2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

実際にブログを運営してみる⑤記事を投稿した後にやること5個

記事投稿後にやること

前回は記事投稿の方法を概説しました。

 

今回は、記事を投げた後にやらなければならないことを少し説明します。



1.インデックスされているかどうか確認してみる

グーグルなどの検索エンジンにページが登録されているかどうかを確認してみましょう。

 

「site:サイトのURL(http://ドメイン)」で検索するだけで確認できます。「○○件」と表示されているのがインデックスされているページの総数です。

 

2.統計を見る

GoogleアナリティクスやJetpackの統計情報(ワードプレスの管理画面「Jetpack⇒サイト統計情報」で確認可能)を見て、PV・人の流入を観察してみましょう。

 

SNSなどで知り合いに紹介していない限り、最初のうちはほとんど人は入ってこないはずです。Google検索でヒットしてお客さんが増えるのを待つのみ…

 

以前は、検索順位が上がってくるまでに1~2か月ほど必要だと言われていましたが、最近では作った初日でもそこそこ検索流入が来るようになっています(もちろん、ビッグワードは取れません。ニッチな需要を狙っていくことが必要です)。

 

3.検索順位を確認する

統計情報では、検索ワードも見ることができます。人が来ているなぁと感じる検索ワードについて、検索の順位を確認してみましょう。

 

普通にググるだけでは正確な検索結果は確かめることができません(グーグルは閲覧してきたページを記憶しているので、自分のページは上位に表示されやすい)。

 

グーグルのウェブブラウザChromeのメニュー画面から、シークレットウィンドウを開き、そこからワードを入力。この手順を踏めば過去の閲覧結果に左右されない正確な検索順位を調べることができます。

 

4.Googleアドセンスの審査と広告の貼り付け

30記事作ることができたら、Googleアドセンスに審査申請をして、アカウントを開設しましょう。1次審査と2次審査で通して1~2週間ほどかかります。

 

審査に無事通ったら、アドセンス管理画面から広告タグを作成し、ページに設置・貼り付けしていきます(1ページに3つまで、など詳細なルールがありますので、アドセンスの説明をしっかり読みましょう)。

 

5.HTMLの基礎が分からないと…

広告を貼り付けるためには、テーマ(PHP)を自分でいじる必要があります。広告貼り付けのためのプラグインもありますが、テーマカスタマイズはいずれ必要になってくるので、最初から勉強しておくといいでしょう。

 

HTMLやPHPの基礎などについては、次回以降で簡単に説明していきます。

 

管理人が書いた「サラリーマンが副業としてブログで稼ぐ方法」の記事一覧はこちら

私が書いた「ネットビジネスを専業にして生活していくための方法」の記事一覧はこちら

 

関連記事

 

WordPress1 実際にブログを運営してみる⑤記事を投稿した後にやること5個




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    •  
    • 2014年 10月 22日

    あれ、何だこのデザインw

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る