2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

これからの車がEVになるのは当然、問題は従来型か小回り型か

いま、自動車産業は大きなうねりを作っています。今まではものや人を運んでいればよかったものが、技術の発達と共に全く違うものになっていこうとしているのです。そしてそれは環境問題とも密接に繋がりながら。



 いま、自動車産業では100年に一度の大きなパラダイムシフトが進んでいる。それを目の当たりにすることができたのが「東京モーターショー2017」だ。そこで展示された各社のコンセプト・カーは、クルマの将来像と、それぞれの方針を形にしたものだ。これからクルマはどのような機能を備えるようになるのだろうか。

 そこで、自動車産業を席巻しているパラダイムシフトと、日本の自動車会社の現状を書いた『自動車会社が消える日』の著者、井上久男氏に、2030年、私たちはどのようなクルマに乗っているのか、その未来像をインタビュー。

◆◆◆

img f12596c0342e4ad2b453cbde21c9dfb8449454 これからの車がEVになるのは当然、問題は従来型か小回り型か
『自動車会社が消える日』(井上久男 著)

クルマを買おうとすればEVが最初のチョイスになるかもしれない

 モーターショーの展示が示しているように、これからのクルマは一部地域ではEV(電気自動車)が主流になっていくでしょう。ですから2030年に、クルマを買おうとすればEVが最初のチョイスになる場合がある。このときガソリンエンジン車やディーゼル車、そしてハイブリッド車が選択肢に残っているのか。それは技術開発の進み具合や各国の環境規制に左右されるので明言できませんが、EVが最も有力な選択肢になることは明らかです。

 

via: 2030年、私たちはどのようなクルマに乗っているのか 『自動車会社が消える日』著者が東京モーターショー2017から予測する – 井上 久男 (1/2)

 

img 5abc7f3206fcd16d2dda8c4f7863fd34200157 これからの車がEVになるのは当然、問題は従来型か小回り型か

なぜEVなのか

車が最近どんどん新しい技術を取り入れていることは一目瞭然です。最近はバックの時にカメラの映像を出してくれるものが当然になってきたり、自動運転というホットトピックもあり、加速度的に進んでいます。そしてその技術の中心の一つは間違いなくEVでしょう。ガソリンなどと違い、充電して走る車というのは今までのイメージとはまったく違うエコカーだといえます。

 

エコカーが出てきたのはなぜなのか。実際、多くの人がEVはまだ実用的でないと考えているようです。継走距離が短いことがネックであったり、充電出来る場所がまだまだ少ないからでしょう。しかしそれらの問題は確実に解決されます。バッテリーの仕様がよくなっていくこと、充電ネットワークがどんどん広がっていくこと。

 

そうすることによって、社会全体が排出するエネルギーが大幅に削減されます。特に大事なのは、そのエネルギーが今後再生可能エネルギーで賄われることです。二酸化炭素に代表される温暖化ガスがこれから地球環境を大きく変動させることが確定しているので、世界中がその対策に迫られているわけですね(しかし日本は原発の影響で一時的に火力発電に頼っている)。

 

そしてEVには二種類ある

また面白いことに、今後EV車は大きく二種類に舵を切っていくと言われています。一つ目がスリム化です。小さくて小回りが効いて、アクセルなども無くなってどんどん扱いやすい車になっていきます。電気で駆動させると様々な面倒な操作が要らなくなるからです。

 

そしてもう一つの形が、今と同じような車の形状を保ったままサイズも大きくその分遠くまで走れる車です。いわゆる「本物志向」の人たちが好むのはこちらでしょう。前者のEV車は、いわゆるcoolで格好いい大人の乗り物としての自動車ではなくなっているからです。

 

自動車産業はこれからますます活発になっていくので、新しい技術や機能が加わっていくのが非常に楽しみです。しかしその反面、非正規雇用の割合はどんどん伸びて、車を買えるような層がどれだけ維持されるのかは、正直なところ疑問なのですが…。





関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オススメ記事

副管理人募集

文章書いて金稼ぎたい人募集。ネタはガジェット、政治、経済、法律、貧困、歴史、教育、社会問題、音楽、文学など。ノルマは特に無いので気が向いた時だけ書いてくれればOK。希望者はメールフォームから問い合わせてください。条件を聞くだけでも構いませんので気軽にどうぞ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る