2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

銀座の小学校がアルマーニの制服を導入、どうなの?

子どもたちの制服でもブランドものがあっても不思議はない。とはいえ区立小学校が高価なものを導入するのはちょっと不思議な感じがしますね。



 東京・銀座の中央区立泰明小学校(和田利次校長)が、イタリアの高級ブランド「アルマーニ」の標準服を今春の新1年生から導入することがわかった。事実上の「制服」に当たるが、一式で4万円を超え、現行の2倍以上。保護者からは困惑の声も上がっている。  昨年4月時点の児童数は334人で、新1年生は60人を予定。区教育委員会によると、標準服は制服ではないが、着用が「望ましい」とされており、着用していない児童は「おそらくいない」という。新1年生は新しい標準服、在校生は現行の標準服とするが、現行は上着、ズボン・スカート、シャツ・ブラウス、帽子の一式で130センチサイズの場合、男子が1万7千円余、女子が1万9千円余。これに対し、今春に同じサイズで同様のものをそろえると男女共に4万円超になる。任意でバッグやベスト、セーター、くつ下などもそろえると8万円を超える計算になる。  同小は昨夏ごろ、区教委にアルマーニ監修の新標準服導入の方針を報告し、昨秋には新1年生の保護者らにも説明。だがアルマーニだけが監修を引き受けた経緯や、「銀座にある学校らしさ」など、導入理由を述べる校長名の文書で、価格が現行の2倍ほどになることを保護者らが知ったのは11月中旬だった。 via 朝日新聞デジタル なぜアルマーニ? 銀座の区立小「標準服」一式4万円超

armani junior boy horz2 銀座の小学校がアルマーニの制服を導入、どうなの?

 

別に良いんじゃないのかな

このアルマーニの制服の問題随分話題に上がっていますが、私は個人的にはそれほど大きな問題ではないように感じています。なぜならそもそもこの学校というのはわずか一学年60人しか取っていないんですよ。区立の学校とは基本的にはその銀座に住んでるような人間が来ます。さらに学区外からの受け入れもしており60人のうち30人は外部からやってきます。

 

彼らが経済的に困っているとは到底思えませんし、また学区外からの受け入れを許可しているような学校ですので常に他の学校と比べての競争力が必要になることも事実です。つまり今回の制服の導入は端的に言ってブランディングの一つでしょう。良いものをきせて学校に行かせたいと思うような親がこの学校に来るということなんです。それで全然構わないように思うのは私だけでしょうか。

 

いくら公立学校とはいえ、土地柄というのは当然あるでしょう。そもそもお金のない人が住めるような地域ではありませんから。なので効率だからこの学校選べない人間がいるというのはよくないという考えには特に同意しません。それは現実をあまりも無視した考え方だからです。

 

普遍性と個別化

少し違う議論になりますが学校の議論する時には一つ大事なポイントがあります。それはできるだけ多くの人に同じようなことを教えるべきかという考え方です。みんなと同じように教えるのか、それともある程度独自性を持って生徒によっても教え方を変えて学ばせるのが良いのか。普遍を求めるか個別性を求める議論です。

 

制服問題に紐づけると違和感があるかもしれませんが実際のところこれは非常に重要な論点になります。特に学区外から人を引っ張ってくるような学校にとっては特色ある授業というのは非常に重要です。実際この学校では銀座の地理的な歴史などについて学ぶことができたりしていますし、外部から人をひっぱってこれるだけのアピールポイントになっています。その一つにブランドものの制服というのがあっても、私は特に違和感を覚えませんが皆さんはいかがでしょうか。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る