2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ラスベガスで始まった自動運転シャトルバス、初日に事故も責任は無し。続けて欲しい

ドライバーの乗っていない自動運転が知らない間に世界中でどんどん実装されているようです。今回はシャトルバスがラスベガスで運行開始。初日の事故なので何とも言えませんが、悪いのはこの車ではありません。



アメリカ・ラスベガスの市街地でついに運行が始まったアメリカ初の自動運転シャトルバスが、運行初日の走行開始からわずか1時間で大型トラックと接触するという事故に巻き込まれてしまいました。

A self-driving shuttle in Las Vegas got into an accident on its first day of service – The Verge
https://www.theverge.com/2017/11/8/16626224/las-vegas-self-driving-shuttle-crash-accident-first-day

Self-driving shuttle bus in crash on first day – BBC News
http://www.bbc.com/news/technology-41923814

道路の一車線をふさいだ状態で停まる2台の車両。左の青い自動運転シャトルバスの左前に、バックで車庫入れしていたトレーラーのヘッド部分が接触してしまったそうです。

cap00017 m ラスベガスで始まった自動運転シャトルバス、初日に事故も責任は無し。続けて欲しい


今回の事故に巻き込まれたのは、最大で15人の乗客を乗せてラスベガス市街地を自動で巡回するシャトルバス。アメリカ自動車協会(AAA)とラスベガス市、そしてフランスの公共交通運行会社「Keolis」が共同で運行しているもので、フランスのスタートアップ「Navya」によって開発・製造されています。最高速度は45km/hですが、通常の運行時は25km/hで走行するようになっているとのこと。

via: ラスベガスで運用が始まった「自動運転シャトルバス」が運行初日にいきなり事故に巻き込まれてしまう – GIGAZINE

 

事故の状況確認

私は今回の事故が自動運転の制度化の妨げにならないことを心から祈ります。今回の事故はどう考えてもトラックの運転手側の過失です。通常の運転でだって事故は起こるのですから、自動運転車が事故を起こしたからって自動運転が悪いというロジックにはならないことは最初に確認しておきます。

 

自動運転はかなりゆっくり運転していました。そこにトラックがバックで駐車しようとしていた模様。そこで自動運転車は一度停止したのですが、トラックの運転手はその存在に気づかずバックし続けてしまって接触。軽微な事故でしたが、とにもかくにも衝突してしまったわけです。

 

これはどう考えても後方不注意のトラックの運転手が悪いので、自動運転自体が危ない技術だということでは一切無いということを個々に確認しておきたいと思います。もちろんより改善することは可能で、今回のような場合はクラクションを鳴らす、少しだけバックするなどの機能があればより良かったかもしれません。そしてこれは人が運転していても同じように反省するだろうから、やはり自動運転のせいではありません。

 

自動運転が始まっている!

それよりも、やはり驚くべきはこうやって世界中で既に自動運転が始まっていることではありませんか? 技術としては可能かもしれないと言われ続けている内に、こうやって実際に公道を走っている車があるというのですから技術の日進月歩には本当に驚くべきものがあります。

 

他にもアメリカの他の地域では、タクシーのように使える自動運転の試験がもう始まるということですし、あと1-2年の間に実装される日も近いでしょうね。ただし、今回のラスベガスの自動運転についてはあくまでシャトルバス。すなわち決まったルートを決まった形で運転するというものですから、自動運転の中でも比較的単純な仕組みになっているものと思われます。

 

世界ではどんどん進んでいる技術、日本ではどうかなと調べてみてもまだまだ問題外。どうやら日本は自動運転に関しては徹底的にリスクを避ける方向でいくようです。今回の事故も、もし日本でやったら数年間自動運転の研究が止まってしまいそうなくらいのものですよね。うーん、科学立国の道は暗い。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る