2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ぼっちを満喫する方法

ぼっちのコツ

かねてより「ぼっち充」な生活を推奨している私ですが…「大学生の脱ひとりぼっちのコツ」についてのキャリコネの記事を発見して興味深く読ませてもらいました。

 

キャリコネの記事で紹介されていた大学生たちは…

 

  • ぼっち飯研究会、ぼっち飯同好会などを結成して、脱ぼっちになる
  • ぼっちを悲観的に捉えずポジティブに捉えることで、笑いの力に変え、生きていく原動力にする
  • 開き直ってぼっち充になることで、人生を楽しむ

 

などの人生処世術を披露していました。ぼっち同士集まってぼっちじゃなくなるってのはなんか違うなぁとも思いますが、ぼっちをポジティブに捉えるって部分については賛同。



ぼっちだけどぼっちじゃなくなる方法

独りで楽しむことができれば、いつでも思い立ったときに好きなことをして遊ぶことができます。予定の調整なんか必要ありませんし、人のペースに合わせて疲れるなんてこともない。ぼっちは素晴らしいっ。

 

…とはいえ、「ぼっち」なる状況がネガティブに捉えられがちな現代社会では、ぼっちを一人だけで完全に楽しむことは至難の業です。

 

ツイッターなどSNSでぼっちな状況を公開して、それをネタにするってのは「ぼっちだけどぼっちじゃない」的な状況を作ることができる割と有効な方法です。わたしもよく一人で遊んでいるときには、ツイッターで黙々と実況をしてタイムラインを汚しています。別にフォロワーから反応があるわけではないんですが、TLに流すだけで満足してしまう感はある。

 

c4d283024ff34639b57bb7b5ee8701d7 ぼっちを満喫する方法

 

一人で行きにくい場所

さて、ぼっちの様々な魅力について発信してきた私ですが…1人では楽しめないような場所・状況があるのも事実です。

 

おひとりさまでは生きづらいような場所ってのがあります。展望台・動物園・水族館などは典型例でしょう。このような場所も、一眼レフのようなしっかりしたカメラを持っていって写真を撮っていると、割となじむことができます。1人で生きづらいレストランなどは…慣れが必要ですw

 

無理して一般的なリア充がいくような場所に行くのではなく、1人で行ってもあまり浮かない場所をメインにせめるってのがぼっち充への第一歩かとは思います。 美術館、スーパー銭湯などの温浴施設、本屋などは1人でもあまり浮きませんし、1人の方がゆったりと自分のペースで楽しむことができます。たまに友人と美術館に行くこともあるんですが、集合時間と場所を決めて入り口で別行動します。観るペースってのは人によって違いますからねぇ。

 

これからもぼっち充していきたい所存。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告




画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る