2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

銀座の小学校にアルマーニは当然:地域ブランディングの1種では

一式9万円もの高級制服を導入する銀座の小学校、問題として取り上げられているようですが私はそう考えません。彼らの戦略の一つでしょう。



 「保護者への説明が不足していた」――。

 9日記者会見を開いた東京都中央区立泰明小学校の和田利次校長(62)は、イタリアの高級ブランド「アルマーニ」監修の標準服を導入するまでの経緯を明らかにし、反省も口にした。ただ、「高級だからこそ大切に扱うという面もある」とし、今春の新1年生から予定通りに導入すると強調した。

 和田校長によると、標準服のデザイン変更を検討し始めたのは約3年前。「学校としてどう発展していくか考えた時、銀座に出店する有名海外ブランドも『泰明らしさ』に含まれる」と判断し、アルマーニのほか、エルメスやシャネル、バーバリーなどのブランドにもデザインについて相談したという。交渉は和田校長が一人で進めたとしている。

 アルマーニから価格を示されたのは昨年11月。「高い」と感じたが、「色合いや素材を見たときに、これくらいはするのかな」とも思ったという。既に一部のサイズで生産準備が進んでいたため導入を決めた。

 標準服の販売店舗によると、4月の入学予定者60人のうち41人が、既に採寸と入金を終えているという。和田校長は「各家庭へ丁寧に相談を進めるべきだった」とする一方、「高級だからこそ大切に扱うという面もあり、それが泰明らしさにつながる。理解してもらえるように努める」と強調した。

via: 「高級だからこそ大切に扱う」…泰明小校長 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

img appeal1 銀座の小学校にアルマーニは当然:地域ブランディングの1種では

 

学校のブランド戦略でしかない

今回の報道、何度も取り上げられていますが私はどう考えてもこれが単なるブランド戦略としか思えません。より良いイメージを持ってもらって、一人でも多くの質の高い生徒を集めたいと思うのは道理でしょうし、そうやって独自性を出しているのはこの学校だけでは決してありません。

 

公立なのにという声もありますが、この学校は銀座にあって周りはブランドに囲まれていて、そもそもこの学校が通学圏内の人たちの財力というのは一般人とは全く別のものだと考えるべきでしょう。しかもそれに加えて、この学校は特別に指定されている学校の一つなので外部からの学生も許可されています。しかも一学年はたったの60人で、その内半分が外部から来る生徒たちです。

 

この学校の魅力はその立地にあり、わざわざ外部からやってくるような家族もお金を持っていると考えるのが普通でしょう。ですから、そのブランドポジションを自らより強めていこうとするのは、別に不思議なことではない上に、実際通う生徒たちの家を考えても別段高すぎるということはないでしょう。誰もこれに困っていないのだと思います。一般人からするとなんだか高すぎて違和感があるのでしょうが、一般人は銀座に住んでいないのだし問題ないでしょう。

 

ハイソでもいいじゃない

いつも思うのですが、こうやってハイソサエティの文化や価値観が表沙汰になったときに過剰反応する一般人が多いと思うのですが、それが凄く不思議です。住む世界が違う住人に対してなんというかそういう反応をしても意味がない。使えるお金の額が3桁くらい違ってもおかしくない人間たちの生活に、一般人の物差しを持っていったところでわけもわからず終わってしまうだけではないでしょうか。

 

大体、こういう人たちがいるからこそ一般人が買えるわけもないようなエルメスやグッチといったブランドが日本でも売られているのです。そういう生活があること自体は認めて、でも自分たちとは違うね、と切り分けて考えればよろしい。一般人には関係のない話なのです。今回ニュースは最初から最後まで。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る