2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

自動運転技術開発に陰りか? 初の人身事故も「人だって事故を起こす」のだ

Uberの自動運転車が人身事故を起こし、死亡者が出ました。これに合わせて相次いで各社が実験を停止。それでも開発は絶対続きます。人だって人を轢くんだしね。



アメリカで配車大手ウーバーの自動運転の車が実験中に歩行者をはねて死亡させる事故が起きたことを受けて、トヨタ自動車は、アメリカで行っている自動運転の公道実験を、一時中止することを明らかにしました。 この事故は、今月18日深夜、アメリカ西部のアリゾナ州で配車大手のウーバーが自動運転の車を公道で走らせる実験を行っていたところ、この車が歩行者をはねて死亡させたものです。 これを受けてウーバーは、アメリカ各地で行っていた公道での自動運転の走行実験をいったん中止することを決めましたが、アメリカにあるトヨタの子会社、「トヨタ・リサーチ・インスティテュート」もカリフォルニア州などで行っている公道での実験を一時中止することを明らかにしました。 その理由についてトヨタは、「今回の死亡事故が自動運転の実験を行うドライバーに与える心理的な影響を考慮したため」と説明しています。 今回の事故をめぐっては、アメリカのNTSB=国家運輸安全委員会が原因の調査に乗り出していて、各社の間で加速していた自動運転の車の開発にも影響が出始めています。 via NHK NEWS WEB 自動運転 トヨタも米での公道実験 一時中止

K10011373281 1803210801 1803210801 01 02 自動運転技術開発に陰りか? 初の人身事故も「人だって事故を起こす」のだ

 

新技術には当然あること

まず第一に、この手の事故というのは当然予想されていたことであって、なんにも不思議なものではないことを私達はよく理解する必要があります。自動運転のテストを許可した地域の意思決定機関だって、これはわかっていたはず。恐らく企業や政府からもお金が流れ込んでいたでしょうし、今回の事故1つでこれからの実験が中止になるということにはならないでしょう。

 

何か新しいことを始めるときには必ず犠牲者が出ます。業界がガラッと変われば転職にうまく行かなかった人がたくさん露頭に迷います。原子力を発見した人たちは皆早死しました。これと同じことというのは必ず起きるわけです。新しいことというのはまだよくわかっていないことであって、それをすることによる犠牲が出るのは当然です。

 

もし自動運転のテストは許可していたけれども、しかし事故があるとは考えていなかったなどと言うならそれはあまりにも愚かすぎることです。自動運転のテストの結果人が死ぬことは当然ある。それは最早社会的な前提とされるべきことだったわけですから。今回の実験の失敗で自動運転技術の開発が滞るようなことは避けたいところです。

 

日本でもトヨタが実験の一時中止を決めたようですが、これも何の意味もない。なぜなら、今の時点で恐らく慎重に慎重を期した上で実験しているからです。こういう事故が起きたら諸々大変なことになるのは各社わかっていたことであって、それを避けるためにかなりのリソースを割いていたはずです。

 

人間だって事故をおこす

大体ですね、普段交通事故があって1人亡くなっただけでニュースになるでしょうか。なりません。なぜならそれは余りにもたくさん起きているからです。一つ一つ取り上げても仕方がないのです。自動車社会というのはこのリスクを背負ってやってるわけです。自動車で人が死ぬのを心から恐れているのならとっくの昔に自動車やその免許制度というのは廃止になっていたはずです。

 

リスクに余りあるメリットがあるからこそ、私達はそのリスクを受け入れて生活している。自動運転も同様です。自動運転が実現すれば信じがたいほど便利な社会がやってきます。その未来が素晴らしければ素晴らしいほど、私たちはそれを受け入れていこうと思えるはずです。技術開発の歩みが滞らないことを切に願います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る