2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

カテゴリー:芦山悠太

手を出したら去勢。小児性愛者への対策がスウェーデンで更に進むか

1681995-poster-1280-child-abuse

デガレリクス、という薬品が小児性愛者の魔の手から子どもを救えるかもしれません。いわゆる化学的去勢ですが、過激ともいえるその対策は果たして人権という観点から考えるとどうなのでしょうか。

詳細を見る

アメリカ人の半数が資本主義に反対? その本質は市場主義への不安

11092012p18ph

資本主義国家の権化であるアメリカで、若者がそのイデオロギーを否定しようとする動きを見せています。実に、若者の過半数が資本主義を支持ていないという結果がハーバード大学の調査によって判明です。

詳細を見る

スイスでもベーシックインカム? アマルティア・センもダメだって言ってる

ベーシックインカムという言葉が一人歩きしている感じもありますが、スイスでもそのような提案が出ているようです。と思ってみてみると、一般市民が提案したもので政府としては反対意見が大きいようです。

詳細を見る

韓国で同性婚認められずも「想定済み」上訴の構えを見せる有名同性カップル

e8d625da

韓国の最も有名な同性カップル、映画監督とそのパートナーが婚姻届を役所に提出するも不受理。それを受けて裁判所に提訴しましたが敗訴しました。しかし、その展開は予想済みだったとのこと。世界的な同性婚へのムーブメントを感じます。

詳細を見る

30日間だけ無料ってのが気に入らない。音楽は無料で聞くのが当たり前の時代か

インターネットが生み出したもの、そして破壊したものの象徴とも言える感覚ですね。無料で表現物は手に入る時代に、クリエイターはどうやって生きていったらよいのでしょうか。

詳細を見る

7割が18歳選挙に行く、5年に1度の大規模アンケートで判明

main_share

4,5年に行われる大規模な高校生向けのアンケートの結果が出たようです。18歳選挙に参加するという高校生が拾に7割近いとのことですが、投票年齢を引き下げることはどんな意味を持っているのでしょうか。

詳細を見る

あの紀伊国屋新宿南店、事実上の閉店へ。本屋のこれからはどうなっていくのか

nationalbookstore_main

紀伊国屋の新宿南店といえば、あの大きな6階分にたっぷりと詰め込んだ本を思い浮かびます。特に6階の外国図書は本当に素晴らしい蔵書量だったのですが…その外国図書階を除いて後は閉じてしまうことのこと。これから本屋はどうなっていくのでしょうか。

詳細を見る

原爆は不要だった。アメリカの教科書で人道的犠牲に重きをおいた記述も

atomic-bomb

原爆は不要だった。そんな言葉がとうとうアメリカの教科書に載るようになってきたようです。歴史は解釈によって変わっていくものですが、私たちはアメリカにどのような態度を向けることが出来るのでしょうか。

詳細を見る

オリンピック熱も、建設業界は労働力不足。労働力を大事にしなかったツケ

Website-Under-Construction

オリンピックに向けて需要が加熱している建設業界、しかしその業界の足を引っ張っているのが労働力不足。派遣労働などが生んだ弊害がここにきてツケとなって現れるのはまさに因果応報という感じですね。

詳細を見る

警官による黒人、アラブ人、LGBTなどへの差別的メールが明るみに

hand discriminating black goldfish

性的マイノリティ、黒人やアラブ人に対する差別的な警察官達のジョークが明るみになり、既に3人が辞職しています。しかも、そのうちの1人は強姦の容疑で捜査されていたとのこと。唖然とします。

詳細を見る

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る