2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ブラック企業を無くすには許されない「空気」を作ることが大事 

採用活動に関する企業調査

株式会社ディスコが行った「採用活動に関する企業調査」の結果…特に採用担当者の意見が非常に興味深いことになっているようです。

 

「甘えるな」・「マスコミの情報操作だ」など強い口調で語っている方から、就活生に対して激励の声を飛ばしているような余裕のある方まで…実に様々な意見が出そろっています。

 

この調査結果を紹介しているキャリコネは、厳しい口調で語っている人の会社はきっとブラック企業に違いない、余裕のある人の会社はホワイトだ…と決めつけて記事を書いています。回答には具体的な企業名は書かれていないのであまり決めつけない方がいいかなぁ、ともw





ブラックの自覚がない採用担当者

ただ、まだまだ時代錯誤…というよりコンプライアンスというものをしらない採用担当者が多いんだなぁとしみじみ感じさせてくれる調査結果でした。法令の範囲内なら問題ないし、有休をとりづらい雰囲気があっても問題ない、というような姿勢の会社もまだまだ多い。というより、中小企業なんかでは多数派なんでしょう。

 

すき家を巡る動きを見ている限り、ブラック体質な会社は徐々に淘汰されていくんだろうなぁと思っています。

 

ブラック企業を無くすには法規制だけでは足りない

単に法律で規制するだけでは不十分。法律・罰則に実効性を持たせるためには、「空気」「世論」を動かしていくことが非常に大切です。 飲酒運転はいけないことだ、というのは随分前から法律で定められていましたが…道徳的にもいけないことだって空気が醸成されはじめたのは、2006年の福岡海の中道大橋飲酒運転事故以降のような気がします。もちろん、罰則強化も効いたでしょうけど…罰則を強化するべきだという声が強まったのは、悲惨な死亡事故などが相次いで報道されて「空気」ができてきたからです。

 

ブラック企業駆逐のためにも、この空気を作っていくのが大事です。いまや、Twitterなどで簡単に内部事情を暴露することができますし、ネット世論もアンチブラックの方向で動き出しています。「ネットの声」による世論の誘導・形成には、多くの問題があるのも事実ですが、影響力・迅速性・拡散力の点では目を見張るものがあります。

 

採用担当者も、古臭いブラック体質な考え方を保ち続けていると、「空気」から排除されてしまいかねないってことを知っておくべきかもしれません。 わたしは自営業やっているんでブラック企業とは無縁ですが…ブラック体質で体育会系な思考の持ち主は嫌いなんで、今後もどんどんブラック叩きしていきます。

 

記事引用

キャリコネ:ブラック企業の採用担当者の反論が興味深い 「目標に向かって頑張っている人もいる」 から引用

 

株式会社ディスコが、就活生と企業双方を対象とした「採用活動に関する企業調査」を実施し、結果を公表している。この中の、全国1006社の採用担当者のコメントが興味深い。

 

コメントは一様に、「ブラック企業」に入社しないよう警戒感を強める就活生に批判的だ。中には、メディアの報道による悪影響を指摘する担当者もいた。(人事コンサルタント:深大寺翔)

 

「どんないい会社に入っても不満を言う」と決めつけ

 

アンケート結果には、回答した担当者の勤務先は書かれていない。しかしコメントの中身を見ると、自社をブラック呼ばわりされていそうな担当者の答えには、どことなくトゲがある。ある中堅商社の担当者は、

 

「ネットや友人からの情報で『あそこはブラック企業だ』と決めつける学生は、恐らくどんないい会社に入っても、不平不満を言う学生である」(商社/従業員300~999人)

 

と決めつけている。もしかすると自社に対するブラック企業疑惑で、採用活動にも支障が生じているのかもしれない。

 

とはいえ、企業によって労働環境は大きく異なるのは、疑いのない事実である。ブラック企業への就職を回避して、満足できるホワイト企業への就職を果たした人も存在するのだから、この言い分には無理があるというものだろう。

 

「マスメディアがブラック企業について過剰に煽り立てているため、就活生は疑心暗鬼になって企業を見つめていると思います」(建設・住宅・不動産/1,000~4,999人)

 

と、メディア批判を展開しはじめる担当者もいる。しかしブラック企業を告発し批判しているのは、なにもマスコミや就活生だけではない。政府もその存在を認め、調査によってかなり酷い事例も明らかになっている。

 

逆に、まだまだ告発されないケースも多く残されているはずだ。現在働いている若手会社員からも、こんな理不尽はおかしいというインサイダー情報が口コミサイトに多数あがっていることを、採用担当者は謙虚に受け止めるべきだ。

 

「残業ゼロ」「有休100%」をなぜ当然と考えないのか

 

採用担当者の中には、いわゆる「洗脳」が解けていないようなコメントもあった。

 

「基本は法令順守・コンプライアンスだと思う。労働条件の違いは、各種法令の範囲内であれば、当然存在してしかるべきであり、過酷な労働(残業時間の多さや有給休暇の取りづらさ等)や人間関係の悪さだけにスポットをあてるのは疑問に感じる」(素材・化学/300~999人)

 

この担当者は、就活生を含め若手会社員たちが「残業」を前提とした労働をおかしいと考えているということに気づいていないようだ。また、「有給休暇の取りづらさ」を許容しているようだが、なぜ100%取得が当たり前と考えないのか。

 

おそらく「そんなことは無理」と考えているのだろうが、本当は心のどこかで、本気でやろうと思えばできることを感じているに違いない。

 

これまで当たり前とされてきた慣習に対して、学生たちは「そんな条件では働きたくない」と言っているのであり、これを事実と認めて労働環境を改善できる採用担当者だけが、優秀な人材を獲得できる時代といっていいだろう。

 

当然、このような発想の転換をすでに済ませた担当者もいる。

 

「学生のブラック企業に対するイメージを払拭するためにも、入社後の仕事内容や、勤務状況など、明確にするべきだと思う」(エンターテインメント/300~999人)

 

自社の労働条件の改善を済ませ、どこにもやましいことのない担当者のコメントには、就活生を責めるトーンは感じられない。どこか余裕すら感じられる。

 

「(学生は)処遇面や評価制度については、入社の意思を確定するまでに調べておく、もしくは人事部門に確認すべきです」(商社/5,000人以上) 「インターネットの口コミサイトなどでしっかりと情報収集し、会社の良し悪しを確認してから就職先を決めて欲しいと思います」(サービス業/300~999人)

 

将来性のない業界に入りたくないのは当然

 

ブラックと呼ばれる企業が多く、それでも労働環境の改善が進まない業界からは、ほとんど開き直りのようなコメントもあがっている。

 

「ブラック企業と言われる企業の中でも、活躍し、やりがいを感じ、目標に向かって頑張っている方は多くいる」(スーパー・コンビニエンス/~299人) 「ブラックは嫌だという前に自分は何がしたいか、どんな道で人生を歩んでいきたいかを考えるべき!」(水産・食品/300~999人)

 

ブチ切れ気味の担当者にアドバイスしたいのは、学生たちはまったくストレスのない職場で働きたいと思っているわけではない、ということだ。そこで働くことで「将来的に自立して生きていける力をつけたい」と真面目に思っているのだ。

 

収益性が低迷し、将来の成長性に乏しい業界に入るということは、自分の首を絞めることになる。採用担当者だって、もしも人生をやり直しできるとしたら、そんな会社に入りたいとは思わないはずだ。

 

その会社で働くことが、若い人たちにとって本当に将来性のあることなのか。その問いに自信を持ってうなずけないなら、採用担当者は若者を批判する資格はないだろう。

 

関連記事

 

9890db20b379747051f217bea36d7ca3 600x450 ブラック企業を無くすには許されない「空気」を作ることが大事 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (6)
    • キジトラさん
    • 2014年 5月 16日

    最近のブラック企業叩きって中国・北朝鮮・韓国が工作員使って扇動してるってホント?

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 16日

    どうした
    やけにマトモな記事じゃないか

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 18日

    製造業や通販のような形態のサービス業が機械に仕事を奪われるのは自然なことだけど、
    スーパーの店員すらセルフレジで削減される時代だし、効率化された社会では新規採用以前に
    既存の正社員すら余剰人員として削減されるからね。
    若者も決して楽な仕事がしたいわけではないだろうよ。努力と運で優良内定を勝ち取っても
    20~30代を楽な仕事で過ごしてしまえば、不景気の波が押し寄せれば転職市場で何の価値もない
    リストラ候補者の出来上がりだもの

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 19日

    良い記事ですね。
    確かにブラック企業は開き直ってる人が多い気がします。
    以前勤務していた所は、どこも一緒が口癖でした(笑)
    一方できちんと法令遵守しようってところも増えてると思います。

    ※1
    あの人たちも役に立つんですね。

    • キジトラさん
    • 2014年 5月 19日

    ※1
    あいつらも役に立つんだなw

    • キジトラさん
    • 2014年 7月 29日

    まともな記事すぎて驚いた

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る