2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

【ASKA覚醒剤逮捕】飛鳥涼(宮崎重明)の保釈金700万円は高いのか、安いのか 

ASKA(本名・宮崎重明)が保釈

ASKA(本名・宮崎重明)が保釈され、再びワイドショーなどで注目されています。宮崎重明被告人の保釈保証金(保釈金)は700万円。この額について、弁護士ドットコムが解説記事を書いていたのでピックアップ。

 

まず、個人的な感想を述べると、700万円という額は少なく感じました。PC遠隔操作事件の「真犯人」・片山祐輔被告人は、1000万円でした。これと比べると、ミリオンセラーのヒット曲を出していて芸能人のASKAが700万円ってのはちょっと少なく感じる。

 

でも、芸能人の薬物事犯の前例を見てみると、押尾学の保釈保証金は400万円、酒井法子の保釈金は500万円。…これらと比べると高い相場なんだよなぁ… ちなみに、ライブドア事件のホリエモン(堀江貴文)は3億円。



弁護士の解説

弁護士ドットコムの解説は以下のようなものです。

 

 

  • ・保釈金は被告人に対して心理的なプレッシャーを与えて、逃亡や証拠隠滅を防ぐためのもの(逃亡などをしたら没収されるが、それ以外の場合には戻ってくる)
  • ・保釈保証金の額は、犯罪の性質・情状・被告人の性格や資産などを考慮して裁判官が決める

 

 

ASKAの保釈金700万円というのは、一般人の場合と比べると相当高いけど、資産を考えると安い。たぶん、酒井法子などのケースと比べてバランスをとったんだろう… というのが弁護士ドットコムの見解でした。

 

片山祐輔はなぜ1000万?

片山祐輔被告人は一般人なのに、どうして1000万円もの保釈金を要求されたんでしょうか。毎日新聞の解説によると、一般人の場合には「起訴された事件の数×100万円」が相場となっているとのこと。多数の被疑事実で起訴されていたので、1000万円となるのもうなづける気がします。

 

母親に資力があったというのもあるでしょうし、逃亡・証拠隠滅のおそれが高いと判断されて高めの数字を要求されたって側面もあるのかもしれません。

 

逃亡のおそれなどの観点からすると、ASKAの場合にはすでに証拠は固まっているし、容疑も認めている。で、有名人で顔が知られているから逃亡する可能性も低いってことで、保証金の額が低くなる方向に作用するのかなぁ。

 

ちなみに、ASKA(宮崎重明)が保釈された際には、ファンの女性が黄色い声援を飛ばすというシーンもあったそうで、これも話題となりました。根強いファンがいるってのはわかるけど、TPOってものもわきまえないと、と思ってしまいます。

 

記事引用

東京地裁は7月3日、覚せい剤や合成麻薬MDMAを所持した罪などで起訴されたASKA(本名・宮崎重明)被告人を保釈した。ASKA被告人が、勾留されていた警視庁東京湾岸署から出てくると、その光景はテレビニュースなどで大々的に報じられた。

 

今回、ASKA被告人は保釈にあたって、700万円の保釈金(保釈保証金)を納付したことが報じられている。この保釈金の金額は、どのようにして決まるのか。また、700万円というのは他の事件と比べて高額なのだろうか。裁判官経験がある田沢剛弁護士に聞いた。

 

●保釈金は被告人に心理的プレッシャーを与えるもの

 

そもそも保釈とはどういった制度なのだろうか。田沢弁護士が解説する。

 

「被告人が公判や刑の執行のために確実に出頭することを保証させたうえで、身柄を釈放することです」

 

では、保釈金とはどのようなものだろうか。

 

「万が一、被告人が逃亡したり、証拠を隠滅することなどを防ぐため、心理的なプレッシャーを与えるものです。もし逃亡などがあれば、保釈金が没収されます」

 

逃亡などがなければ、納めた保釈金はいつか戻ってくるのだろうか。

 

「刑事訴訟規則91条1項によると、一定の条件のもとで返還されます。

 

1つは、そもそも身柄の拘束を意味する『勾留』そのものが取り消されたり、『勾留状』の効力が失われるケースです。無罪判決や刑の執行猶予などの判決が言い渡された場合が該当します。

 

もう1つは、被告人に実刑判決が言い渡され、刑事施設に収容されるケースです」

 

●事件の性質だけでなく、性格や経済力も判断材料に

 

では、保釈金の金額は、どういったプロセスで決まるのだろうか。

 

「最終的に裁判官が決めます。まず、保釈申請した弁護人と裁判官が面会して、保証金はどの程度を考えているのか、あるいはどの程度準備できるのかをやりとりします。他方で、裁判官は原則として検察官に保釈についての意見を求めます」

 

金額の判断は裁判官が下すことになるようだ。田沢弁護士はその基準を解説する。

 

「刑事訴訟法93条2項は『保証金額は、犯罪の性質及び情状、証拠の証明力並びに被告人の性格及び資産を考慮して、被告人の出頭を保証するに足りる相当な金額でなければならない』と定めています。

 

事件の性質や情状に加えて、証拠の証明力や、被告人の性格、経済力も判断材料になります。さらに、他の事件とのバランスや、家庭環境、就労状況なども考慮しながら決まります。過去の事例の集積も参考にするでしょう」

 

●一般人と比較すると相当高い、でも芸能人としては・・・

 

今回のASKA被告人の保釈金は700万円。同じ覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた酒井法子さんの場合は500万円だった。一方で、詐欺罪で有罪になった小室哲哉さんは3000万円で保釈された。ASKA被告人の700万円は高いとみるべきか、それとも、安いとみるべきなのだろうか。

 

「一般人の場合と比較すれば、相当に高いものです。一方で、ASKA被告人のこれまでの経歴や推測される収入からすれば、むしろ低いのではないかとも考えられるところです。他の芸能人の同様の事件との均衡を考慮した結果ではないでしょうか」

 

保釈金の金額は、どうやら微妙なさじ加減で決まっているようだ。これまで有名人では、ライブドア事件の堀江貴文さんのように、3億円(一審判決の後増額されて5億円、二審判決の後さらに増額されて6億円)の保釈金を納付したケースもある。

 

今後、事件報道で保釈金のことを目にした場合、その金額に注目してみるのもいいだろう。

 

via: ASKA被告人「保釈」――裁判所が決めた「保釈金700万円」は高いか、安いか?|弁護士ドットコムトピックス

 

 ASKA被告と同じ覚せい剤取締法違反(所持、使用)で起訴された芸能人として記憶に新しい歌手、酒井法子(43)は2009年9月17日、同じ東京湾岸署から保釈された。黒のシャツに黒のパンツ姿で約5秒深々と頭を下げたほか、駆け付けたファンから「のりピー!」と声を掛けられ、笑みを浮かべる場面もあった。その2時間後には都内で謝罪会見を行い、「自分の弱さに負けました」と涙ながらに語った。

 女性の救命を怠った保護責任者遺棄と麻薬取締法違反の罪で服役中の元俳優、押尾学受刑者(36)は、合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反で起訴された09年8月、勾留先の三田署から保釈された。格子柄のシャツにサンダル履きで姿を見せ、「このたびはご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」と深く頭を下げて車に乗り込んだ。

 この時の押尾の保釈金は400万円。罪状が二つだった酒井の保釈金は500万円、四つのASKA被告は700万円。嵩原安三郎弁護士は「保釈金は、一般の人は起訴の数×100万円といわれています。ASKA被告は収入や財産が多いとみられて2倍弱の計算になったと思われます。酒井さんもこのような計算でしょう。押尾さんは独身で、家族のいるASKA被告や酒井さんよりも逃亡の可能性があると判断され、高めになったのでは」と話した。

 

via: ASKA被告保釈:のりピーはファンに笑顔→涙の会見 押尾受刑者は謝罪の言葉 – 毎日新聞

 

関連記事

 

4e0601659cdf06380e7f9e469fc33bab 471x600 【ASKA覚醒剤逮捕】飛鳥涼(宮崎重明)の保釈金700万円は高いのか、安いのか 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る