2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ルーブル美術館、なんとアラブ首長国連邦に出来る

ルーブル美術館といえば、世界中の美術や芸術好きには最も注目される美術館の1つ。そんなルーブル美術館の名を冠した美術館が初めて本国フランス以外に出来たというのです。



(CNN) アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビに建設されていたルーブル美術館が、予定より5年遅れで今年11月11日に開館する。

 

「ルーブル・アブダビ」は当初2012年の完成を目指していたが、世界金融危機や石油価格の下落を受けて16年に延期され、さらに予定がずれ込んでいた。

 

設計はフランスの著名建築家ジャン・ヌーベル氏が手がけた。本家パリのルーブル美術館の海外進出は初めて。中東の芸術界を代表する新たなUAEの観光名所となりそうだ。

 

2007年、ルーブルの名称使用に同意した本家ルーブル美術館は、美術作品や特別展の貸与にも同意し、運営上の助言も行っている。 開館の年はルーブル美術館などフランスの13施設が所蔵する美術作品300点を展示予定。レオナルド・ダビンチ作「ミラノの貴婦人の肖像」や、クロード・モネ作「サン・ラザール駅」、アンリ・マティス作「マグノリアのある静物」なども含まれる。

 

同館は埋立地に建設されたサディヤット島の西端に位置する。同島には住宅やレジャー施設とともに、グッゲンハイム美術館やザイード国立博物館も建設される予定。ただし両館ともまだ建設はごく初期の段階にある。

 

アブダビのルーブル美術館、11月に開館へ

louvre abu dhabi 1 ルーブル美術館、なんとアラブ首長国連邦に出来る

ルーブル美術館とは

そもそも名前だけは知られているであろうルーブル美術家って一体どんなところなのでしょうか。その凄さがわかってからの方が、このニュースをもっと楽しめること間違いありません。

 

ルーブル美術館とはフランスパリにある、世界最高レベルの美術館の一つです。名だたる芸術家の最高傑作が多く置かれ、日本人にも極めて有名な作品がゴロゴロ陳列しています。例えばレオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザは代表例でしょうか。

 

収蔵品380,000点以上。先史時代から19世紀までの様々な美術品35,000点近くが、総面積60,600平方メートルの展示場所で公開されている。世界で最も入場者数の多い美術館で、毎年800万人を超える入場者が訪れている[2]。フランスの世界遺産であるパリのセーヌ河岸にも包括登録されている[3]。

まさに名実ともに世界最高峰の美術館であるということに異論を述べる人は少ないでしょう。

 

そんなルーブル美術館が、フランスを飛び出す??

そしてこのニュース。なんとルーブル美術館という名前を冠することが許された美術館がアラブ首長国連邦のアブダビに出来るというのです。元々は2012年ころに完成予定でしたが予算ぐりなどの問題でここまで延びてしまっていたようです。

 

しかしながらこの美術館も、ルーブルの名に負けず素晴らしい作品を持つことは間違いありません。それにしても名前を使わせてもらうって相当なお金を払っているのではないでしょうか…流石中東という感じです。

 

また、注目するべきはこの美術館は島に作られるということ、そしてその島には他にも素晴らしい美術館を作る構想があるということです。美術館や博物館も併設することで、一大文化島を作ろうという意気込みが感じられますね。

 

どの館もこれから発展が進むような初期の段階なそうなので、本格的に価値ある場所になるのにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、また中東の文化的なレベルが跳ね上がったのではないでしょうか。

 

終わりに

文化というとどうしてもヨーロッパに偏りがちなところがあり、文化や芸術の価値を決めているのもヨーロッパと言われています(最近は中国が積極的にこの辺りに投資をしているようですが)。

 

そんな中で、中東が積極的に文化資産を接収していくというのは面白い流れです。ただ個人的には、イスラム圏のこれまた物凄い美術的価値ある作品がもっとフォーカスを受ける様になったら良いのにと思います。欧州の文化は一度アラビアに合流して、そこから欧州に戻っていく流れがあったわけですから、源流は意外と重なる部分があるはず。

 

なんにせよ夢のあるニュースです。一度は行ってみたいものですね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る