2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

AUKEY「CB-D16」性能にもこだわったiPhone用ライトニングケーブル

iPhoneやiPadなどのアップル製品ユーザーなら、誰もが必ず持っているライトニングケーブル。Android端末などで使われるmicroUSBケーブルと違って独自の形状であるため、端末に同梱されていたケーブルをずっと使い続けているという人は少なくないのではないでしょうか。

しかし使い続ければ摩耗はするし劣化もします。そんなときに備えて、予備のケーブルを1本持っておいても損はありません。

ということで今回は、AUKEYが提供するアップル製品互換のライトニングケーブル「CB-D16」を紹介いたします。





梱包品をチェック

「CB-D16」はケーブルそのものです。1商品につき1本のケーブルが入っています。箱は当然小さく、はがきよりも小さいサイズですね。

161211lig 01 AUKEY「CB D16」性能にもこだわったiPhone用ライトニングケーブル

箱を開けてみると、本体のケーブルのほかに説明書が入っているだけです。

161211lig 02 AUKEY「CB D16」性能にもこだわったiPhone用ライトニングケーブル

説明書は英語で書かれており、日本語での説明はありません。しかしケーブルという商品の性格上、特に説明書がなくても問題ないですね。

161211lig 03 AUKEY「CB D16」性能にもこだわったiPhone用ライトニングケーブル

ケーブルをチェック

肝心のライトニングケーブル本体をみてみましょう。写真で分かる通り、iPhoneなどに同梱されている純正のケーブルと違い、ケーブルの形状が大きく異なっているのがわかります。

161211lig 04 AUKEY「CB D16」性能にもこだわったiPhone用ライトニングケーブル

太さは純正品とさほど変わりませんが、丈夫な素材が使われているようです。「高耐久ナイロンケーブル」を使っているとのことで、確かに丈夫で強く曲げても壊れない印象があります。

161211lig 05 AUKEY「CB D16」性能にもこだわったiPhone用ライトニングケーブル

コネクタ部分を見てみましょう。コネクタにはアルミニウム合金を採用し、品質を重視した仕様になっているのが特徴です。導電率に優れ、電気抵抗を低く抑えることで効率的に充電できるようになっています。ちなみに「CB-D16」は急速充電に対応しています。裏表のない8ピンコネクタを採用しているので、差し込み口の向きを気にする必要もありません。

161211lig 06 AUKEY「CB D16」性能にもこだわったiPhone用ライトニングケーブル

ケーブルの長さは1.2メートル。十分な長さを確保しているため、パソコンや電源が多少離れていてもiPhoneなどを接続することができるでしょう。

161211lig 07 AUKEY「CB D16」性能にもこだわったiPhone用ライトニングケーブル

実際に差し込んでみよう

実際にiPhoneに差し込んでみましょう。当然といえば当然ですが、問題なく認識され、充電することもできました。

161211lig 08 AUKEY「CB D16」性能にもこだわったiPhone用ライトニングケーブル

純正品と違ってケーブルがしっかりしているため、ケーブルが絡みにくくなっているようです。ケーブル表面が類似するケーブルと大きく異なっているため、他のケーブルと見分けがつきやすいのもありがたいですね。複数の端末を所有している場合、ケーブルがどの端末に接続しているのかわかりにくくなってしまいます。「CB-D16」を使えば、そんな心配はありませんね。

161211lig 09 AUKEY「CB D16」性能にもこだわったiPhone用ライトニングケーブル

使ってみた感想

ケーブルなんて充電できれば十分、と思っていましたが、電気の抵抗や導電率などの違いで品質が異なっていることに驚きました。「CB-D16」はそんな品質にこわだった仕様である点は評価できるでしょう。

しかし、あくまで役割はケーブルとして端末をパソコンや電源に差し込んで接続するためのもの。そう割り切ると、やはり「つながれば十分」と思う気持ちは脱ぎ捨てきれません。「CB-D16」の場合、本体価格は1000円前後。iPhone互換のライトニングケーブルといえば現在、100円均一でも見つけることができるようになっています。もちろん品質は悪く、中には粗悪品が含まれているかもしれません。しかし充電できればなんでもいい、という人もいるはず。そんな人には「CB-D16」は必ずしも向いていません。

iPhoneなどのアップル製品を所有していることがステータスで、関連する周辺機器なども相応の金額をつぎ込んでいる人には、ケーブルにもこだわるべき。そんな人に「CB-D16」は向いているのではないでしょうか。純正のケーブルをいつまでも使わず、高品質なケーブルへとステップアップしたいという人にオススメです。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る