2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

リンゴには太陽光が必要? Appleがソーラーパネルを日本へ

8つ目の林檎には太陽光が必要なのか、Appleが日本にソーラーパネルを設置しようとしている模様。自社のエネルギーを全て太陽光発電で賄おうという考えのようです。



米アップルは22日、日本で太陽光発電を始める方針を明らかにした。新電力「第二電力」(大阪市)と組んで国内約300棟のビルの屋根を借り、ソーラーパネルを置く。生み出した電気は他社や家庭へは売らず、アップルの店舗や研究拠点で使うという。パネルを設置する時期や地域は今後詰める。

 米アップルの最高幹部が、日本メディアの取材に対して明らかにした。アップル日本法人によると、アップルは「電気を消費する製品を生産するメーカーとしての責任」として、米国などで太陽光発電に参入し、再生可能エネルギーを自社に供給している。ただ日本ではこれまで、火力発電など化石燃料由来の電気を主に使っていた。

 しかし、日本でも「再エネ100%を達成させる」として、自社での発電に踏み切る。ビルの所有者にも、パネルの設置により賃料が入る利点がある。(上地兼太郎)

via: アップル、日本で太陽光発電開始へ 自社店舗・拠点向け:朝日新聞デジタル

Apple EnvironmentFriendly thumb リンゴには太陽光が必要? Appleがソーラーパネルを日本へ

Appleがソーラーパネル?

新型iPhoneが登場したかと思ったら、なんとAppleが日本で太陽光発電をするとのニュース。一体どういうことなのでしょうか? もちろんAppleが太陽光発電事業に乗り出し、電気を他の会社に売ろうとしているわけではありません。彼らはただ自分たちのために、太陽光で発電されたエネルギーを必要としているのです。

 

ソーラーパネルといえば、いわゆるエコなエネルギーの代名詞。水力発電や風力発電と同様、良くない成分を大気に放出することもありません。原発で揺れる日本も頑張って再生エネルギーに向かっているようですがその足並みは遅い…それに比べてAppleはとても積極的です。

 

企業の持つ責任

皆さんはCSRということばを聞いたことがあるでしょうか。日本語で言うと「企業の社会に対する責任」です。CSR活動といえば、企業が利益のためでなく社会にとって意義のあるものにお金を使ったり、そのような活動を行うことです。

 

これは、実はAppleのような大企業、とりわけエネルギーを大量の使う製品を発売するような企業にとってはとても重要な意味を持ちます。日本ではあんまりこのことについては騒がれませんね。一応日本の企業もCSR活動をしているのですが。

 

海外では、CSR活動をしていない会社は株価が下がったりします。社会に対して責任を果たしていない企業ということで、印象が悪くなるのです。それどころか、CSR活動をする企業の方が収益が高いというデータを示す論文もあります。

 

例えば向上で働く賃金労働者に対して教育を施すこと、工場のある地域の村人たちに対してインターネットを提供すること、CSRには様々な形がありますが、いわゆる「社会的に良いこと」をするのが基本です。

 

クリーンなapple

そういうわけで、iPhoneやMacBookなどたくさんのエネルギーを使って環境破壊に寄与してしまいがちなAppleのような企業はこのCSR活動はとても重要になってきます。これをしていないと市民からの評価が下がるからです。

 

今回太陽光発電を日本で行うのも、クリーンなエネルギーを使って企業活動を行うことで、自分たちの会社は環境に優しいんだということを明示したいわけですね。非常にシンプルな話でした。

 

それにしても、日本でCSR活動をしないからって株価が下がることは全く想像が出来ません。欧州や米国のように、企業が社会に対して責任を持って良いことをしていく社会が良いような気もしますが、皆さんいかがでしょうか。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る