2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

プロスポーツ選手は政治行動を控えよ! アメリカの過半数が抗議行動に反対

いま、プロスポーツ選手による人種差別反対の動きがアメリカで大きな運動となっています。しかし、それに対して良い感情を覚える人ばかりではないようです。



【9月30日 AFP】米国民の過半数がスポーツ選手による国歌演奏中の抗議行動に反対している一方、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の同問題への対応も好ましくないと考えていることが、29日に発表された2つの世論調査結果で明らかになった。

 CBSニュース(CBS News)が行った世論調査によると、米国歌演奏中の抗議行動に「反対」と回答した人は52%、「賛成」と回答した人は38%だった。

 米CNNが実施した別の世論調査によると、スポーツ選手が国歌演奏中に膝をついて抗議することは政治的な意見表明として「間違ったやり方」と回答した人は49%、「正しいやり方」と回答した人は43%だった。

 どちらの世論調査も人種問題について具体的に言及していないが、これら2つの世論調査はナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のサンフランシスコ・フォーティナイナーズ(San Francisco 49ers)の元QBコリン・キャパニック(Colin Kaepernick)氏が昨年、アフリカ系アメリカ人に対する警察の残虐行為に注目を集めるために国歌演奏中に膝をついたことをきっかけに広がった抗議運動に米国が揺れる中で行われた。

via: 米国民の過半数、国歌演奏中の抗議行動に「反対」 世論調査 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

20170925 OYT1I50022 L プロスポーツ選手は政治行動を控えよ! アメリカの過半数が抗議行動に反対

 

スポーツ選手と政治的行動

アメリカが今二分されています。私としては驚くような形での二分なのですが、とにかく過半数がスポーツ選手の政治的抗議行動に反対しているとのこと。もっと少ないと思っていたので驚いています。

 

どういうことか? いまアメリカでは人種差別に反対することを表明するために、スポーツ試合における国家斉唱のときに片膝をついて国家を歌わないことで抗議の意思を示す運動ができているのです。警察による黒人への酷い扱いなどに抗議するのが元々の目的でした。今はより広くトランプ大統領に代表されるようなアメリカにおける人種差別の雰囲気に反対する形になっています。

 

しかし、それに対して「正しいやり方だとは思わない」ということで反対する人が実に過半数になるというのです。人種差別に反対することを反対する人がこんなにいるなんて驚きとしか言い様がありません。

 

国家とスポーツ

しかし、異なる側面を見てみるとまた違って見えてきます。つまりアメリカにおいてスポーツとは国家と密接につながっているものであり、国家を否定することはスポーツとしてあるまじきことなのだという理解です。当然ながらスポーツ選手が政治的活動をするなと言っているのではなく、そのスポーツの試合において国歌を歌わないということが非難対象だということですね。

 

特にアメフトのようなアメリカのスポーツ文化の根幹を担うような部分における国歌斉唱というのは、アメリカ国民にとって非常に重要な意味を持つものなのだから侮辱的な行動は決して取ってはならないというわけです。

 

しかし、そうだからこそ抗議活動として意味があるのも事実です。重要なものを否定してでも、ファンから怒られることを覚悟した上で、アメリカ国内に漂う人種差別的な雰囲気を払拭したい。そんな思いがあるからこそ、実際多くの人達の反応を生み出しているわけです。

 

否認するにせよ、若者が真似をする形で受け入れるにせよ、人種差別がまだアメリカにあること、そしてそれは改善されるべきであることを多くの人が考えざるを得ない。そのような意味で、やはりこの抗議活動には意味があるのだろうと思います。誰かに対して加害的であったり暴力的であるわけでもないですから、抗議の方法としては決して筋の悪いものではないでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る