2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

Bluetooth 4.2が正式発表へ-転送速度が2.5倍高速化へ

ガジェットギーク 管理人の つばくろ です。

 

Bluetooth Special Interest Groupは、無線通信規格の「Bluetooth 4.2」を正式に発表を行いました。主に省電力化・安全性・通信速度の向上が行われました。





Bluetooth 4.1からの変更点-①

Bluetooth 4.1では「IPv6」が、Bluetooth 4.2では「6LoWPAN」がサポートされました。

 

「6LoWPAN」はIPv6よりも省電力なインターネットプロトコルでIoT(モノのインターネット)を最適な形で形成できる規格でもあります。また端末にゲートウェイ機能をつけることができ、Bluetooth 4.2が搭載したデバイス同士でインターネット接続が出来るようになりました。(2015年初頭より)

 

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373 Bluetooth 4.2が正式発表へ 転送速度が2.5倍高速化へ

 

Bluetooth 4.1からの変更点-②

Bluetooth 4.1よりも安全性が向上しました。

 

Bluetooth 4.2では予め権限を付与されたユーザーのみしか情報にアクセスが出来ないようになりました。これにより権限が付与されていない第三者からの監視がされる可能性が無くなります。

 

また、Bluetooth 4.1よりもセキュリティ機能全体を強化し、業界最先端の保護が行えるそうです。

Bluetooth4.2 Bluetooth 4.2が正式発表へ 転送速度が2.5倍高速化へ

 

Bluetooth 4.1からの変更点-③

通信速度も向上しました。Bluetooth Smartと比べ 転送速度が2.5倍高速化されました。省電力かつ、高速化されたことになります。またパケットサイズも従来の10倍になったので効率的にデータを転送できるようになります。ここで指す「効率的に」とはエラーが少なくなることを言います。

 

Bluetooth4.1 Bluetooth 4.2が正式発表へ 転送速度が2.5倍高速化へ

 

Bluetooth 4.2になって期待できること

Bluetooth Smartと比べ通信速度が2.5倍高速化したことでBluetooth テザリングによる利便性の向上、パケットサイズが10倍になったことでワイヤレス・オーディオ機器の音質の向上も期待出来ます。

 

ということでまとめるとこうなります。

 

  • セキュリティ機能が向上
  • 転送速度が最大2.5倍高速化
  • パケットサイズが10倍に向上することで効率的にデータ転送が可能に
  • 6LoWPANに対応したことでIoT接続ができるように

 

スマートフォン等ではBluetooth 4.0が多く見られるためBluetooth 4.2がサポートされるのはまだまだ先になりそうです。

 

ソース:Bluetooth Special Interest Group[1][2]

 

関連記事





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る