2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

米有名教授「AIが発達しても日本だけは残業時間が減らなそう」

AIが発達することで社会は激変すると言われているが、それでも変わらないのではと心配されているのが日本の労働環境。労働時間を削減するというAIの観点から見ると、日本は周回遅れどころではなさそうです。

 最初のテーマである「日本における働き方の課題や未来への展望」では、ワファ教授が「日本の働き方改革には、日本固有の問題がある。海外では会社に来ないことが問題になるが、日本では、会社から家に帰ってもらうことや、プライベートを楽しんでもらうことが問題になっている」と前置きし、「日本の多くの企業からAIという言葉をよく聞くが、AIを買えば問題が解決すると思っている企業も多い。それは、電気を買えば、問題が解決できるといっているようなもの。電気は、照明器具がなければ、部屋を明るくできない。AIも同じである。AIは重要だが、それをどう使うかが重要だ」と指摘した。

 そして、「これからのロボットは、AIを使うことで、秘書になったり、友人になったり、コーチになったり、医者にもなったりしてくれる」とし、「IBMはWatsonを使うことで、これから5年後には、全ての疾病の診断を人よりうまくできるようになるといっている。また、AIは、人よりもデータの解析に長け、さらに、それをずっと覚えていてくれる。人は2、3年で次の仕事に変わったり、定年で退職したりするため、企業に知識やノウハウが蓄積されずに、失われていく。AIはその課題をカバーし、企業の生産性向上につながる」と述べた。

 

via: シンギュラリティ時代のAIとの働き方とは? (1/3) – ITmedia エンタープライズ

sa wsk311 米有名教授「AIが発達しても日本だけは残業時間が減らなそう」

AIと労働

あらゆるテクノロジーの基本的な方向性は「もっと便利な社会にしたい」というものです。あるいは「もっと楽をしたい」に置き換えてもよいはず。少しでも早く目的地につきたい、遠くの人に会いに行かずにコミュニケーションがしたい、計算を自分でしたくない、わざわざ電話して予約したくない。

そんな様々な欲求に対して答え続けてきたのがテクノロジーです。人間の根本的な欲望を出来るだけ充足するために進んできたといっても過言ではないでしょう。ということは当然、人間の労働を楽にするためにもテクノロジーは発達してきたはずです。

例えばパソコンも、プリンターだってそのはず。メールが無ければ今の時代仕事なんて出来なくなってきますよね。しかし、実際には良いことばかりではなかったことも確か。例えばメールがあるせいで、最早家に帰ってもいくらでも仕事が出来るようになってしまいました。海外企業と取引があれば時差の関係で休みなんて無いようなものです。

つまり、テクノロジーというのは人を楽にするために作られるにも関わらず、必ずしも人を楽にしてはくれないという側面があるのです。

AIと日本の労働

さて、日本の労働といえば皆さんご存知の通りとにかく残業時間の長さが問題になり続けています。それには流石のAI研究者も苦言を呈する形で「AIが入るからといって労働環境が変わるとは言えない」と言っています。

AIが発達すれば人はどんどん働かなくて良くなったり、仕事が楽になる。それは「楽にするために導入する」ときに限るはずです。楽になる仕事がロボットに置き替わられたら、今度はそれ以外の仕事をどんどん人に任せ続ける。結果として全然仕事量が変わらないということがありえるのです。

そもそも海外(この研究者の場合だとアメリカですか)ではテレワークといって、企業に来ないで働くようなことも出来る時代です。もちろんそこでは遠隔で仕事をすることの難しさも議論になっていますが、日本ではそれどころではありません。どこでも出来る仕事なのにわざわざ満員電車にのって通勤しているのですから。

このままでは、AIが発達してもとてもじゃないですが日本の労働時間は短くならないはず。AIの導入は大事でしょうが、それ以前になんのために導入するのかという面、もっとそれ以前に「労働観」を変えるところから始める必要がありそうです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る