2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

amazonが爆弾作りを援助、大問題になる

誰もが一度は使ったことがあるだろうAmazonで大問題がおきました。なんとオススメの購入方法のところで、爆弾を作るための材料をセットで紹介してしまっていたといいます。これは問題…なのでしょうか?



Amazonが「よく一緒に購入されている商品」機能を通して、爆弾の製造に必要な原材料を購入しやすくしていた可能性があると英国のテレビ局が報じた。これを受けて、Amazonは米国時間9月20日、自社のウェブサイトを見直すと述べた。  Channel 4 Newsの報道によると、Amazonのサイトは、原始的な爆弾の製造に必要な原材料の組み合わせを一緒に購入するようユーザーに勧めるという。例えば、Amazonは爆弾製造に使われる可能性のある原材料のページで、ボールベアリングの購入を勧めたという。  これらの製品は全て合法的に購入可能のようで、通常は家庭での用途に使われる。  大手テクノロジ企業はよりパーソナライズされた、またはより有用な情報を提供するため、自動化された(しかし、時に欠陥のある)アルゴリズムを利用して、サイトの一部を運用している。今回の一件は、それが原因で生じる問題を浮き彫りにするものだ。Amazonは世界最大のオンラインストアで、メインの米国サイトの製品ページ数は3億ページを超える。このページ数は、人間の職員が効果的に監視し更新できる範囲をおそらく超越している。  Amazonの担当者は20日、「最近の諸々の出来事を受けて、われわれは現在、これら全ての製品が適切に紹介されるようにするため、当社のウェブサイトを見直しているところだ」と述べた。  さらに、Amazonはこれからも必要に応じて法執行機関と密接に連携し、捜査に協力していくつもりだとした。  英国で明らかになった問題に加えて、The New York Timesも20日、Amazonの米国サイトで同様の問題を発見したことを報じている。 アマゾンの「よく一緒に購入」で爆弾材料–サイト見直しへ

dsc0772 amazonが爆弾作りを援助、大問題になる

 

Amazonの凄い所

今回の問題で悪者になっているAmazon、しかし本当にAmazonは悪者なのでしょうか。日本でも非常に多くの人が利用している通販サイトにして、世界最大級の商品を取り扱っているAmazon。その便利さに浴していない方は少ないはずです。

 

Amazonが強力な企業として成り立っている理由はいくつもあるのでしょうが、その一つは間違いなくレコメンドの機能。本人すら気づいていないようなオススメを同時に表示することで、高い購買率を生み出しています。

 

これはまさに、スーパーなどで「どこに商品を配列するか」「どんなポップを付けたら売れるだろうか」といったことと全く同じように、Amazonは最も効率よく商品が売れるように欲しいであろう人にほしいであろうものを紹介しているというわけです。

 

爆弾作りたい人は、紹介されなくても買う

今回のニュースに疑問があるのはまさにここです。例え、結果的に爆弾を作るセットをオススメして何が悪いのでしょうか。爆弾が欲しい人は最初から爆弾を作ろうとしてそれぞれの商品を探すだろうし、そうじゃない人は別にそのオススメを見せられてもほしくないので買わないでしょう。

 

これは当たり前のことだと思います。実際、爆弾を作るために買ってる人が多いので「この商品を買ってる人はこれも買っているよ」とオススメしているのでしょうが、それはあくまで爆弾を作りたい人のニーズに応えるものであり、そのニーズが全くない人にとっては、そもそもそのオススメが爆弾を作るためのものであることにも気づかないでしょう。

 

何億ページもあるAmazonのデータを、人が管理するのは事実上不可能です。だからこそ、アルゴリズムを使って自動的にオススメなどをレコメンドしているわけです。これは、必然的に起きることなのです。

 

もっと本質的な問題は、Amazonで爆弾を製造するための部品を買う人達であり、そもそも爆弾を作りたいと思うその欲望です。その部品はそれぞれ普通の一般的な商品ですから、それを販売するAmazonには何の落ち度もありません。

 

ボストン・マラソンでの爆破事件などの問題もあって過敏になっているのかもしれませんが、正直Amazonのオススメで爆弾を作りうるセットがレコメンドされたところで、それが大きな問題であるとはどうしても思えませんね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る