2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

定額働かせホーダイプランが生むのは今よりもっと酷い労働環境、止まってよかった

過労死を今より増やしたいとしか思えないような制度をなぜ導入しようと考えるのか全くわかりません。政府は国民の福祉のために全力を尽くして欲しい。



安倍晋三政権が今国会での成立を目指した「働き方改革関連法案」から、裁量労働制の拡大を全面的に削除する。発端は厚生労働省の不適切データ。安倍首相が「裁量労働制で働く方の労働時間は、平均的な方で比べれば、一般労働者よりも短いというデータもある」と答弁した、その根拠となるデータだ。  裁量労働制はあらかじめ決めた「みなし労働」時間に基づいて残業代込みの賃金を払う制度で、深夜や休日を除き、いくら働いても追加の残業代は出ない。  現在は弁護士や新聞記者などを対象にした「専門業務型」と、企業の中枢で働くホワイトカラーを対象にした「企画業務型」の2種類がある。これをさらに「課題解決型の提案営業」と「企画立案と現場への展開のPDCAサイクルを通じた社内制度の改善の業務」にも拡大しようとしていた。前者は法人の顧客にコンサルティングを兼ねてサービスの提案をする営業職、後者はメーカー企業で主力商品の改善を目指して企画・製造から商品の売れ行き調査などプロジェクト全体の評価を担う管理職などを想定。しかし、 「どのような労働者が何人くらい対象になるのか、実はよく分かりませんでした。あいまいなものは悪用される危険性が高く注意が必要です」  と言うのは、ブラック企業被害対策弁護団代表を務め、労働問題に詳しい佐々木亮弁護士だ。「商品を単に販売するような一般の営業職は対象外と言われていますが、このご時世にそんな人はあまりいない。多かれ少なかれ顧客の要望を聞き、カスタマイズして提供するはずです。ほとんどの営業職の人が裁量労働になってしまう可能性もありました」(佐々木さん)  管理職の定義もあいまいだった。会社に「リーダーとしてプロジェクトを評価して」と言われば、部下の人数や社内の地位にかかわらず対象になったかもしれない。  厚労省は違法に適用されないように、人事担当者などに指導を徹底するとしていたが、具体策は不明なままだった。年収要件もなく、契約社員や最低賃金で働く人も対象になり得る。みなし労働時間より長く働いて最低賃金を下回ったとしても。 via AERA dot 裁量労働制は「定額働かせ放題」なのか すでに精神障害患う人も

2018030500016 1 定額働かせホーダイプランが生むのは今よりもっと酷い労働環境、止まってよかった

 

既に狂っている日本の労働環境

今回の事にこれだけ多くの反対の声が上がったことに私は未だに驚いています。日本はこれまで様々な労働者にとって不利益な法案を通してきましたが、さすがに今回のものはあまりにも酷すぎたのでしょうか。

 

世論が未だに政策に影響するということが分かって非常に嬉しく思うと同時に、多くの社会問題に対する政府のアクションに対して大きな声が上がらないのは、結局多くの人にとって当事者性がないからなのだなあという残念な思いもあります。労働問題は当事者が非常に多いので問題視されたのですね。

 

実際問題、もし今回の法案が通っていれば、一歩間違えればそれでなくても多い過労死をさらに深刻な問題にすることにする、日本にとって全くメリットがないほうになるところでしたから、本当になくなって良かったと思っています。

 

転職市場がもっと必要

そもそも日本の労働というのは本当に狂っていてこれほど過労死が多い国というのは他にありません。労働時間が非常に長く、また転職に寛容な雰囲気がまだまだ弱いため、会社を出ることが非常に大きなリスクだと思われてしまっています。

 

明らかにその環境にない方がいいにもかかわらず、他の会社に行くことの方がリスクだと思ってしまっているのは、転職が未だに当たり前の選択肢として出てきていないからです。一刻も早く転職市場や文化というものが成熟することを祈っています。

 

働き方改革が進まない一番の理由は多くの人が転職を非常にリスキーなものだと考えているからです。もし他の仕事に就けなかったらと思うと今の仕事を何としてでも継続したいと思うのは人間の当然の感情ですが、そのままいたら鬱になって潰れてしまって人生がボロボロになると思ったら、すぐさま転職活動を開始するべきでしょう。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る