2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ブラインドタッチを習得するコツ

ブラインドタッチ

より早くコンテンツを作るためには、ある程度のタイピング速度が必要となります。タイピングを早くするためには、ブラインドタッチ(タッチタイプ;キーボードを見ないでタイピングすること)の習得が不可欠です。

 

今回は、わたしがブラインドタッチを習得した方法を紹介していこうと思います。



配列を覚える

まず、キーボードの配列を頭に叩き込みましょう。

 

…それができたら苦労はしない?そうかもしれません。しかし、見ないでタイピングするためには、ある程度の気合い・暗記は必要となってきます。

 

フォームポジション

ただ叩き込むだけでは不十分。タッチタイプをするためには、フォームポジションも覚えなければなりません。大体のキーボードには「F」と「J」に出っ張りがあるはずです。そこに人差し指を置いた状態を頭に叩き込むわけです。

 

で、指ごとに担当するキーを覚えていきます。左手小指は「QAZ」、左手人差し指は「RFVTGB」…これを機械的に覚えていくのは至難の業でしょうから、ちょっと工夫をしていく必要があります。

 

わたしの場合には、ABCDEFG…とアルファベット順にキーを打ち込む作業を何度も繰り返しました。それに慣れたら、あいうえお順で打ち込みます。最初はキーを見ながらでもいいですが、慣れてきたら必ず「キーを見ずに打つ」練習をしてください。

 

※キーを打った後には、フォームポジションに指を戻すようにしておきましょう。慣れてきたら毎回ポジションを戻さなくても打てるようになりますが、慣れるまではフォームポジションとキーとの位置関係を意識する必要があります。

 

あとは見ないで打つ練習

毎日チャットをしていたり、ブログを書いたりしている人であっても(だいたいのキー配列を覚えている人であっても)、見ないで打つ練習をしていなければ、ブラインドタッチは習得できません。

 

実際にキーボードがない状態で、再現練習をしてみるという方法も割と有効です。わたしは、お風呂に入っているときなどに、ABC…あいうえ…と思い出しながら空打ちしていました。

 

フォームポジションとキー配列を覚えこむまでは、タイピング速度は気にしないようにしましょう(きっと見ながら打った方が早いはずです)。遅くてもいいから、見ないで打てるようになる。これが第一目標です。

 

見ずに打てたらあとは実践あるのみ

見ずに打てるようになってからは、実践で毎日タイピングをして徐々に速度をつけていくしかありません。わたしの周りでは、ピアノをやっている人は上達が早かったです。

 

ライター仲間の中には、毎日仕事をする前にタイピングゲームをやっていた人もいました。タイピングゲームは有益な教材ですが、必ず見ないで打てるようになってからやるようにしましょう。見ながら打つと練習にはなりませんw

 

ちなみに、指の担当キーはそこまで気にしなくても結構です。特に、右手の小指は担当が多く、「-」など多用する文字もあるので、相当の負荷がかかります。わたしは、「P」「ー」などは右手薬指で打つこともありますw基本が大事ってのは事実ですが、自分なりにアレンジするのもアリだってくらいの感覚で問題ないでしょう。

 

管理人が書いた「サラリーマンが副業としてブログで稼ぐ方法」の記事一覧はこちら

私が書いた「ネットビジネスを専業にして生活していくための方法」の記事一覧はこちら

 

関連記事

 

e67991284a3e787253b9af0e217899c6 600x450 ブラインドタッチを習得するコツ




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • キジトラさん
    • 2014年 10月 28日

    マジレスするとネトゲ。

    ただしブラインドタッチと引き換えにいろいろ失う。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る