2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

「AnyTrans 5」iTunesを使わずに曲をiPhoneへ転送

iPhoneやiPad、iPod touchなどのアップル製端末を使っている人は多いはず。これらに格納するコンテンツの管理には何を使っていますか? ほとんどの人が「iTunes」と答えるはずでしょう。

しかし大量の曲や動画、画像をパソコンからアップル製端末に転送するのは時間がかかるし、何よりiTunes自体の操作がよく分からないという人もいるのではないでしょうか。

もっと簡単にコンテンツを管理できないものか。アップル製端末を使っている場合、必ずiTunesを使わないといけないと思っている人がいるかもしれませんが、実はそうではありません。市販のソフトウェアなどを使っても同様の作業をできるのです。

ということで今回は、そんなソフトウェアの1つである「AnyTrans 5」を紹介したいと思います。

どんなことができ、iTunesよりどんな点が優れているのか。早速レビューしてみましょう。





音楽をデバイスに転送しよう

まずは「AnyTrans 5」を起動します。画面のメッセージに従い、アップル製の端末をパソコンに接続します。ここではiPod touchを接続してみることにします。

160930any 01 「AnyTrans 5」iTunesを使わずに曲をiPhoneへ転送

接続すると画面が自動的に切り替わります。「オーディオ」や「ビデオ」「アプリ」などのカテゴリ別にコンテンツを管理します。

160930any 02 「AnyTrans 5」iTunesを使わずに曲をiPhoneへ転送

ちなみにアップル製端末を接続すると同時にiTunesが自動的に起動することがあります。もしiTunesを使わないという場合は自動起動しないよう設定しておくとよいでしょう。iTunesが起動してしまったら接続済みの端末を選択し、「設定」にある「概要」をクリックします。続けて「オプション」にある「このiPod(※機種名)の接続時にiTunesを開く」のチェックを外します。「適用」をクリックして「終了」をクリックすれば、設定することができます。

160930any 03 「AnyTrans 5」iTunesを使わずに曲をiPhoneへ転送

「AnyTrans 5」に戻ります。まずは曲をパソコンからiPod touchに転送する作業を実施しましょう。「AnyTrans 5」の「オーディオ」をクリックし、その中にある「音楽」をクリックします。

160930any 04 「AnyTrans 5」iTunesを使わずに曲をiPhoneへ転送

パソコンで管理している曲を呼び出します。画面左上にある音符マークのアイコンをクリックします。するとiTunesで管理している曲が一覧になって表示されます。「AnyTrans 5」自体はiTunesと連携し、必要な情報をiTunesから呼び出す機能を備えています。

160930any 05 「AnyTrans 5」iTunesを使わずに曲をiPhoneへ転送

iPod touchに転送したい曲を「AnyTrans 5」から選びます。曲名横のチェックボックスをオンにすることで選択されます。

160930any 06 「AnyTrans 5」iTunesを使わずに曲をiPhoneへ転送

曲を選択したら、画面右上にある「デバイスへ転送」をクリックします。これで選択した曲がiPod touchに送られます。転送中は画面が切り替わり、「AnyTrans 5」を操作できなくなります。13曲を転送したところ、約20秒くらいですべての作業が完了しました。

160930any 07 「AnyTrans 5」iTunesを使わずに曲をiPhoneへ転送

iPod touchを確認すると、選択した曲が転送済みであることが分かります。

160930any 08 「AnyTrans 5」iTunesを使わずに曲をiPhoneへ転送

「転送完了」のメッセージが表示されたら、画面左上にある「×」をクリックすることで元の画面に戻れます。

160930any 09 「AnyTrans 5」iTunesを使わずに曲をiPhoneへ転送

その他の機能をチェック

画面左上にあるボタンを切り替えることで、「パソコン(iTunes)」「バックアップ」「クラウド」「デバイス(端末)」の各コンテンツを確認、管理できるようになります。

160930any 10 「AnyTrans 5」iTunesを使わずに曲をiPhoneへ転送

バックアップは、すでにバックアップ済みのリストを確認できます。具体的にはフォルダ単位でチェックできるため、階層ごとにどんなファイルが保存されているのかを確認できるようになっています。バックアップデータはフォルダ単位でアップル製端末にリストアできます。

160930any 11 「AnyTrans 5」iTunesを使わずに曲をiPhoneへ転送

もちろん、iPhoneなどのデバイスに保存する曲や動画といったコンテンツをパソコンに転送したりバックアップしたりすることも可能です。iPhoneアプリを使って購入したコンテンツをパソコンに保存しておくときに便利です。「iTunesへ転送」をクリックすると、iTunesが起動して曲が登録されるようになっています。

160930any 12 「AnyTrans 5」iTunesを使わずに曲をiPhoneへ転送

使えない機能は?

「AnyTrans 5」はiTunesと連携し、曲や動画、アプリなどの各種コンテンツを管理する機能に特化しています。つまり、既存のコンテンツに対してのみ作業することが可能です。

iTunesの場合、Storeにアクセスして曲や映画を購入することができますよね。「AnyTrans 5」はこうした機能は備えていません。もしソフトウェアを使って曲や動画を購入したいといったときには「AnyTrans 5」は向きません。コンテンツの購入から購入済みコンテンツの管理、デバイスの管理までを一括して実施したいならiTunesの方が便利といえるでしょう。

使ってみた感想

iTunes Storeを使ってコンテンツを買わないと割り切っている人にオススメです。コンテンツの転送方法やデバイスの管理、バックアップなどの作業方法がシンプルで分かりやすく、初心者でも簡単に使いこなせるはずでしょう。

しかし「AnyTrans 5」はあくまでiTunesと連携して動くソフトウェアです。コンテンツの管理を「AnyTrans 5」で一元化したとしても、iTunesをパソコン内にインストールしたままにしておかなければなりません。

コンテンツを管理するためにiTunesと「AnyTrans 5」の2つのソフトウェアをインストールしておくのはどうでしょう。できれば動作が重いiTunesはサクッとアンインストールし、「AnyTrans 5」だけでコンテンツを管理できるようにしてもらえないものか。そう思ってしまいます。

確かにiTunesと連携することでiCloudのデータを呼び出せるなど、便利な機能が多々あります。大量の曲を高速に転送するといった機能も売りになるでしょう。でも、基本的な機能に限ってみると、「AnyTrans 5」はiTunesの画面や操作をわかりやすく見せただけの「ポータル画面」のようにしか見えません。

大量かつ頻繁にコンテンツをデバイスとパソコン間でやり取りする人には向くソフトです。しかしそんなにデバイスをパソコンに接続することはないという人には必ずしも向きません。

ちなみにフリーソフトの中には、iTunesに一切依存せず、曲をiPhoneなどのデバイスに転送できるものが多々あります。もし「iTunes依存体制」がイヤなら、「AnyTrans 5」ではなくこうしたフリーソフトを選ぶのも手です。

多機能かつiTunes Storeの利便性を求めるなら「iTunes」、シンプルな操作かつ既存コンテンツの簡易管理を求めるなら「AnyTrans 5」、iTunesが重くて嫌いなら「フリーの管理ソフト」を選ぶのが望ましいかもしれませんね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • キジトラさん
    • 2016年 9月 30日

    えぇ・・・
    結局iTunes必須じゃないか
    意味なさすぎだろ
    記事書いてて疑問に思わなかったんか?

    • むむむ
    • 2016年 9月 30日

    >>1 たしかに笑

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る