2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

プロになれない体育会系の末路は暗い…会社で価値を発揮することは出来るのか

それで食っていけるわけじゃない、のに推奨されることが多い体育会系という特殊な集団。彼らの持つ強みと弱みをゼビオがイベントにて説明していたようです。



全国にスポーツ専門店を展開するゼビオは3月19日、「アスリートのアスリートによるアスリートのための就職会議」を港区・赤坂ガーデンシティで開催した。対象はスポーツを行っている体育会系の大学3年生で、38人が参加した。

アスリート就職ナビの調査によると、体育会学生の58%が「就職後も競技を続けたい」と回答している。しかし競技を続けるにはプロになることや実業団に所属することが求められ、実現できるのは一部のメジャー競技のわずかな選手のみ。またプロになれても怪我や結果によっていつまで続けられるかの保証もない。

そんな中、同イベントでは「ワークスポーツバランスが取れた働き方」をテーマとしたパネルディスカッションが行われた。パネラーにはアテネ・北京五輪で金メダルを取った元競泳選手の北島康介さん(35)ら6人が登壇し、体育会学生のキャリアについて言及した。

北京五輪で金メダル 危機感から渡米しトレーニング学などを学ぶ

180319as1 プロになれない体育会系の末路は暗い…会社で価値を発揮することは出来るのか

登壇した北島康介さん

体育会学生の就活の特徴について、日本体育大学学生支援センター主任の玉ノ井康昌さんは「トップで活躍している学生は実業団に行くが『競技ができるならいい』と引退後のビジョンを描いていない人が多い」と話す。

北島さんも、初めて金メダルを取ったアテネ五輪では「金をとることしか考えてなかった」という。

「次の北京五輪で取った時『このままじゃダメだな』って思いました。金メダルを一生ぶら下げて生きいきたくないなって。独立して、アメリカに渡ってトレーニング学とかを学んで、選手生活を続けながらしたいことをできる環境をつくっていこうと思いました。また引退したことで視野も広がり、今の自分があると思っています」

現役時代にやっていてよかったと思うことは「自分自身を知ること」。「五輪が4年後だったら、その2年前にはこういう状況に持っていこう」と自身のマネジメントが重要だったという。

また0.1秒を縮めるために気をつけていたのは「神経質になりすぎないようにすること。当時を振り返り、「大胆にオンとオフの切り替えをしていました。中高生の頃からコーチの目を上手く盗んで。いかに最高の状態を出すためにオフは必要だと思います」とコメントした。

現在、北島さんはスイミングスクールの経営や、パフォーマンス向上やリハビリなどを行う「Perform Better Japan」のゼネラルマネージャーとして活躍している。水泳については、

「どの業界にもスーパーアスリートがいるけど、下を見たい。水泳は0歳からおじいさんおばあさんまでできる生涯スポーツだし、健康にいい。より多くの人に楽しさを伝えていきたいと思っています」

と語った。

体育会学生の強み「上手くなる過程で叱咤は当たり前だと知っている」

180319as2 プロになれない体育会系の末路は暗い…会社で価値を発揮することは出来るのか

6人の登壇者による「あるリートのための就職会議」

では、どうすれば仕事と選手活動を両立できるのだろう。スポーツ人材の就職支援を行うアーシャルデザインの小園翔太さんは「仕事をしながら競技を続けたいなら『何をやりたい』を発信しないと応援されない」といい、周囲の理解を得ることと自分の気持ちを強く持つことが重要だと話した。

社会人になっても9年間アメフトを続けていたゼビオ代表取締役社長の加藤智治さんは、「社会人になって両立しようとするとタイムマネジメントが必要になる」という。

「どんなに頑張っても1日は24時間しかないからどう捻出して、何の目的を持って何のために練習するか考えるようになりました。パフォーマンスのピークは20代中後盤ですが、できる限りスポーツを続けるためにはタイムマネジメントが必要ですね」

就活における体育会学生の強みについて、小園さんは「目標にコミットする力」と「失敗からの回復力」の2点を挙げた。

「一般学生を採用する企業から『彼らは欲求がない』という声を聞きます。お金を稼ぎたいとかいい家に住みたいとか、目標がない。でも体育会系は『目標達成するまでに何をすればいいか』というPDCAが習慣化している。これって企業が求めていることなんです。社会人は結果を求められますが、つまりスポーツと一緒ですよね」

また何かに打ち込んだ経験がない人は”怒られなれていない”という。体育会学生は上手くなる過程で叱咤は当たり前だと分かっているため、このメンタリティが仕事にも生きるというのだ。

北島さんも「ほとんど失敗しかしてない水泳人生だったんですけど、目標とする記録があったので結果にコミットできていたのかなと思います」と頷いた。小園さんは

「一般学生が授業をサボったり飲み会に行ってる時間、練習したりしてましたよね。そのやってきたことを言語化してください。体育会学生は8%。希少価値があるし、今までの4年間は武器になる。変に飾ろうとせずありのままを伝えてください」

とアドバイスをした。

via キャリコネニュース 北島康介「金メダルを一生ぶらさげて生きたくない」 アスリート学生のキャリアを考える就活イベント開催

180319as1 プロになれない体育会系の末路は暗い…会社で価値を発揮することは出来るのか

 

部活だけやっていればいい、は嘘

私は前々から中高生に部活を強く奨励することについて不思議な気持ちでいました。何故ならばほとんどの人はプロになることができない。プロになれないということはそれで生きて行くことができないということです。

 

ほとんどの人は一般的な企業に入るのに、スポーツができることというのは一体どれほど価値のあることなのか、私は疑問でしょうがありません。そうですよね、普段の労働において走り回ることもなければ遠くに物を投げるという事もないのですから。

 

大事なのは問題解決能力や、問題発見能力でやって体力や腹筋ではないんですね。それなのになぜか勉強よりも部活の方が大事だという風に考える人も少なくない。

 

目を覚ます機会としてのイベント

そして今回のイベントというのは非常に示唆的であって、価値のあるものだと思っています。大学まで行ってさらに部活ばかりしてるような人間が、果たしてこの社会でどのように貢献できるのかと言うと、それは少なくとも直接的には不可能です。

 

彼らは自分たちがやってきたことを振り返って、違う意味を持たせなくてはなりません。うまくなったり強くなったりすることそのものではなくて、上手くなるために何をしたのか、強くなるために何をしたのかということにフォーカスする必要があるのです。

 

目標設定してそのために頑張るということを短期間でこなせてきた人間というのは、当然社会にも役に立ちます。しかし私はその役に立つという考え方に少しの恐れがあるのです。

 

つまり何かをうまくこなすことばかりが得意で、特にやりたいことや自分のなりたい姿というのがない人間というのは、まさに社畜として活躍する他ないのではないかなと思うのです。体育会系というのは能力の高い社畜を生み出すための集団なのかと思うほどに。

 

スポーツ以外にも目標を設定してそのために頑張るものはいくらでもありますし、スポーツ以外の社会における自分の立場を考える時間を持つほうが、スポーツに盲目的に取り組むよりも有意義ではと考えるのは私だけでしょうか。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る