キジトラ速報

【SEO】ブログを運営する上で一番怖いのはGoogle八分
2015/01/07 20:02  コメント (0)
  • follow us in feedly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • Google八分

    あなたのサイトには「価値のない質の低いコンテンツ」が含まれています…ウェブマスターツールにこのような通知が届いたら、Googleの検索結果に一切表示されなくなりパタリとPVが途絶えてしまいます。この状態を「Google八分」と言います…

    ※広い意味でのGoogle八分には、「検索順位が低下すること」なども含まれるようです。今回は、「検索結果に一切表示されなくなる状態」をGoogle八分と呼ぶことにします。

     

    Google八分は何よりも怖い状態です。この状態になってしまったら、復旧するのは非常に困難です(一部復旧したというケースもあるようですが…)。

     

    サイト作り・コンテンツ作りをしていく際には、「Google八分をくらわないようにすること」を最大の目標としていくようにしましょう。



    Google八分になる理由

    Google八分は手動によるペナルティです。

     

    • ・価値のない質の低いコンテンツ
    • ・サイトへの不自然なリンク
    • ・サイトからの不自然なリンク
    • ・キーワードの乱用
    • ・悪質なスパム

     

    などの理由が、Googleの解説ページには列挙されています。

     

    まとめサイトがよく食らってる

    中でも気を付けたいのが、「価値のない質の低いコンテンツ」です。最近、アフィリエイト系の情報サイトや、2ちゃんまとめサイトなどがこの理由に基づくペナルティを受けて死んでいっているようです。

     

    何を隠そう、わたしが運営していた2ちゃんまとめサイト(幸いなことにサブサイト)もこのペナルティを受けて、サイト削除に至りました。

     

    価値のない質の低いコンテンツとは?

    価値のない質の低いコンテンツとしては、以下のようなものが列挙されています。

     

    • ・自動生成されたコンテンツ
    • ・内容の薄いアフィリエイトページ
    • ・他のソースからのコンテンツ
    • ・誘導ページ

     

    わたしのサイトの場合

    わたしのサブサイトの場合、30レスくらいしかついていないスレをほぼ丸々全部貼り付けていたので、自動生成ないし内容の薄いコンテンツとして判断されたのかもしれません。

     

    普通にまとめをやっている限りは八分を食らわない可能性もありますが、その基準がどうにもハッキリしません。オリジナルの付加要素を加えること、そしてある程度のPVを獲得することが条件となっているような気がします(推測にすぎないのでご注意を)。

     

    リライトしても八分の対象になる

    解説系・情報系のサイトの場合には、全文自分でリライトした「オリジナルコンテンツ」であっても該当してしまい八分を食らってしまうことがあるそうです。そもそもリライトした情報を書いただけではオリジナルなんて言えないんですよね… オリジナルの要素をいかに詰め込んでいくのかってが大事になるかと思います(詳細はオリジナル記事を書くためのコツをご覧ください)。

     

     【SEO】ブログを運営する上で一番怖いのはGoogle八分【SEO】Googleから評価されるオリジナルの文章とは : キジトラ速報

     

    作業を半自動化して楽に記事を作成したい…そのように思っている方も多いかもしれませんが、それを実践してしまうとGoogle八分にあって痛い目にあう可能性が高いでしょう。繰り返しになりますが、手間暇をかけてオリジナル性の高いコンテンツを作っていくのが大事になります。

     

    Googleが手動で行うペナルティについては以下の動画でマット・カッツが説明してくれています。日本語字幕付きです。

     

    管理人が書いた「サラリーマンが副業としてブログで稼ぐ方法」の記事一覧はこちら

    私が書いた「ネットビジネスを専業にして生活していくための方法」の記事一覧はこちら

     

    関連記事

     

    acefa1ad40a5f2ce7a8ac73614d345bc 600x375 【SEO】ブログを運営する上で一番怖いのはGoogle八分


    カテゴリー ブログ なか WEBライター ネットビジネスを専業にして生活していくための方法

    関連記事

    コメントする

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    サイトマップ