2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

ブログを運営する際、ネタ切れを防止する方法

ネタ切れを防ぐために

ブログ・サイトなどで書くネタがないときのためのツール紹介記事があったのでピックアップ。

 

 ブログを運営する際、ネタ切れを防止する方法 Webコンテンツのネタ切れ防止! 8つのコンテンツ分類でアイデアを湯水のように生み出す | 誰も語らなかったWebコンテンツ作成技法 | Web担当者Forum

 

紹介されていたのは、Webコンテンツを8つのコンテンツに分けて、何か書けるものがないかなぁと思索を巡らせるって方法です。

 

  • 1.単発
  • 2.連載
  • 3.追記
  • 4.季節・裁時
  • 5.永続
  • 6.辞書
  • 7.インタビュー
  • 8.データ

 

キジトラ速報では、単発・連載・永続をメインに、ときどきわたしと管理人とのインタビュー(チャット雑談)を掲載するってスタイルですねぇ。





単発系記事ネタの作り方

ちょっとこれだけでは物足りないし、人によっては書けないモノもあるので…(データやインタビューなどは特に) 今回は単発型のネタ出しのコツをいくつか紹介します。

 

単発系の記事は、基本1記事で完結するコンテンツのこと。他との関連を意識せず作れるので気軽ですが、毎回ネタを探してこないといけないのでネタ枯渇に陥りやすいケースです。ブログなんかは通常単発系ですね。

 

1.人のブログからネタを得る

最近わたしがキジトラで記事を書くときに多用しているのがこのパターン。人が書いているネタ・内容に乗っかって、それを補足したり反論したりするだけ。頭は使いますが、ネタ切れになることはありませんw

 

2.ニュースに乗っかる

記事の寿命は短くなりがちですが、ニュースを紹介してそれに感想をつけるってパターンも無限に記事を作成できます。

 

3.ネタかぶりを気にしない

SEO的には、同じサイトで同じネタを取扱い続けた方が強くなります。特定のワードに特化したサイトが検索に強いのはこのためです。

 

なら、前に書いたネタだからってことは気にせず、同じことについて書いてみればいいw前書いた記事のタイトルだけを引っ張ってきて、中身は見ずに書く。似たような内容になる可能性はありますが、Googleからコピペと判断されないホワイトな記事ができあがります(セルフリライトともいえる手法)。中身を見ないってのがコツです。都度都度思うことを思ったままにつづるってのも大事。

 

4.連想ゲームをする

同じネタで書けなくなったら、関連ワードなどを連想してそれについて書いてみましょう。一度書いた記事と隣接しているジャンルなら、リサーチも最小限で済みますし、同じようなことを書いて文字数を増やすこともできます。

 

関連情報を書いていくことで、サイトの実用性もあがっていってユーザビリティを向上させることもできるはずです。

 

関連記事

 

65cc35c5b9ad00658fa48edaee9fb9c5 ブログを運営する際、ネタ切れを防止する方法




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る