2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

茶髪染髪事件の学校「生まれつきの色を変えろなんて言っていない」などと供述

意見の食い違いが見える茶髪染髪の学校。大阪で大問題になっていますが、どうやら学校側は徹底的に戦う姿勢を見せるようです。しかもかなり的はずれな形で。これはもう弁護不能でしょう。



松井一郎大阪府知事は10日、府立懐風館高3年の女子生徒(18)が、生まれつき茶色っぽい髪を黒く染めるよう教諭らに強要され不登校になったとして府を提訴したことについて、「学校側に聞き取っているが、生まれついての身体的特徴を変える指導は一切していないということだった」と話した。府庁で記者団の取材に答えた。

 松井知事は、双方の主張に食い違いがあり、学校側の説明を「そのまま信じているわけではない」と強調。事実と異なった場合、「教育者としていかがなものかとなる。訴訟の中ではっきりさせたい」と述べた。

 生徒は約220万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴。10月27日に第1回口頭弁論があり、府側は請求棄却を求めた。

 訴状などによると、母親が入学時に「地毛が茶色なので配慮してほしい」と要請したが、教諭らは黒くするよう強要。何度も染めたのに「不十分」などと指導し、昨年9月から不登校になった。

via: 【女子高生「黒髪強要」訴訟】「生まれつきの身体的特徴を変える指導はない」と松井知事 – 産経WEST

article 001180 茶髪染髪事件の学校「生まれつきの色を変えろなんて言っていない」などと供述

 

いや無理があるだろ

どうしてこう高校というのは何でもかんでも無かったことにしたがるのか本当にわからないんですよね。何がわからないって、もうどう考えてもバレてるのに今更もう隠せないことを無かったことにしようとする態度なんですよね。無理でしょ。これだけ問題になって、先生だってもう言っちゃってたじゃないですか。金髪の外国人だろうと黒髪にさせるとか。もうアウトでしょ。

 

それを、生まれつきの色を変えるようには指示していなかったって、もう何を言っているのかわからない。いや、言っていましたよね普通に。徹底的に戦うにしたってもっとまともなやり方があるでしょうよ。例えば黒髪にしないと就職に不利になるからやったとか、そういう一部の人だけでもいいから納得出来るような論理を持ってくればよいものを、何がそんな指導はしてなかっただよ。舐めてんのかと。

 

これ裁判で争うみたいですけど、誰が一体勝てると思ってそそのかしたんでしょうか。さっさと諦めて払うもの払えばいいと思いますよ本当に。大体生徒の机やら椅子やら無くして戻ってこれないようにするような子供っぽい学校ですから、なんかもう勢いで裁判まで行っちゃんったんだと思いますけれども、端的に言ってお金の無駄ではなかろうか。

 

いじめ問題も同じ

こういう体質はあらゆる場面出てきますよね。事実確認から凄い時間かけておこなったり。いじめとかそれによる自殺問題と全く同じ構図。いやいや、言い訳するのも限界というものがありますよと言いたくなるようなことってたくさんありますが、今回の事件も本当に酷い。

 

もういじめは絶対あったし、そもそも遺書にもそれ書いてるし、それ理由で自殺しているし、周りのクラスメートも証言しているのに事実調査しますからね。いや、あとどうやって事実調査するんですかって、それで事実として認定しないなら後はもう悪魔の証明でしょう。どうやったって証明出来ないじゃないですか、クラスメートの証言とか遺書とか無視するんだったら。そういう馬鹿げたことをやるような高校には本当にうんざりしますね。

 

今回裁判になるなら、こういうふざけた考え、マインドの高校をぼこぼこに敗訴に持っていって欲しいと心から願います。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る