2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

広がる新型出生前診断、命の選別だが誰が責められるというのだろう

生まれてくる前に、子どもに障がいがあるとわかったら私は堕ろすだろう…。そんな判断をする人を誰が責められるというのだろう。育てる気もないのに。



妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる新型出生前診断について、日本産科婦人科学会(日産婦)は、厳しい倫理審査などが必要な臨床研究を終了し、手続きなどが簡単な一般診療として認める方針を固めた。希望しても検査を受けられない妊婦がいることから、大学病院や総合病院など全国89カ所の認可施設の拡大や実施要件を緩和できないか検討する。  13日に開かれた日産婦の倫理委員会で、臨床研究終了の方針を確認。早ければ5月の理事会で正式に決める。新型出生前診断は、妊婦の血液中に含まれる胎児のDNAを分析し、出産前に染色体異常を調べる。国内では、遺伝カウンセリングの実施などを条件に2013年4月から臨床研究が始まった。実施が認められた医療機関は全国89カ所(17年10月時点)あり、昨年9月までに約5万1千人が検査を受けた。  一方、無認可の医療機関が日産婦の指針に反して検査をあっせんし、カウンセリングを受けずに結果を知らされた妊婦に混乱が広がるなど問題になっていた。採血だけで結果が分かり、胎児の中絶につながることから、「命の選別にあたる」との批判もある。  認可施設でつくる団体は昨年11月、検査データが蓄積したことなどから、厳しい倫理審査などが必要な臨床研究を終了し、保険適用はされないが通常の一般診療に切り替えることを提案。日産婦は今後、施設の認可を担当する日本医学会と協議し、原則35歳以上を対象とする年齢制限や、対象疾患をダウン症など3種類に限る条件は当面維持した上で、新たな施設の認可要件などを詰める。  日産婦の藤井知行理事長は「予約が取れなかったり、近くに認可施設がなかったりして検査を受けられない妊婦の不利益を解消したい」と話している。(佐藤建仁)

AS20180213005208 commL 広がる新型出生前診断、命の選別だが誰が責められるというのだろう

 

新型出生前診断とは

新型出生前診断というのをご存知でしょうか。簡単に言うと妊娠している間から妊娠している子供が何らかの障害や病気を抱えていないのかを事前に検査することができるというものです。そして当然ながらその結果として障害を持っている子供だと判断されたらその子供を産まずに堕胎するということがよく行われています。

 

むしろ基本的にはそのためにやっている診断と言っても過言ではないほどです。陽性反応が出た場合その母親の実に9割近くが高いを選択しているそうです。これが命の選別に繋がると言われ問題視している人たちは少なくありません。しかし私はその気持ちがわかる一方でどうしても彼らを安易に命の選別をしている悪い形だというふうな評価をされるべきではないとも強く思うのです。

 

いったい誰が彼らのことを責めることができるでしょうか実際のところ人間の多くはできれば自分の子供は優秀であってほしいとか優秀じゃなくてもいいけど優しくあってほしいとか何らかの期待を持っているはずです。

 

苦しく生きろというのか

この何らかの期待をそもそも持つなということはできないでしょう。持つのは構わないが子供を殺すのは良くないという考え方も理解できる一方で、期待には当然失望も含まれておりそれによって苦しむ子供も少なくありません。

 

多くの子供が最も恐れることは親に失望される、がっかりされることです。生まれた瞬間からそのような目線を親から受け続けることが決まっているような子に対しては、果たして生まれてくることが望ましいことかどうか私にはよくわかりません。もちろん産んだ後で自由にどこかに預けることが出来るのであれば産んでもいいかもしれませんがそういうわけでもありません。

 

育てるのはあくまでその母親や父親です。社会として育てるような文化や制度が十分に発達しているのであれば別ですが日本では未だそのような状態になってるとは言えず児童養護施設でも虐待などが行われています。里親制度もまだまだ全然発達していません。そんな中で障害児を抱えるということはさらに難しい問題です。そのような問題を個人の問題として一方的に押し付けておきながら命の選別だからそれは許されないと言うこと自体がむしろ偽善であるのではないかということすら考えるのです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る