2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

AI導入の最大のネックは「いつまでも紙で書いてること」

日本は紙が大好き。いまだに手書きでたくさんの情報を整理している人も多いのではないでしょうか。手書きで書くこと、良いこともあるんでしょうがこれからの時代大きな問題になってくることは間違い無さそうです。

2番目のテーマである「AIは日本の生産性を改善するのか」については、経済産業省経済産業政策局参事官の伊藤禎則氏が「AIやロボットの領域で日本にアドバテージがある」と指摘する。

 「AIが人の仕事を奪ってしまうというよりも、AIに人の仕事をやってもらうことで人手不足を解消できるメリットが先行する。また、日本のロボット技術の原型は“ドラえもん”であり、人に寄り添い、人を手伝うものと考えられている。さらに日本はリアルテクノロジーでも強みがある。ロボットや製造技術に強さがあるもアドバンテージとなる」(伊藤氏)

 加えて、「製造現場でここまでデータが取られている国はない。ドイツがインダストリー4.0でやっていることは、日本がやっていることを周回遅れでやっているともいえる。これはあらゆる業界で見られる日本固有の状況であり、介護の現場でも9割のデータが残っており、先進国でもこんな国はない。だが、問題はそれらのデータが手書きであるという点」とした。

via: シンギュラリティ時代のAIとの働き方とは? (2/3) – ITmedia エンタープライズ

sa wsk298 AI導入の最大のネックは「いつまでも紙で書いてること」

AI導入にはデータが凄く大事

AIというと魔法のアイテムのようですが、実はAIを使うときに一番大事なのは元となるデータです。AIとは、データを人間よりも膨大な量処理することが出来るところに強みがあるので、どれだけ質の高いデータを大量にインプットするかが要になります。 日本はここに強みがあるのです。実はメーカーや介護職の分野で、これだけデータを残しているところは諸外国に比べても極めて稀。普通は残さないようなデータもしっかりと残しているのです。マメな気質があるのかそれとも無駄な仕事を作りがちなのかはわかりませんが、結果としてAIに入れるためのデータはたくさんあるのが日本の強みなんです。

ただし、手書きじゃちょっと…

しかしタイトルにも書いたように、最大の問題点はここ。手書きのままになっているデータが大量にあるのです。当然ながら手書きの情報をそのままパソコンに入れることは出来ません(文字を読取るという手もありますが、コストだし間違った入力も多そうです)。 せっかく宝の山であるデータがたくさんあるというのに、手書きであるというせいで持ち腐れになってしまっているのです。実はこれ、ポリテックといわれる政治×ITでも問題になっている話です。献金などのデータはすべて領収書から入力され、しかも公表されるデータもexcelなどではなくpdf。データを処理するのが非常に大変な形になっているのです。 馬鹿らしいことこの上ないのですが、一体なんでこんなことになっているのか。明らかに時代はデータを必要としているのに、いつまでも体制が変わらないことに問題があります。

デジタルな暮らし

普段手帳に手書きで情報を書いている人も、もしかしたら今のうちにデータに移しておくと良いことがあるかもしれません。日記や予定もすべてデータに入れておくと、将来的に多くのメリットがあるでしょう。 例えば記念日のデータは自動でリマインドしてくれたり、仕事が入りすぎて倒れそうになる前に通知を送ってくれるかもしれません。今まで見た映画とその感想をベースにオススメの映画を紹介してくれるようになるかもしれません。 これからの時代、データはきちんと残しておいた方がAIのメリットを最大限に享受することが出来そうです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る