2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

現代では聞きなれない「暗殺部隊」を韓国が作るという漫画のようなニュース

韓国が金正恩暗殺に向けて暗殺部隊を立ち上げることを決定、公表しました。でも、暗殺ってそんな公表しちゃってよいのかよくわかりませんよね。一体どんな狙いがあるのでしょうか。



北朝鮮への対応に手を焼く韓国だが、同国の宋永武(ソン・ヨンム)国防相は今月4日、金正恩氏の暗殺を目的とした「斬首部隊」を12月までに結成すると発表した。しかし、暗殺計画が公表されることは稀であることから、実際には韓国には別の狙いがあるとする見方も出ているようだ。 ◆3000人規模の大規模部隊  今回の暗殺計画は大規模な編成が一般に公表されており、水面下で進行する通常の暗殺の形態とは一線を画す。イギリスのテレグラフ紙によると3000人規模の部隊となり、朝鮮半島のいかなる地点にも24時間以内に展開可能な体制を取るようだ。北朝鮮の軍事基地を襲撃し、金正恩氏を殺害することが目的だとしている。  アメリカのヴォックス誌によると、この計画は前首相によって2019年までの準備完了を意図して進められていた。しかし昨今の北朝鮮の攻撃的な姿勢を鑑みて前倒しされた模様だ。発表は9月3日の核実験の翌日というタイミングで行われている。

 

韓国、金正恩氏の暗殺部隊結成へ 計画公表、真の狙いとは?

Untitled design 32 現代では聞きなれない「暗殺部隊」を韓国が作るという漫画のようなニュース

暗殺部隊、結成!

まるで漫画のようなニュースが飛び込んできました。なんと韓国が、北朝鮮の金正恩殺害を目標とした暗殺部隊を立ち上げるというのです。今年の12月には出来上がっているとのことですが、一体どんな組織になるのでしょうか。

 

実は韓国が北朝鮮向けに暗殺部隊を作ったのはこれが初めてではなく、1960年頃にも一度非公式に作ったとのこと。ただし元囚人が多く、最後には反乱を起こして大変なことになったということでなんとも残念な結果に。しかし今回は公式の部隊として作るので随分状況が違います。

 

でも、どうして公表するのか?

暗殺という言葉にもある通り、こういうのは秘密裏にやるものではないのか? とニュースを見た多くの人が思ったように、もちろん韓国政府も単に暗殺部隊を作ったことに満足しているわけではありません。ポイントは北朝鮮への圧力をかけること。

 

ここ最近の北朝鮮の軍事的行動の活発化に対して、韓国にはいくつかの選択肢があります。最も効果的なものは核武装することですが、もちろん国際社会的にそれが許されている状態ではありません。核兵器を使わずにどうやって北朝鮮に対して交渉が可能か。

 

その答えの一つがこの暗殺部隊結成なのです。直接殺しに行かずとも、自分の命が狙われていると思わせる事自体に重要な意味があるのです。あんまり酷すぎると本当に殺すぞ、という脅しを仕掛けているわけですね。

 

その効果の程は?

しかし、もちろん北朝鮮も韓国がそういう脅しの意味を込めてこのニュースを公表していることは百も承知。実際のところこの脅しには効果があるのでしょうか?

 

勿論発表されたばかりのニュースですので北朝鮮の反応を見てみないとわかりません。しかし、ここまで大胆不敵に行動している北朝鮮にとってこの脅しが強い意味を持つとは思えません。

 

1960年代の失敗もありますし、甘く見られてもしょうがないところも…。もしも暗殺に成功したとしても、韓国への強烈な反撃が軍備によって行われることは間違いないので、それをどうにかしない限り現実的には機能しないのかもしれません。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る