キジトラ速報

ブログのテーマを選ぶときに考える7つのこと 
2014/08/28 20:02  コメント (3)
  • follow us in feedly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 副業に最適なブログサービス

    管理人です。

     

    定期的に連載していく「サラリーマンが副業としてブログで稼ぐ方法」の2回目ですが今回のテーマは「ブログで何を書けばいいのか?」にします。ちなみに第1回はこちら。

     

     ブログのテーマを選ぶときに考える7つのこと サラリーマンが小遣いを稼ぎたいならブログでアフィをやれ! : キジトラ速報



    1.興味あるものにする

    副業で目指すべきは短期で高額ではなく、少額でもいいので継続して稼げるようになることなので、長続きさせられるテーマを選びましょう。金だけをモチベーションにできる人は収益最適化の事だけ考えてればいいですが、俺みたいな集中力ない人にとってつまんないことをずっとやるのは苦痛ですからね。

     

    そのためには興味あるものをテーマに選ぶことが大事です。わざわざ専門外の分野を勉強してまで書くのはかったるいし、嫌々やった所で長続きはしません。毎日嫌々会社行ってるのに家帰ってまでクソ真面目に働きたくねーよって人は、なるべく「仕事」「勉強」「努力」を減らして「趣味」「効率的」「楽」を増やした方がいいです。

     

    2.でもテーマを絞り過ぎないほうがいいと思う

    ただし、1個のテーマに絞りすぎるのもあまり良くないと思います。よほど熱中している趣味があるなら1つのテーマをずっと書き続ければいいですが、今あなたが思い浮かべた自分の好きなこと、数年間毎日のように記事書く自信ありますか?途中で飽きたりしませんか?

     

    多分ほとんどの人はすぐに飽きてやめると思います。なのでテーマは絞りすぎないほうがいいです。うちはガジェットとかロックとか文学とかハロプロとか政治とか歴史とかネコとか壁紙画像とかネトウヨとか金儲けとか時事問題とかなんでも有りですけど、全部俺の趣味や引き出しとつながっているので楽に書けます。ガジェットに飽きたらネトウヨ煽ればいいし、ネトウヨに飽きたら文学評論書けばいいし、その日の気分で適当に記事出してるのですごく楽しいわけです。会社だったら指示されたことを嫌々やらなくてはいけないのでこうはいきません。

     

    あとネタ切れの問題もあります。例えばサッカーブログを作るにしても1チームのことだけを扱うより、Jリーグ全般とかプレミアリーグとかテーマを広げておくとネタ切れの心配はありません。ただし、常連を掴むにはある程度の専門性が必要ですし、あまり広く浅くやりすぎるとサイトの特徴が出なくてつまんないので、その辺りはバランスを考えましょう。うちみたいにニッチなジャンルを複数扱うってのもありです。

     

    3.時事性のあるものにする

    ニュース、好きなバンドのスケジュール、サッカーの試合結果など定期的に情報が入るテーマを選ぶと書くネタが無いときに役立ちます。うちだったらガジェット関連のリーク記事とかですね。海外のニュースサイトを見るとネタは腐るほど転がってるので好きな記事を適当に選んで翻訳するだけです。今日は何を書こう?から考え始めるとなかなか筆は進みませんし、絶対そのうちネタ切れ起こして書くことなくなるんですよ。ネタは自分の中から探すのではなく他所から拾ってくるものです。

     

    あと時事性が高い記事はSEO対策としても有効です。うちの場合この記事を書いている8月22日現在「Xperia Z3」や「Galaxy Note4」でググると1ページ目に表示されるわけですが、発売日までこの状態を保てたなら、みんな検索して大量に人が押し寄せてくるので一気にPVが上がります。

     

    4.時事性が無いものも必要

    それとは逆にストックとして時事性の無い記事を作っておくのも大事です。うちの場合は壁紙画像とか音楽関係の2chまとめとかですね。暇な時大量に作成して予約投稿しておけば休みの日はブログを書く必要ありません。PVを伸ばす上で毎日記事書く事は大事ですが、休み無しで書き続けるのって想像以上に疲れるので量産可能なネタも用意しておきましょう。

     

    5.外注できるネタも必要

    最初のうちは全部1人でやることになると思いますが、副業の主な目的はどれだけ楽して稼げるかってことです。最終的には自動収益化するのが理想なので、外注できるネタも用意しておきましょう。うちの場合は壁紙や安売アプリ情報ですね。全部安値で副管理人に作ってもらっています。

     

    ちきりんとか金融日記の藤沢数希氏みたいな書き手のパーソナリティや知識を売りにしているブログは確かにすごいんですけど、あんなん誰でも書けるもんじゃないし全部自分で書くのってすごい面倒臭いんですよ。独自性と収益やPVってあんまし関係ないので、自分以外の人でも書けそうなネタを作っておく事も大事です。目的は立派なブログを作ることではなくブログで金を稼ぐことなので。

     

    6.クリック単価の高いテーマを選ぶ

    ここまでは継続的に記事を量産するための方法を書きましたが、収益を伸ばすのも大事です。例えばGoogle AdSenseやマイクロアドなどクリック保証式の広告は、サイトのテーマや閲覧者の履歴から判断して最適な広告を自動で表示してくれます。うちのサイトだとPCやスマホ関連の広告が多いはずです。

     

    その際に単価が高い広告と低い広告ってのがあるわけです。一般的に単価が高いのは

     

    • 金融
    • 住宅
    • ダイエット
    • エステ
    • 保険
    • 医療
    • 浮気や結婚

     

    など。これらをテーマにブログを書くと収益率は大きく上がります。

     

    他にはGoogle AdWordsを使って単価を調査する方法もあります。「iPhone」とか「クレジットカード」とかターゲットにしたいワードを入力すると、広告主の数やクリック単価を教えてくれるわけです。収益最適化を考える際、特定のワードを狙って検索上位を取ることはすごく大事なのでこのやり方は今度別記事で説明します。

     

    7.アフィの場合は成約率を考えよう

    広告にはクリック保証だけではなく成果保証式のもあります。有名なのはAmazonアフィリエイトや楽天、A8,バリューコマースなど。これもサイトのテーマによって成約率は大幅に変わってきます。例えばAmazonアフィに強いのはガジェット、アニメ関連、おもちゃ、書籍など。家具や旅行、食品などは楽天との相性がいいですね。

     

    サイトを作った上で最適な広告を選ぶのはもちろん大事ですが、収益を最優先するならどの広告を使って収益化するのかを考えた上でテーマを選ぶのもありです。

     

    とりあえず長続きさせることが大事

    以上です。6~7で収益最適化について少し触れましたが、月に数万円程度の稼ぎならどのテーマを選んでも可能なので、まずは1~5だけ考えればいんじゃないでしょうか。お金の前にまずは長続きさせるため少しでも労力を減らすのが大事です。

     

    前回の記事で質問を受け付けた時「ブログでお金を稼ぎたいけど何を書けばいいのかわかりません」とメールを送ってくれた方がいますが、そりゃ当たり前ですよ。よほど自己主張強い人で無い限り毎日書きたいことなんてありません。「書きたいこと」じゃなくて「楽して書けるネタ」を探しましょう。

     

    関連記事

     

    6a065b163804170841be3080f78f785a ブログのテーマを選ぶときに考える7つのこと 


    カテゴリー ブログ サラリーマンが副業としてブログで稼ぐ方法

    関連記事
    コメント一覧
    1.  
      2014年8月28日21:49  ID: NTU4Njk1M

      >ガジェットに飽きたらネトウヨ煽ればいいし、

      直球すぎてワロタw

    2. 2014年8月29日3:25  ID: ODg1ODg2M

      朝日新聞の株式は購入できない!!! 株価も存在しない!!! 主要株主が創業一族と社員で占められる独裁支配企業だった!!!

    3. netuyobaka
      2014年9月7日21:44  ID: MTgwNjkzN

      羨ましいなー!
      煽られてるのはネトウヨより俺たちの気がするが
      そんなにもうかってるなら同朋にも還元してくれ!!!w

    コメントする

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    サイトマップ