2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

年収と年商

年商600万円

ブログだけで年間500万円以上を稼いでいるプロブロガー、イケダハヤト氏が「年商600万円を超えて感じた豊かさについて」と題した記事を書いています。また煽っているのかなぁと思って読んでみたら、割と共感できることが書いてあったのでぐぬぬ…



年商600万円の豊かさ

イケダハヤト氏が感じが豊かさは以下のようなもの

 

  • 1・本に対してケチケチしなくなった
  • 2・外食に罪悪感がない
  • 3・抵抗感なく寄付ができる
  • 4・仕事を断れる(選べる)

 

本を気軽に購入できる

わたしは、1の書物に関して惜しみを感じないってのが一番同感できました。もともと本屋めぐりは趣味のようなもので、アマゾンのアプリで気になる本を片っ端から欲しいものリストに追加していたんですが…最近は、欲しいものリストに追加する前に購入することが多くなっています。「経費」だし「投資」だからいいよねって感覚。

 

専門学校・予備校や大学に通う場合には数十万必要な知識であっても、本なら数万円(場合によっては数千円)で済んでしまうってのが本のいいところですよねぇ。最近の問題は、買いすぎて積読が溜まっていること…wわたしもイケハヤ氏と変わらないくらい本を買っています。

 

ともあれ、ライター(ブロガーも)は、知識・経験がカネになるので、将来への投資を惜しまないのが大事かなぁ、などと消費への言い訳をする日々ですw

 

年収と年商

話をイケダハヤト氏の記事に戻します。

 

タイトルを年収500万円じゃなくて年商600万円って書いている部分は、やっぱりあざといなぁと感じるw年商と年収って全然違いますからねw本をブログで紹介云々ってそれ年商の話じゃなくて年収(経費)の話だよねぇー、などとツッコミたくなる…。

 

プロブロガーの年商600万円は、サラリーマン年収に直すと500万円とか言ってる点も、ちょっとアレですねぇ。個人事業主はボーナスないし有休ないし、社会保障の点でも不利。国民健康保険ってバカみたいに高いんですよ。何より、退職金がないのがデカい。これらも含めて将来設計していないと、個人事業主は後悔してしまうことになるんだろうなぁとは思う…。

 

とはいえ、いろんなものを経費にできるって点は個人事業主ならでは。先ほども書きましたが、ブログのネタとして購入した書籍代は経費として処理できますから。

 

イケハヤ氏の記事には「経費」って概念が出てきませんが、ちゃんと節税やってんのかなぁ…?プロブロガーだからやってるとは思うけど…

 

記事引用

年商600万円を超えたあたりから、豊かになってきました

ぼくは卒業後、2年間サラリーマンをやっていたのですが、1〜2年目はぴったり年収300万円という給与水準で働いていました。

今振り返ると、300万円だとそこまで贅沢はできないんですよね。まぁ贅沢するつもりもないんですが…。

当時の生活を思い返してみて「年収300万は金銭的に豊かか?」と問われると、とてもそうとはいえない感じで生きていました。東京に一人暮らしで家賃が高かった、というのが大きいです。

で、独立して月日が経った今、けっこう金銭的に豊かな感じがしているわけですよ。思い返すと、それは年商で600万円を超えたあたりな気がします。サラリーマン年収に直すと500万円くらいでしょうか。

本を好きなだけ買える

ひとつには、本に対してケチケチすることがなくなりました。言葉にすると軽薄ですが、これは本当にインパクトがあります。

本は投資と言いますが、ブロガーという仕事をしているぼくの場合、読書はかなりの割合で「投資」なんですね。面白い本に出会って「これ面白いぞ!」と紹介すれば、それ自体がアフィリエイトになりますから。

昔は躊躇した、4,000〜5,000円くらいする学術書も、今では気軽にポチッとできるようになりました。昨日も4,860円する「テクニウム」を注文しました。読むのが楽しみでなりません。

ちょっとした外食に罪悪感がない

サラリーマン時代はマクドナルドですら躊躇しておりまして、毎日弁当を持参しておりました。当時話題の「弁当男子」ですね。大企業時代、ぼくは一度も上司とランチに行きませんでした。誘われても、キリッと「弁当持ってますから」。だって、お金もったいないじゃないですか!

彼女(今の妻)とデートするときも、二人でおにぎりと水筒を持参して、公園でランチ。冬は寒いので家のなかでゴロゴロだらだら。近所のお祭りに行っても、屋台の値段の高さに怖気づき、何も食べずに帰宅する。モヤシを毎日食べてました。学生時代ではなく、サラリーマンになってからの話です。名店が多い日本橋・人形町に住んでいたのに、ほとんどグルメを楽しんでいませんでしたね…。今考えるともったいない。

そんなぼくでしたが、年商600万円を超えたあたりから、ちょっとした外食に対して、罪悪感を抱かなくなってきたんです。まぁ、780円のラーメンをふらっと食べるくらいならいいかなぁ、と。ブログのネタにもなりますし。今までだったら家に頑張って帰ってチキンラーメンを食べていたところを、天下一品とかにフラリと入っちゃうのは大進歩です。

抵抗感なく寄付できる

寄付をする際も、財布がかなりゆるくなりました。サラリーマン時代は「年収の1%を寄付」というマイルールのもと、3〜4万円の寄付をしていた記憶があります。今年はなんだかんだで、年間10万円以上寄付している気がします。

あまり知られていない気がしますが、寄付って、お金の使い方としてなかなか気持ちがいいんですよ。自分が寄付したNPOが成果を出してくれると、我が事のように嬉しくなったり。体験を買うつもりでぜひ。

参考までに、ぼくが定期的に寄付をしているNPOをリストアップしておきます。来年はもうちょい増やしてもいいな…。

仕事を断れる

これは本当に豊かだと思います。年商600万円くらいから、仕事を平気で断れるようになりました。

ぶっちゃけまして、やはり独立当初は仕事を断る勇気がなくて、不本意な仕事もちょいちょい受けちゃってたんですよ。明らかに割りに合わなかったり、儲かるけど精神的に苦痛な仕事だったり。そういう仕事は自分をダメにすることにも気づきました。魂を売るようなものです。

やはり仕事には相性があるわけで、苦手なことをやって消耗するのは馬鹿げていると思うのです。「仕事を断れる」という自由を、多くの人が手にすることができれば、自殺は減るんじゃないかと考えております。

来年は仕事をしません

うちのブログを継続的に読んでいる方は「またかよ」という感じですが、はい、また宣言しておきます。今年はだいぶ稼いだので、来年は仕事をしません。うん、去年も同じこと書いた記憶があるんですけどね…。

先ほど事業計画らしきものを立てたんですが、とりあえず毎日ブログをのんびり更新していれば、年商360万円くらいは達成できそうな感じであることが判明しました。ブログ以外に講演の仕事も入るので、ぼちぼち受ければ年商450万円くらいになりそうですね。

via: 年商600万円くらいを超えて感じた「豊かさ」について

 

関連記事

 

00c73dfa9f02d5cf6cd1e4ec956b0297 年収と年商




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • キジトラさん
    • 2014年 12月 07日

    年商でしょ?年商600万でしょ?
    それ自慢できる額なの?
    手取りじゃないでしょ?年商でしょ?

    手取り500万でも自慢できないと思うんだけど。
    感覚違うのかねえ。

    最初、年商5000万かと思ってちょっとビックリしましたw

    • んにゃ
    • 2014年 12月 07日

    個人経営で、何でも手持ち弁当の地味で堅実な青春時代を送り、チキンラーメンを食べるか天一を食べるかで躊躇するレベルで贅沢をせず、おそらく堅実な貯蓄をして小さめの将来設計も立てつつ、自由に好きなことをやって生きている対価としては600万で十分なんじゃないですかね。

      • キジトラさん
      • 2014年 12月 07日

      いや、将来の保証なんて何もないわけですよ。
      そもそもブログで後どれくい同じ額稼げるのか?なんてわかんないでしょ?
      ITなんて日々進歩してるんです。
      今がデフォと考えるのは甘いです。
      例えば年商600万円として手取りで300万強くらいですか?
      それだって高くはない。で、この中から貯蓄するんですよ?

      まあ、どんなことしてでも最低600万稼げる自信があればいいんでしょうけど。
      でも、生き残るブロガーなんて極僅かだと思います。
      で、生き残るブロガーは既に600万とかの額じゃなくもっと稼いでいると思う。
      それくらい稼げないと生き残れないんじゃないかな?

      自由というのは魅力的ですが実は大変リスクが大きいんです。
      まず、そのことを真剣に考えないといけないでしょうねえ。

      私が考えるにブログで稼ぐって一生の仕事じゃないと思うんですね。
      あくまでもきっかけ。なんとかチキとか言う人は成功してると思います。
      ブログで知名度を上げて他にビジネスを広げてるから。
      じゃないと厳しいのかなあと思います。
      なんとかチキも決して安泰ではないと思いますけどね。

      ブログで売れて他にビジネス広げて人脈を作る。これが大事です。
      その人脈から仕事を作るんですよ。
      じゃないとブログだけで20年も稼げるとは思えません。

      人の人生ですから好きにしていいんでしょうけど。
      でも私ならブログはあくまでもきっかけで、そこから人脈広げて会社作りますよ。
      じゃないと稼げる気がしない。私なら、ですけど。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る