2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

au、SoftBank、イー・アクセスがNTTdocomoグループの「セット割」規制緩和に関する要望書を総務大臣に提出 

au、SoftBank、イー・アクセスがNTTdocomoグループの「セット割」規制緩和に関する要望書を総務大臣に提出

イー・アクセス、KDDI、Softbankを中心とした非NTT連合が、NTTグループの規制緩和に反対する要望書を総務大臣に提出したというニュース。

 

固定電話回線と携帯電話回線との連携が主な争点の一つようです。現在、NTTはNTT法により各種の規制を受けていて、「セット割」(固定回線と携帯回線を契約して割り引くサービス)を提供することができません。

 

非NTT連合は、「もしも、この規制が緩和されてしまったら、NTTの市場支配力が強まって自由競争の環境が損なわれる」と主張し、NTTに対する規制緩和への動きに反発しているようで。

 

ちなみに、KDDI・auなどの「非NTT」はセット割を自由に提供することができています。NTTのユーザーが相対的に損をする仕組みになっているわけです。





非NTT側の主張に違和感がある

非NTT側の主張がよく分からないというか、無理があるというか… 「自由競争」というワードを「規制緩和反対」の文脈で使うことに、強い違和感があります。

 

NTT・docomoでセット割が実施されれば、他の企業はさらなる値下げのために自由競争が活発になるんじゃないでしょうか。 あまりにNTT側の支配力・影響力が強いので、自由競争が阻害されるっていう主張なんでしょうけど… 「俺らは競争したくないからNTTはそのまま高い料金を維持しててくれ」と言っているようにしか聞こえない件。本音はそこにあるってのが見え見えなのがアレ…

 

Softbankの孫正義氏なんかは、自分が携帯電話事業に価格破壊を起したみたいに言っていますが、それでも他の業界からすると価格競争なんてほぼないような状況なんじゃないかと思っています。パケ放題の価格にしても、横並び状態でカルテルでも組んでるんじゃないかって疑惑があると聞きますし。

 

どんどん競争してほしい

NTT法はNTTを縛っていると同時に、非NTT連合の「言い訳」にもなっているんじゃないかと思ってしまいます。

 

わたしは、経済にはあまり詳しくありませんが、NTT法を規制緩和してどんどん競争してもらった方がいいんじゃないかなぁと素人感覚で思ってしまいます。何より、わたしドコモユーザーですし… 競争自由化ってあんまり好きじゃありませんが、通信事業者に関しては規制が強すぎる気がしないでもない。

 

今回の非NTT連合の意見・要望が今後のNTT法にどう影響していくのか…推移を興味深く見守りたいなぁと思っています。

 

ニュース記事引用

マイナビから引用

イー・アクセス、KDDI、ソフトバンクの3社は、総務大臣に対してNTTグループの規制緩和に関する要望書を提出した。携帯事業者に加えて、CATV事業者、DSL事業者など65事業者・団体の連名となっており、NTTグループ内でのサービス連携を可能にするなどの規制を緩和する動きに反発を見せている。

 

今回の動きは、2月に情報通信審議会に諮問された「2020年代に向けた情報通信政策の在り方」について、NTTグループの規制を緩和する方向で総務省が検討を開始した、という報道が相次いだことに端を発した。諮問にもとづき、有識者による「2020-ICT基盤政策特別部会」が2020年代に向けて必要な政策などを議論することになっているが、この場で特定の方向に議論が進められることに危惧を抱いたという3社らが、「結論ありき」で部会を開催するのではなく、「白紙の状態」(藤田元KDDI渉外・広報本部長)で検討が行われるよう要望する形となっている。

 

NTTは、国営の電電公社を1985年に民営化。92年には移動体通信部門としてNTTドコモが分離独立。99年にはNTT再編でNTT東西に分離・分割となり、NTT持株体制に移行した。こうした民営化、分離・分割策は、国策によってインフラを整備するなどしてきたNTTグループの圧倒的なシェアに対して、民間事業者が平等な競争を可能にするための措置だった。完全民営化はまだ実現していないが、こうした取り組みの中で、NTTには強い規制がかけられている。

 

具体的には、NTTグループ内でのサービス連携に関する規制や、高いシェアを持つNTTドコモに対する差別的な取り扱いの禁止といった規制だ。NTTグループは、持株の配下に100%子会社としてNTT東西、NTTコミニュケーションズがあり、NTTデータは54.2%、NTTドコモは66.6%の株式を保有している。NTT東西は音声で76%、FTTHで72%、ドコモは45%、それぞれ市場シェアを獲得しており、「支配力は相当に強い」(徳永順二ソフトバンク常務執行役員 財務副統括担当兼渉外本部本部長)。

 

関連記事

8edff693d9f0d822cac459da087e6727 600x425 au、SoftBank、イー・アクセスがNTTdocomoグループの「セット割」規制緩和に関する要望書を総務大臣に提出 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • 通りすがり
    • 2014年 4月 05日

    au、SoftBank、イーモバはNTTに回線料金払ってるからNTTでそれが出来るならそれを無くさなければならないとかなんとか

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る