2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

仏紙「アメリカの暴力事件がどんどん増えていてやばい」

アメリカにおける暴力的な事件の割合がここ数年高まっているとフランス紙のLe mondeが報じています。国際情勢も国内情勢もイマイチなアメリカ、なんだか大変そうです。



La criminalité violente augmente aux Etats-Unis, sous l’effet de quelques métropoles

Certaines métropoles sont ravagées par les gangs. Chicago représente plus de 20 % de la hausse sur le plan national en 2016, malgré le fait qu’elle héberge moins de 1 % de la population américaine.

Le Monde.fr avec AFP | • Mis à jour le

 

Abonnez vous à partir de 1 € Réagir Ajouter

da7d68c f9eec1ab9d884986b5850b6dbd7f6a7f f9eec1ab9d884986b5850b6dbd7f6a7f 0 仏紙「アメリカの暴力事件がどんどん増えていてやばい」

La criminalité violente a augmenté en 2016 aux Etats-Unis, a annoncé lundi 25 septembre la police fédérale américaine, une détérioration qui s’explique notamment par une augmentation du nombre des homicides dans certaines métropoles ravagées par les gangs.

Le FBI a comptabilisé en 2016 1 248 185 infractions pénales commises avec violence, soit une augmentation de 4,1 % par rapport à 2015.

Les homicides volontaires sont en hausse de 8,6 % en 2016, les armes à feu étant impliquées dans la plupart des cas, selon ce rapport annuel. « Les meurtres dans les 30 plus grandes villes ont augmenté de 14,8 %. Chicago représente plus de 20 % de la hausse sur le plan national en 2016, malgré le fait qu’elle héberge moins de 1% de la population américaine », a commenté The Brennan Center for Justice, un institut d’étude de New York.

 

via: La criminalité violente augmente aux Etats-Unis, sous l’effet de quelques métropoles

 

フランス紙が報じるアメリカのヤバさ

Le mondeと言えばフランスの中でも超有名な新聞の一つです。そんなフランス紙が取り上げたのは、アメリカの凶悪犯罪率の増加問題。特に大都市でその傾向があるらしいですが、詳しい原因はあまり説明していないようです。

 

特に加害者として機能しているのはギャングのようで、一般的な人達の犯罪率というよりはその手の悪い人達が増えてきているのが原因とのこと。世界情勢の中でもトラブルの多いアメリカですが、国内もかなり大変な状況になっているようです。

 

アメリカのギャング

ギャングなんて言葉を聞くと十年も二十年も前のようなイメージがありますが、まだまだアメリカではご健在の様子で、それどころか最近更に活動を活発化している模様。殺人事件が増えていくことと、ドラッグの利用率が高まること、そしてギャングが活発化することはほとんど同義語であるといえるでしょう。

 

想像することは難しくないと思いますが、そういう場所ではやはり貧困層が多くギャングに入ります。エスニックマイノリティである南米系やアフリカ系移民達がそこに所属していることは間違いないでしょう。そしてそれが一層、アメリカでの移民嫌いを加速している面があると思います。

 

もちろん、ギャングの中には移民をぶっ殺せなどと言っているチームもあるでしょうから一枚岩ではないと思いますが、なんにせよ恐ろしいニュースです。

 

世界の警察は諦めろ

アメリカはずっと世界の警察であるかのように振る舞ってきましたし、今もそうであることが望まれていることは事実です。しかしながら、どこまで強力であってもあくまで一つの国であるアメリカがそんなに責任を背負い込むことはないのです。

 

世界中に軍隊を派遣する暇があったら、国内の貧困問題の解決を通して治安を良くする方が大事なのではないでしょうか。ギャングがはびこる国、大統領はトランプ。なんだかお似合いですよね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る