2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ブラック企業代表のNHK、働き方改革を宣言するも遺族は厳しい対応

本来であれば企業のブラックさを暴く側の存在であるNHKが過労死を生んでいたとしてブラック企業認定された昨今、働き方改革に向けてようやく動き出すようです。



NHKの上田会長は、7日の定例の記者会見で、NHKグループの業務に携わるすべての人の働き方を抜本的に見直すとした「働き方改革宣言」を発表しました。

この中で、NHKの上田会長は「4年前に、東京の首都圏放送センターに勤務していた佐戸未和記者を失ったことは、悔やんでも悔やみきれないことだ。これを決して忘れることなく、私を先頭に全員が一丸となって、働き方改革をさらに加速させたい」と述べました。

そのうえで、NHKグループの業務に携わるすべての人の健康を最優先に考え、働き方を抜本的に見直すとした「NHKグループ働き方改革宣言」を発表しました。

そして会長をトップにした「働き方改革推進委員会」を設置し、検討が必要な課題を共有して、解決を図っていくとしています。

具体的な取り組みとしては ▽来年度からNHK本体が制作する番組のスタジオ収録を原則、午後10時での終了を目指す ▽拠点となる放送局を除いた地域放送局での記者の泊まり勤務を、緊急対応の整備を進めながら段階的に廃止することを目指す、などとしています。

NHKはこうした取り組みについて、それぞれの部署で速やかに検討を始め、順次、実施していくことにしています。

via: 「NHKグループ働き方改革宣言」を発表 | NHKニュース

maxresdefault ブラック企業代表のNHK、働き方改革を宣言するも遺族は厳しい対応

 

NHKが過労死を生んでいた問題

散々ブラック企業を叩いてきたNHKが実は過労死させていた女性労働者がいて、しかもそのことを長いことずっと認めてこなかったことが明らかになった昨今、大ブーイングに対応する形でとうとうNHKが働き方改革を大々的にぶち上げたようです。

 

こういう風に、自分だって同じことをしているくせに人のことを批判するのって最もだらしがないというか説得力もないし誠実さに欠けて非常にがっかりさせられたNHKですが果たしてこれから良くなっていくのでしょうか。正直なところ疑問符だらけです。

 

24時間営業はやめよう

今回の具体的な施策の一つに夜22時以降は番組制作をしないと言っているのですが、これって相当無茶な話ですよ。コンビニなどと同じで明らかに今まで働きすぎだし、過剰にサービスを提供しすぎ。

 

夜遅くまで番組を制作したり放送して、そのために人が死ぬくらいだったら制度をまるごと変えるほかない。人を殺してまでやるべき放送なんて中々無いでしょうし、やる必要もありません。

 

最近はとうとう外食産業も24時間営業や365日開店をやめようとしています。人のことを考えたら本来そんなことは出来ないのです。過剰なサービス精神、労働者に負担を課す文化などが色々重なってそんなことになってしまっていたのだと思いますが改善されていると聞いて非常に嬉しく思います。

 

NHKも、無理せずちゃんと休むべき。まあそれとは別にNHKが視聴料金を取っているのは甚だ疑問なのでその議論もしたいところですがここではやめておきます。しかし一つ言えるのは、NHKはいっそ災害時の報道に対する責任だけ追ってその部分だけ国家から税金をもらってやればよく、後はもう民間に任さればいいと思うということですね。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る