2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

防衛省・自衛隊の男女共同参画にある問題点 

防衛省の男女共同参画の問題点

元自衛官作家の数多久遠氏が、防衛省の男女共同参画の問題点について1つの欠点を指摘しています。

 

具体的には、自衛官の配偶者が就職しづらいという問題があるとか…。陸自の幹部級や、海自・空自などは転勤の頻度が高いので、就職しようとしてもなかなか就職することができず、パートをせざるを得ない、という問題。





転勤が多い仕事は他にもある

うーん、これは自衛官だけではなく転勤族全般に言える問題のように思えます。これを男女共同参画と結び付けて論じるってのは、個人的には割と新鮮に感じられました。

 

そういえば、わたしの幼馴染の自衛官は看護師と結婚していた…看護師だったら、どこに行っても割と簡単に就職することができるので、転勤族と結婚してもあまり問題は起きない。これは、数多久遠氏も言及しています。

 

欠点というか盲点

さて、この問題。欠点というより、盲点なんでしょうかねぇ。男女共同参画を語る上では、通常は浮上しない論点なのかなぁと思います。数多久遠氏が言っている通り「欠落している視点」といえるでしょう。

 

確かに、現在では夫婦・家族の在り方が多様化してきていますから、専業主婦・主夫を念頭においた制度設計は時代遅れと言わざるを得ないかもしれません。

 

自衛官は業務上、転勤は避けられない

しかし、自衛官という職業の特殊性・重要性に鑑みると、ライフスタイルの多様化を理由に転勤などを制限するのは好ましくないように思われます。 転勤手当などが自衛隊に存在しているのかどうかはわかりませんが、少なくとも総合職と同じように転勤を当初から覚悟して志願しているはず。 …となると、ある程度の我慢は仕方のないことなのかなぁとも思えてきます。

 

政府が対策をする必要はあるの?

まったく働けないわけではなく、単身赴任やパートで働くという選択肢があるわけですから、過度に不適切ともいい難い状況。 仮に、政府などが対策を講じるとなると、手当を出す(上乗せする)か、自衛官の配偶者を短期間であっても優先的に雇う義務を各企業に課すか…後者は現実的ではありませんし、前者はすでにそれも盛り込まれた上での給料が支払われているのではないかと推測(実際どうなんだろうか…)。政府が特定の仕事を準備するという方法も考えられるかもしれませが、自由なライフスタイルの妨げにしかなりませんから却下。

 

あまり政府側が対策を講じすぎても、かえってプライベートに干渉する事態になってしまいかねないので難しいところ。わたしは、この問題は、政府が策を講じる必要はないのではないかと考えています。

 

記事引用

ブロゴス:防衛省における男女共同参画の問題点 から引用

 

防衛省における男女共同参画に係わる基本計画が更新されています。

 

防衛省における男女共同参画に係る基本計画

 

防衛省・自衛隊というだけでなく、日本社会全体が男女共同参画社会になろうとしている中で、防衛省・自衛隊として、どうあるべきかという方向性を打ち出しています。

 

具体的には、女性自衛官の採用・登用の拡大を計る他、庁内託児所や男性職員の育休取得推進などの勤務環境の整備などが盛り込まれています。

 

社会全体の方向ですし、優秀な人材確保のために必要な施策だと思いますが、一つ欠落している視点があるように思います。

 

それは、男性職員の育休取得推進が盛り込まれているものの、基本的には自衛官の人事制度全体が、配偶者が専業主婦(主夫)であることを念頭に考えられており、防衛省・自衛隊職員は男女共同参画になったとしても、その配偶者までが男女共同参画になるような方向で計画されていないということです。

 

分かりにくい話だと思いますので、実例を出しましょう。

 

自衛官の奥さんが、就業したいと思っても、実際にはかなり困難です。

 

陸自の場合、曹以下は転勤が少ないので、あまり当てはまりませんが、陸の幹部、海空については幹部曹士の別なく、結構な頻度で転勤します。

 

そうなると、奥さんが就業しようとしても、数年しか働けない可能性が高く、どこに行っても引く手あまたな看護師資格でも持っていないと、なかなか条件の良い就業先が見つからないという結果となり、働きたくてもパートでしか働けないという事が多いです。

 

単身赴任すれば良いとも言えますが、家計が2重化するわけですから、収入が増えても支出も増える結果となり、やはり苦しい状態になるでしょう。 それに、家族が一緒に暮らすことと男女共同参画は、背反して良いものでもありません。

 

この問題に対する策は難しいと思いますが、知恵を絞って、何らかの施策を講じて欲しいと思います。

 

関連記事

 

b451f9010149df463556c8c97c597006 防衛省・自衛隊の男女共同参画にある問題点 




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • 2014年 6月 05日

    女性優遇はもうやめろよ。公務員試験なんか、男性であることで採用されにくくなってるじゃんか。
    小保方みたいに、女優遇制度の恩恵を一身に受けた人間なんて

    ろくなことにならんぞ。

    • キジトラさん
    • 2014年 6月 05日

    女の方が稼いでる
    後に同じ方法でやりかえすだけ

    • キジトラさん
    • 2014年 6月 06日

    なんで男女共同参画法が正しいって前提なんだよ

    「平等」の否定されづらさを武器にした究極の悪法だぞ

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る