2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

将来の戦いは「AI使える人v.s.使えない人」になる

シンギュラリティという言葉を聞いて不安に思う人もいればワクワクする人もいるでしょう。もしかしたらその違いは「ちゃんと技術を使いこなせるようになる人」と「使いこなせない人」なのかもしれません。あなたはどっちですか?



ttp://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1707/14/news012_3.html” title=”シンギュラリティ時代のAIとの働き方とは? (3/3) – ITmedia エンタープライズ”>

未来のために必要な人材と教育

 3つ目のテーマ「未来のためにどのような人材と教育が必要なのか」に関しては、経済産業省の伊藤氏が再びリードした。

未来を生きる学びを習慣づける

 「今は人 対 AIという構図で語られることが多い。だが、本質は、AIを利用できるのか、できないのかということであり、結果として、AIを利用できる人 対 AIを利用できないヒューマンという構図になる。その鍵になるのが教育である」と指摘。

 そして、「日本では、今後、2万校でプログラミング教育が行われることになるが、子どもたちが学ぶプログラミングが20年後に使われているのかは分からない。また、AIはまったく違うものになっている可能性もある。いま、6歳の子どもに何を教育すればいいのか」と疑問を投げかけた。

 カーネギーメロン大学のトム・ミッチェル教授は、これに対し、「1つは、歴史や文化などのリベラルアーツを学ぶこと、もう1つは、チームで活動するための学習をすることが大切」と、自らの調査で得た回答を紹介した。

via: シンギュラリティ時代のAIとの働き方とは? (3/3) – ITmedia エンタープライズ

kz o0714 03 将来の戦いは「AI使える人v.s.使えない人」になる

人間v.s.機械ではない

高度に発達した情報社会、そこでは人間を絶滅させようとする機械と生き延びた人類が戦っている–。そんなSFがよくありますよね。中には人間が奴隷にされたり、エネルギーのために生かされていたりとバージョンは色々あれど、ディストピアの描写としては比較的よくあるものだと思います。 技術的特異点、シンギュラリティと色々言い方はあれど「いずれ機械のほうが人間よりも賢くなる」と言われるようになって久しいですね。ところがその第一人者達が考えているのは、そのような人間v.s.機械という構図ではありません。 それは、「AIを使いこなせる人材」と「そうでない人材」という構図だと言われています。最近もプログラミング教育を小学校で必修にするという流れが出来ていますが、それもこの流れの一環かもしれません。果たして使いこなすとはどういう意味なのでしょうか。

パソコンを使えない老害、にあなたがなる日が来るかも知れない

わかりやすい例えを出しましょう。それは、職場にいる50-60歳くらいの人を想像してもらうのが良さそうです。もちろん職場にもよりますが、デジタルデバイトとよばれる現象が起きているはずです。優秀な人材であっても、デジタル機器に弱い人というのがいるはずです。 彼らはテキストを入力するのにも時間がかかり、excelなども使いこなすことが出来ません。仕事を頼む方からすると不便だなと思うことも多いでしょう。それがもっと加速するのが、AIの発達なのです。この記事を読んでいるあなたが何歳なのかはわかりませんが、新しいテクノロジーに対してどのくらい関心があるでしょう。 新しいことを覚えるのは面倒だな、と思った瞬間から雪崩式に知らないことが増え、知らないが故に「変なものだ」と決めつけるようになり、気がつけば時代に取り残されてしまうというわけです。 AIが発達すれば確かに沢山のことが出来るようになるのは間違いありません。しかし、全員がその恩恵を受けられるとはまったくもって限りません。グローバリゼーションによって世界が近づいた時、英語を使える人と使えない人で随分印象は違ったはずです。それと同様な状況が近づいているのです。 さて、あなたはAIを使いこなす人材なのでしょうか、それとも…?





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る