2ch PC スマホ iPhone Android WindowsPhone ガラケー ガジェット ニュース 壁紙

カテゴリー:著者別

人間とロボットが一緒に働くのは確定、でも想像しているのとは違うと思う

gettyimages-586039464

人間とロボットは将来的に必ず一緒に働くことになりますが、その働き方のイメージはSFのソレとは随分違うものになるでしょう。ロボットは人に似ているとは限りませんから。

詳細を見る

日本と世界の安楽死についてノンフィクション作家宮下洋一氏と元功労大臣舛添要一が語る

安楽死、それは最早欧州のプロテスタント圏においては当たり前のものになりつつある。自殺に抵抗感の強いカトリックであっても合法化の波が来ている。しかし日本はまだまだ議論が始まってもいない状況だ。

詳細を見る

ソース不明のホワイトハウス関係者の発言をツギハギしたトランプ暴露本、爆売れ

炎と怒り、というトランプ関連の暴露本が物凄く売上を生んでいます。アメリカでいま起きているのはジャーナリズムの崩壊なのか、それとも単なるゴシップの復活なのか。

詳細を見る

なぜオランダでは複数の担任がクラスを受け持つのか? ワークシェアリングと最先端教育

スクリーンショット 2013-09-30 8.39.05-thumb-680x379-992

なんとオランダのクラスには複数の担任がつくといいます。仕事量を調整出来るのに加え、ハズレの先生に当たりづらく、産休が起きても急な変化が起きないなどメリットが多く見られます。

詳細を見る

背負わされた地獄、ロヒンギャの子どもたちはトラウマに苦しみ夜尿症も

wor15052419340029-m2

住んでいる場所を追われ、思い出に詰まった家は焼かれ、友達は殺され、命からがら逃げた先にはずっと暮らし続けるには不安が残る簡易的な難民キャンプ。おもらし、自傷行為など心に受けた傷に苦しむ子どもたちが報告されています。

詳細を見る

老後に向けて投資だけじゃなく「稼ぐ力」を身につけるという生き方

h

老後に向けて投資を、という話をよく聞きます。しかし、どうしても投資ってアレルギーを持っている人も少なくないのではないでしょうか。私は稼ぐ力を身につける方に一票です。

詳細を見る

「死にたい…」気持ちに応える尊厳死をカトリック国家イタリアが合法化へ

20180202-OYT1I50014-N

人には、他人を害さない限りどんなことをしてもよいという自由がある。しかし、まだ多くの国では「自ら死ぬ」ことが合法的に許されていません。イタリアはその状況をガラリと覆したようです。

詳細を見る

転職後にとまどうのは仕事の進め方や慣習、裏を返せばブラック企業から抜け出すチャンス

rs_rik_1_180131

リクルートが新しい調査結果を出したようです。その内容は、転職後にとまどうことのランキング。仕事の進め方の違い、業界用語、職場ならではの慣習がトップ3のようです。

詳細を見る

争いのために壊される貴重な遺跡…歴史を軽んじる国家に未来はあるのか:トルコの空爆

img_0964c09bc7f191478f3db59198709f74263698

なんとも悲しいニュースです。他国のものとはいえ、歴史的な遺産を破壊するような軍事行動を国家は取るべきではないと考えます。なぜなら、それこそが国家の正当性を担保するものだからです。

詳細を見る

疑問視されるトランプ大統領のマネジメント力と対立が続くアメリカ政治

トランプ米大統領、超党派による協力呼び掛け=一般教書演説

一般教書演説がなされたアメリカ。去年の成果とこれからの目標を語るトランプ大統領だが、上機嫌な経済以外は中々厳しい状況が続いている。対立派を巻き取れる政治力があるかが肝だろう。

詳細を見る

広告



画像RSS





カテゴリー

ブログパーツ

アクセスランキング
ページ上部へ戻る