2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

消えるF1レースクイーン(グリッドガール)は差別なのか?

女性の若さや美しさが搾取されている、という視点から廃止になったと言われるレースクイーン。しかし当事者からすると仕事が奪われただけ、私達は楽しんで仕事をしているという意見も。私はこれは差別ではないと思います。



F1を主催するアメリカの「リバティ・メディア」が、レースクイーン(グリッドガール)を廃止すると発表し波紋を広げている。2018年のシリーズ開幕に合わせての決断で、1月31日に公式サイトに掲載された文章によると、廃止理由は 「グリッドガールの起用は長年にわたり定番になっていたが、この慣習は我々のブランド価値と合わなくなってきており、現代の社会規範ともそぐわない」 ためだと言う。グリッドガールは、レース開始前に選手のネームプレートを掲げたり、スポンサーの宣伝をするなどの役割を担う。F1の開催国ごとに、その国を象徴するような衣装を着用する。 場合によっては、日本のモーターショー等でよくみられるレースクイーンと同様、露出が多い衣装を着ることもあり、かねてから「女性差別的だ」と指摘されていた。 2015年のF1モナコグランプリでは「グリッドボーイ」を導入するなど、グリッドガールの在り方について検討が続いていたが、今回正式に廃止が決定したようだ。 via キャリコネニュース レースクイーンの次に廃止されそうな仕事 イベントコンパニオンやチアリーダーの存続が心配される

IMG 9911aa 764x510 消えるF1レースクイーン(グリッドガール)は差別なのか?

 

差別なのかどうか

今回の報道は大きな大きなニュースになっていますね。レースクイーンとグリッドガールは別だ、といった基本的な知識についてはここでは触れませんが、日本でも盛り上がりそうなトピックであることは間違いありません。最近はポリティカル・コレクトネスという言葉も随分浸透してきました。政治的な正しさ、という意味です。

 

ポリティカル・コレクトネスは言葉の通り元々アメリカで発生した言葉です。政治的に正しい発言、政治的に正しくない発言といった文脈で使われます。黒人がいつでも映画で不良役をやらされたり、アジア人が貧弱でカネのことばかり話している役ばかりだったり、女性が常にヒロインで守られる役ばかりだったり、上司が全員白人の男性だったりすると、それは政治的に正しくないわけですね。

 

今回のグリッドガールについてもまさにポリティカル・コレクトネスに反するという立場が大きかったでしょう。女性を性的に消費することについての反発は大きく、海外ではもちろん日本でも最近問題になっています。こうやって女性が仕事を失っていくようなことについて、これは差別だ! という人たちもいます。私はこれを差別だとは思いません。

 

なぜ差別ではなのか

差別とは、制度や国家的な権力によってある属性に対して不当に縛りを加えることです。公共機関に乗れない民族がいたり、生まれた家によって就ける仕事が限られていたりするようなケースは完全に差別です。しかし、力仕事を求める企業が力の強くない女性を雇用しないことは差別ではありません。看護師で男性より女性の雇用が多いのも差別ではありません。

 

しかし、性別によって雇用するかしないかを事前に決めてはなりません。男性のみの採用、といったことは許されません。あくまで性別を問わず応募を受け入れた上で、適正のある人間を雇う。これは重要です。これを守らせるルールを国が設計していなければ、これは差別を生み出すものなのでアウトです。

 

そのように考えてみると、今回のグリッドガール廃止については特に差別ではありません。それを遺憾に思う人もいると思いますが、遺憾に思うことと差別だと断定することは全く別のことです。別に何か政治的な権力によって正当性を持って行われる差別でもなく、あくまで一企業が判断したことに過ぎません。一企業がある制度を排しても別に差別にはなりません。

 

ただ「働き口が減った」とか「若い女が見られなくなって寂しい」といえばよいのであって、別に差別という言葉を使う必要はないでしょう。なんでもかんでも差別というと話が通じなくなるのです。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る