2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

最低限やっておいたほうがいいSEO対策7個

最低限やっておくSEO

SEOには正解はない… これは事実なんですが、最低限やっておいた方がいい対策ってのも確かに存在しています。

 

今回は、サイトのスタートアップ時(立ち上げ時)に最低限やっておきたいSEO対策(内部・外部)を解説しつつ紹介します。





1.各種サービスの登録とアカウント作成

まずやっておきたいのはGmailの取得。Googleのサービスはサイト運営には欠かせないものばかりです。もともと持っているGoogleアカウントを使ってもいいのですが、サイト運営専用のアカウントを作っておいた方が便利です。

 

で、Gmailを使って登録しておきたいサイト・サービスは…

 

  • ・Googleウェブマスター(Google Search Console)
  • ・Googleアナリティクス
  • ・はてブ、Twitter、Facebookページ、Google+ページ
  • ・Bingウェブマスター

 

です。

 

2.最初は記事を出すたびにウェブマスターで「Fetch as Google」送信

サイトを立ち上げたばかりの時にはGoogleからなかなかインデックスされません。ですから、1か月くらいは記事を出すたびにFetch as Googleを使ってインデックス申請しておくようにしましょう。

 

3.最低限やっておきたい内部対策~メタタグ

この3つはやっておきましょう。

 

  • ・メタキーワード
  • ・メタディスクリプション
  • ・OGPの設定

 

特に最初はSNSくらいからしか流入が来ないので、OGPをしっかり設定してソーシャルからの流入を増やしておきましょう。

 

メタキーワードは優先度は低いですが、ディスクリプションの設定は検索流入を増やしたいなら必須です。

 

4.タイトルは大事、見出しはそこまで…

SEOの本だと、タイトルと見出し(h1,h2…)は重要だと書かれています。ですが、最近はやりのテンプレなんかを見ていると、見出しはそこまで重要視されていないような気がします。見出しにこだわるよりも、タイトルにキーワードを詰め込む方に注力した方が効果的ってのが、わたしが実際にサイトを運営してきて掴んだ感触です。

 

5.ナビゲーション・パンくずは必須ではない

ナビゲーションやパンくずリストは内部対策のテッパンですが…実際には設定していなくても検索はきちんとつかめます。

 

ワードプレスサイトの場合、パンくずリストに関しては、設定せずにURL(日本語URL)を検索結果に表示させた方がクリック率が高くなるケースも多いように感じます。

 

6.被リンクよりも関連性を意識した内部リンクと発リンクを意識!

被リンクが大きく評価される時代は終わりました。ビッグワードで1位を取るようなサイトに育てるためには、確かに被リンク数が大事となってきます。ですが、ミドルワードやロングテールを狙うだけなら、被リンクがほとんどなくても上位表示を実現できます。

 

大事なのは、関連性の高い記事への内部リンク・外部リンク(発リンク)をきっちり渡すことです。Googleは、最近では記事やリンクの「関連性」を重視してきています。

 

7.オリジナリティの高いコンテンツを

Googleが高く評価しようとしているのは「他のサイトにないコンテンツ=独自性の高い記事」です。

 

コンテンツSEOについては、過去に何度も解説しているので、そちらをご覧ください。

 

Google 最低限やっておいたほうがいいSEO対策7個

 

関連記事





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告

おすすめサイト:Freemake YouTube ダウンロードソフト

 



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る