引き被害は、小売業の売上高の約1%、年間約4000億円に達する推計されており、両社は今後3年間で全国の1万店舗への導入を目指している。

   「AIガードマン」は、AIを搭載したカメラが店内を常に監視、客がキョロキョロ、ウロウロするなど不審な行動をとると、すぐに検知し、店員のスマートフォンに知らせる。

   その際、怪しい客がいる場所も知らせるため、店員が現場に駆け付け、「いらっしゃいませ! 何かお探しでしょうか?」と声かけをして、客に万引きを思いとどまらせることを狙っている。

   また、店員が客の万引き行為をいちいち警戒する必要がなくなるため、その分の保安要員や時間などが浮くことにもつながる。

   それにしても、どうやって万引きをしそうかどうか、怪しい行動を判断するのだろうか。ただ、キョロキョロ、ウロウロするだけでは、商品を探す客なら誰でもやりそうだが…… J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に応じた「アースアイズ」の広報担当者はこう説明した。

「じつは、当社代表の山内三郎が、以前から小売店舗の万引き防止セキュリティー事業を行なっており、山内自身も実際に万引き摘発Gメンを経験しています。ですから、万引きをする際の動きの膨大なデータを蓄積しており、『AIガードマン』に生かされているのです」

   具体的には、キョロキョロ、ウロウロする回数や動きの強さ、また背後を気にしたり、店員のいる方角を見やったりするなどの、不自然な行動が要注意になる。

   一か所に立ち止まったり、しゃがみ込んだりする行動も怪しい。客がこうした行動を始めると、まず画面の客の画像に白枠が出る。さらに不審行動が続くと黄色い枠、そして最後に赤い枠が出て、店員への警報となる。サッカーのイエローカード、レッドカードと同じ仕組みだ。

 

伸び続けるAI技術

これは本当に凄い。AIって何が凄いって、人間がこれまで感覚的に捉えていたことを数量化できるところにあるのでしょうね。そして数量化さえすれば一気にデータを流し込めばものすごいスピードで学習し、しかも1度学習すればそれを世界的な規模で用いることが出来る。それが最大の利点でしょう。

 

今回の技術はおそらく万引きGメンと呼ばれるスペシャリストたちがこれまでうまく言語化出来ていなかったような「Gメンの勘」みたいなものをAIが学習していった結果なのでしょう。Gメンが見ているところはかなり多岐にわたるはず。歩き方、歩くルート、どのくらい周囲を見渡すか、しゃがんだり立ち上がったりと異常な挙動がどうか、店員の目から逃げるように移動するかどうかなどGメンにしかわからない多様なチェックポイントがあるはずです。

 

しかも、往々にしてGメン自体も自分が一体なにを参考にして怪しい人物を発見しているか気づいていないケースもある。それをAIが学習しながら言語化していったのでしょう。学習さえしてしまえば後はこっちのもの。片っ端から分析して怪しい人が実際に万引き犯だったかどうかで答え合わせをすればよいわけです。それをものすごい回数試行すればあっという間に万引きGメン数十人分の数十年間の経験を学習することができるのです。

 

このように、いわゆるスペシャリストの経験や勘を学習することが出来るようになったことでAIの活躍の幅はどこまでも広がっています。これからもどのような業界が伸びるのか気になりますね。セキュリティに関しては監視カメラがあらゆる場面において活躍していくことが想定されますし、医療においても医者の問診を代替出来る可能性があるとも言われ、また弁護士が類似判例を引っ張ってくるような業務においてもAIが使えると言われています。

 

思わぬ落とし穴

しかし、一つ大事な落とし穴があります。それは万引きGメンの経験を元に学習しているという点です。それはどういうことかというと、万引きGメンが気づけないような万引きは相変わらず気づくことが出来ないという点です。万引きをしたことがバレたからこそ、万引き犯の行動として分析して学習することができますが、気づかれなかったものについては学習しないので、完全無欠のシステムというわけではまったくありません。

 

これはAIに関わる様々なサービスが全て持っている欠陥ですが、学習するデータの元データが持っている様々な偏見や情報の取捨選択を、AIはそのまま学習してしまいます。これを抜きにして語ることは出来ないにせよ、それにしてもまあAIがものすごく重要なテクノロジーであることは疑いようのないことではあるのですが。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る